T-10 (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T-10
T-10 tank.jpg
ウクライナキエフ大祖国戦争博物館に展示されているT-10M
性能諸元
全長 9.87 m
車体長 7.25 m
全幅 3.38 m
全高 2.43 m
重量 51.5 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 53 km/h
行動距離 250 km
主砲 122 mm M-62-T2
副武装 14.5mmKPVT重機関銃×2
装甲 砲塔前面 200 mm
車体前面 120 mm
エンジン V-12-6Bディーゼルエンジン
750 hp
乗員 4 名
テンプレートを表示

T-10第二次世界大戦後にソビエト連邦が開発した重戦車である。重戦車としては世界最多の約8000輌が生産されたが、1993年までにはその全てが除籍された。

概要[編集]

第二次世界大戦終了直後、ソ連軍の装備する重戦車はIS-2IS-3IS-4と三種類も存在していた。1948年末、これらの後継となる重戦車の開発が指示され、J.Y.コーチン技師の設計チームにより、チェリャビンスク・キーロフスキー工場でオブイェークト730が完成した。

これはIS-3を拡大し改良を加えた発展型で、IS-8(スターリン8型)として採用されたが、エンジンの生産の目処がたたないなど量産化に手間取り、コーチンは改良型と称してIS-9、IS-10を計画し、その不手際を誤魔化していた。また、死亡したスターリンに代わりフルシチョフが最高指導者となり「スターリン批判」が行われたのを受け、その名称が問題とされた。“НХ-10(NKh-10)”、ないしは“НХ-1(NKh-1)”(НХ(NKh)とはニキータ・フルシチョフの頭文字を取ったもの)と改名するという案もあったものの、結局本車は1953年にT-10Тяжелый танк -10、重戦車10型の意)と改名されて量産が開始された。

T-10は1957年11月7日の革命40周年記念パレードにおいて一般に公開され、西側の軍事関係者には「スーパー・スターリン」と呼称された。

従来のソ連重戦車より重装甲でありながら馬力に余裕のあるエンジンを搭載したために機動性が高く、無理な小型化を目指さなかったために車内容積には余裕があり、これまでの重戦車に比べると実用性は改善されていた。優れた大火力と重防御により、従来通り陣地突破用として独立重戦車連隊に装備されていたが、火砲と対戦車ミサイルの発達の前に装甲の優位が失われ、主力戦車がこれにとって代わっていった。

運用[編集]

T-10シリーズはソ連軍のみで運用され、同盟国への供与は行われなかった。実戦参加は1968年チェコ動乱の時のみで、その際も本車による戦闘は記録されていない。

1980年代に入ると前線部隊からは引き揚げられたものの、予備兵器として実働状態を維持したまま保管されていたが、1993年には全ての車両が除籍されている。

第一線で運用されなくなった後は、中ソ国境に配置されトーチカとして利用されていた他、少数が除籍後に鉄道局や戦車工場で重牽引車として使用されている。

バリエーション[編集]

T-10
最初の生産型。122mmDT-25TA戦車砲と12.7mm DShKM機関銃を2挺、700馬力のV-12-5エンジンを搭載し、最大速度は43km/h。
T-10A
試作名称 オブイェークト267-sp-1。主砲の縦軸安定装置「ウーラガン(烈風の意)」と排煙器を装備した。1956~1957年にかけて生産された。
T-10B
試作名称 オブイェークト267-sp-21。主砲の縦横軸安定装置「グロム(雷鳴の意)」を装備した。T-10Mの登場により少数生産に終わっている。
T-10M
新設計の砲塔を搭載し、主砲を多孔式マズルブレーキを持つ発展型のM-62-T2に、機銃を14.5mm KPVT重機関銃に変更した改良型。装填補助トレイの装備で重い砲弾の装填が容易になった。また、ルナ赤外線暗視システムと赤外線サーチライトが標準装備されている。
T-10Mは名称は同じながら仕様の異なる二種類が同時生産されており、、レニングラード製のオブイェークト272はターボ付きのV-12-6Bエンジンと渡河装置を備え、チェリヤビンスク製のオブイェークト734はV-12-6エンジンを搭載し、渡河装置を装備していない。1957年から生産が開始され、オブイェークト272は1966年、オブイェークト734は1962年まで生産された。

関連項目[編集]