BMD-3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMD-3
BMD-3 1.jpg
基礎データ
全長 6.36 m
全幅 3.114 m
全高 2.45 m
重量 12.9 t
乗員数 2 名
乗員配置 乗員2名、歩兵5名
装甲・武装
装甲 砲塔:スチール
車体:アルミニウム合金
主武装 30mm機関砲
9М113対戦車ミサイル
AGS-17自動擲弾筒
副武装 PKT7.62mm機関銃
RPK-745.45mm機関銃
機動力
速度 70 km/h(整地)
45km/h(不整地)
10 km/h(水上)
エンジン 2B-60-2
液冷ディーゼル
331 kW
行動距離 500 km
テンプレートを表示

BMD-3БМД-3)は、ソビエト連邦歩兵戦闘車(IFV)。BMDとは、ロシア語で空挺戦闘車Боевая машина десанта)を意味し、この型の車両は空中投下が可能なように設計されている。

BMD-3は、1980年代中盤、A.シャバリン主任設計師により開発され、1990年、ソビエト連邦軍の装備に採用された。BMD-3では、空挺兵を内部に収容したまま、空中投下が可能なように設計されている。

概要[編集]

BMD-3は、車体設計が根本的に見直され、車体容積が増大し、BMP-2の砲塔が搭載できるようになった。車体正面右側には5.45mm機関銃RPKS-74が、左側には30mm自動擲弾筒AG-17「プラーミャ」(Пламя)が設置された。

砲塔には、2A42 30mm機関砲とPKT7.62mm機関銃が設置されている。砲塔には安定装置が付いており、走行間射撃が可能である。最大射角は、75度まで取れる。

対戦車戦闘用に、対戦車誘導装置9P135Mと、射程4,000mの対戦車誘導弾「コンクールス」(Конкурс)×4発が搭載されている。砲塔の周りには、発煙弾発射装置902V「トゥーチャ」(Туча)×2基が設置されている。砲塔の背後には、2人の空挺兵が座れ、銃眼を通して射撃を行うことができる。その外、3人までの予備スペースが存在する。NBC防護は、兵員室の密閉とフィルター式換気装置による過剰圧力の生成によって保障される。

ディーゼルエンジン2B-60-2は、出力331kWで、エンジン予熱機と非噴射式予熱システムが設置され、-25℃の環境下では5分、-45℃では20分で発進することを可能にしている。

BMD-3用に、プラットフォームを必要としない新型降下装置PBS-950が開発され、空挺兵を乗せたまま投下し、着地後直ちに戦闘に移ることが可能となった。

弾薬搭載数は、対戦車誘導弾×4発、30mm機関砲弾×500発、30mm擲弾×290発、7.62mm機関銃弾×2,000発、5.45mm機関銃弾×2,160発。

派生型[編集]

BMD-3M「バフチャー-U」(Бахча-У
BMD-4
BMD-3K「バフチャー-K」(Бахча-К
指揮車型。
2S25「スプルート-SD」Спрут-СД
125mm対戦車自走砲
オブジームカ(Обжимка
120mm自走砲。
オブジームカ-K(Обжимка-K
120mm自走砲指揮車。
RKhM-5「ポヴォースカ-D-1」(Повозка-Д-1
化学偵察車。
ラクーシュカ(Ракушка
多目的車。
トラヴマティズム(Травматизм
衛生車。
ミラージュ-2002(Мираж-2002
ZPRK「ロマーン」(Роман
高射ミサイル・自走機関砲。

関連項目[編集]