BMP-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMP-2
BMP-2 military parade rehearsal.jpg
基礎データ
全長 6.72m
全幅 3.15m
全高 2.45m
重量 14.3t
乗員数 3名
乗員配置 乗員3名、歩兵7名
装甲・武装
装甲 33mm
主武装

30mm機関砲2A42および
9M111 ファゴットNATOコードネーム:AT-4/AT-4B スピゴット)対戦車ミサイル
9M113 コンクールス(NATOコードネーム:AT-5/AT-5B スパンドレル)対戦車ミサイル

後期型:30mm機関砲および2連装9M113 コンクールス(NATOコードネーム:AT-5/AT-5B スパンドレル)ミサイルランチャー砲塔左右に2基 計4発
副武装

7.62mm機関銃PKT  

後期追加:5.56mm機関銃、30mm自動擲弾発射機
機動力
速度 65km/h(整地)
45km/h(不整地)
7km/h(水上)
エンジン UTD-20
V型6気筒液冷ディーゼル
300hp/2,000rpm
行動距離 600km
テンプレートを表示

BMP-2は、ソビエト連邦歩兵戦闘車(IFV)。1960年代に歩兵戦闘車の基礎を築いたBMP-1の改良で、戦闘能力の向上を図っている。1970年代から開発が行われ、1980年もしくは1982年に採用。20ヶ国以上に配備された。

概要[編集]

BMP-1によく似ているが、砲塔が大型化しているのが特徴で、主武装に初期は30mm機関砲2A42と半自動有線誘導式の9M111 ファゴットNATOコードネーム:AT-4 スピゴット)対戦車ミサイル、後期には30mm機関砲と半自動有線誘導式の9M113 コンクールス(NATOコードネーム:AT-5 シュパンダー)が採用されている。機関砲は、軸安定装置と二系統の給弾装置を備える。弾薬には徹甲弾曳光榴弾、通常榴弾の3種類があり、車両だけではなくヘリコプターなどの航空機も攻撃でき、発射速度は200-300発、500発/分を選択できる。他に防御のために煙幕発射装置を取りつけることもできる。

乗員は3名で、7名の兵員輸送することができる。兵員6名は後部に搭乗する構造で、3人がけの座席2列に背中合わせに座る。残りの1名は砲塔の左前、操縦士の後ろに座席がある。乗員3名はそれぞれ、操縦士と砲塔に座る砲手および車長で、砲塔に1名が乗るBMP-1とは構造が異なっている。

後期型の砲塔には、2連装9M113 コンクールス対戦車ミサイルのランチャーが両側面に搭載され、計4発のコンクールス対戦車ミサイルを装備している(この砲塔はBTR-90にも使われている)。

エンジンなどを含め、車体はBMP-1と似通っているため、航続距離などの変化はほとんどなく、重量増加のため一時期水上航行機能は取り外されたが、程なく復活し、BMP-1と同じく水陸両用で走ることができるようになった。

今後[編集]

後継車と言われているBMP-3の国内生産数がさほど増加していないこと、そのBMP-3の構造が必ずしも兵員輸送車として適した構造でないことを考え合わせると、今後もこの機種が改良、強化を続けながら生産・配備されてロシア連邦軍の主力兵員輸送車としての地位を占めて行く可能性が高い。

採用国[編集]


採用国
退役国

登場作品[編集]

ゲーム
プレイヤーが操作可能。
日本を占拠したロシア軍の車両として登場。プレイヤーも購入して使用できる。
アル・アサド私兵、ロシア超国家主義者グループが使用。
ミッション「バーガータウン」にてロシア軍が使用する。
オンラインモードで主に中東連合が使用。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]