UR-416装甲兵員輸送車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UR-416装甲兵員輸送車
UR-416 Policía Nacional.JPG
スペイン国家警察のUR-416装甲兵員輸送車
基礎データ
全長 5.21m
全幅 2.2m
全高 2.2m
重量 7.6t
乗員数 2名+兵員12名
装甲・武装
装甲 9mm(溶接鋼板
主武装 7.62mm機関銃x1
機動力
整地速度 85km/h
エンジン ダイムラー・ベンツ OM352
ターボチャージャー付きディーゼル
120hp
懸架・駆動 4x4
行動距離 700km
テンプレートを表示
イスラエル軍事博物館に展示されているUR-416
アラブ人民兵組織が使用していたもの

UR-416は、1969年西ドイツティッセン=ヘンシェル社が開発した装甲兵員輸送車である。UR-416は、ウニモグシャーシを基にして設計された。

歴史[編集]

ドイツ国外のウニモグ採用国の多くは、自国の警察などで使用するためのウニモグをベースとした装甲車の登場を待ちわびていた。その期待に答えて、1965年からウニモグをベースとした四輪式の装甲車が設計された。1969年にはUR-416の量産が開始され、1,036輌が製造されたが、そのほとんどは海外に輸出された。

西ドイツ国内では、主に警察の機動隊に配備されており、ドイツ連邦軍(Bundeswehr)がUR-416を採用することはなかった。西ドイツ警察のUR-416も、のちにTM-170に更新されている。

UR-416の兵装は、主に機関銃であるが、20mm機関砲を装備した砲塔を搭載することも可能であり、戦場救急車や指揮通信車、整備・修理用車両、国内治安任務用車両などの派生形が存在する。

採用国[編集]

すでに退役させた国を含む

関連項目[編集]

外部リンク[編集]