ディンゴ (装甲車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ATF ディンゴ
ATF Dingo 2 Austria 1.JPG
オーストリア陸軍のATF ディンゴ2
基礎データ
全長 5.45m(短車体)
6.8m(長車体)
全幅 2.3m
全高 2.5m
重量 8.8-11.9t
乗員数 5名(短車体)
8名(長車体)
装甲・武装
主武装 GMW40mmグレネードマシンガン
M2 12.7mm重機関銃
MG3 7.62mm汎用機関銃
上記の内いずれか1種類を搭載。
機動力
速度 100km/h
エンジン ディーゼル
222hp
懸架・駆動 4x4
行動距離 1,000km
テンプレートを表示

ATF ディンゴドイツ語: Allschutz-Transport-Fahrzeug(ATF)Dingo)は、ドイツクラウス=マッファイが製造する歩兵機動車(Infantry mobility vehicle、IMV)である。Allschutz-Transport-Fahrzeug は全防護輸送車輌を意味する。

概要[編集]

ATF ディンゴはウニモグのシャーシに地雷対策のV字底(V-hull)を取り付け、地雷や小火器銃弾砲弾の破片に耐えられるだけの装甲NBC防護装備を備えている。

ディンゴの車体はモジュラー構造となっており、シャーシ、防御区画、貨物収納区画、エンジンルーム、地雷の爆風除けの底部区画の5つの部品から構成される。車体後部の貨物収納区画の上部は、重量軽減のために防水布が張られている。

現在、ATFディンゴには新たに改良型のディンゴ2が登場した。ディンゴ2は改良されたウニモグU5000のシャーシを基にしており、防御力を強化するとともに搭載量の向上を図っている。ディンゴ2の車体には全長3.25m(搭載量:3.5t)のものと全長3.85m(搭載量:4t)のものの2通りが用意されており、後者では防御区画内に8名が搭乗可能。

兵装[編集]

兵装については、車体の屋根の上にフェネック偵察車から流用した潜望鏡利用・機械式の兵装ステーションを取り付けており、車内から頭部や体をさらすことなく安全に兵装の射撃が行える。ドイツ陸軍では主にラインメタルMG3を搭載しているが、必要に応じて兵装をブローニングM2重機関銃H&K GMWに換装することが可能である。

最近、ドイツ連邦軍はクラウス=マッファイが新たに開発した完全リモートコントロール式のOWS、FLW 100(H&K MG4もしくはラインメタルMG3を搭載)とFLW 200(ブローニングM2重機関銃もしくはH&K GMWを搭載可能)を新たに数百機調達して、ATF ディンゴやフェネックなどの車両に取り付ける計画である。

採用国[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]