M42ダスター自走高射機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M42ダスター自走高射機関砲
M42 Duster at Tsuchira.jpg
基礎データ
全長 5.82m
全幅 3.23m
全高 2.85m
重量 22.47t
乗員数 4-6名
装甲・武装
装甲 9-25mm
主武装 66口径40mm連装対空機関砲M2A1×1
砲口初速:880m/sec
最大射程:8,000m(有効距離:5,000mI)
俯仰角:-3~+85度
副武装 M1919A4
M60 7.62mm機関銃×1
機動力
速度 72.4km/h
エンジン コンチネンタル ADS895-3
4ストローク水平対向6気筒空冷スーパーチャージドガソリン
525hp/2,800rpm
行動距離 160km
テンプレートを表示

M42ダスター自走高射機関砲(M42 40mm SPAAG "Duster")は、アメリカ合衆国で開発された自走式対空砲である。

"Duster"とは「掃除人」もしくは「(掃除用の)はたき、雑巾」の意。

概要[編集]

M42は、朝鮮戦争の戦訓から、新型自走式対空砲の必要性を感じたアメリカ陸軍によって1952年に開発され1954年から配備された。第二次世界大戦末期に、M24軽戦車のコンポーネントを用いたM19対空自走砲が作られていたが、これは車体のサイズが小さかったため能力不足で、本車では同じ武装を余裕のあるT37及びT41試作軽戦車(後のM41軽戦車)の車台に搭載して試験を行っている。そしてT141T141E1が試作されて評価試験が行われた。

T141E1は自身がレーダーを搭載し、射撃管制装置を載せたT53との組み合わせで運用されるため高価で、結局安価なT141がM42として1953年10月に採用された。

1956年からはエンジンを換装したM42A1が制式化された。すべてのM42はゼネラルモーターズの戦車部門によって1959年12月までに3,700輛(諸説あり)が製造されている。

運用[編集]

ベトナム戦争ではもっぱら地上掃射に活躍し南ベトナム解放民族戦線にはB-52戦略爆撃機絨毯爆撃と共に恐れられていた。アメリカの他、オーストリア西ドイツ日本中東各国に供与された。 1970年代中頃になるとM42はアメリカ陸軍から退役し、M42の後継機種としてレーダーによる自動照準システムを備えた自走式対空砲が企図される。アメリカでは航空機関砲として開発されたM61A1 20mmバルカンをレーダー照準機、給弾機構とともにM113A1装甲兵員輸送車に搭載して自走化したM163VADSが開発された。

なお、M163の後継として開発されていた40mm機関砲を搭載するM247サージェント・ヨーク1986年に計画がキャンセルされており、21世紀初頭現在、アメリカ陸軍の対空機関砲はM163のみとなっている。また、後継としてドイツ連邦陸軍ではゲパルトが、陸上自衛隊では87式自走高射機関砲が開発されている。

日本での運用[編集]

陸上自衛隊に供与されたM42
千葉県千葉市陸上自衛隊高射学校の展示品

陸上自衛隊では本車以前に供与されていた35輌のM19の後継として、1960年から22輌を購入し、第7師団第7特科連隊第5大隊(現在の第7高射特科連隊)に集中配備された。後継として開発された87式自走高射機関砲が高価なために調達が進まなかったこともあり、本車は87式の制式化後も長らく装備され、1994年3月の返納完了まで長らく機動対空兵器として使用された。

構成[編集]

M42はM41軽戦車の車台に新造された車体上部、全周回転可能な屋根の無いオープントップの砲塔を載せ、ボフォース社の設計をもとにした連装の40mm機関砲を装備している。

40mm機関砲の照準は光学照準のみで、給弾は四発入りクリップを使用、一門当たり毎分120発の射撃が可能だった。

車体前部に操縦士車長兼無線手が乗り、照準手、射撃手、給弾手二名は砲塔に配置されている。車体後部にエンジン及びトランスミッションが配置された後輪駆動形式で、転輪は五個、上部転輪は三個の構成となっていた。

派生型[編集]

台湾、新竹県の湖口装甲兵学校に展示される64式戦車
64式戦車(六四式輕戰車)
台湾中華民国)軍で使用された、M42の車体にM18 ヘルキャット対戦車自走砲砲塔を搭載した車両。
アメリカより供与されたM42及びM18の車体と砲塔を結合して約50両が製作された。


採用国[編集]

出演作品[編集]

映画
ラストで、主人公のトラックの進行を阻止するために出動した州兵の装備として登場。
漫画
単行本85巻掲載『新説桃太郎!の巻』において鬼の装備として登場。

関連項目[編集]