M7自走砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M7
M7-Priest-beit-hatotchan-2.jpg
性能諸元
全長 6.02 m
全幅 2.88 m
全高 2.95 m
重量 22.9 t
懸架方式 垂直渦巻きスプリング・ボギー式
(VVSS)
速度 38.6 km/h
行動距離 193 km
主砲 105 mm M2榴弾砲(69発)
副武装 12.7mm M2機関銃×1(300発)
エンジン Continental R975 C1
4ストローク星型
9気筒空冷ガソリン
400 馬力
乗員 7 名
テンプレートを表示

M7自走砲とは、第二次世界大戦時にアメリカで開発された自走砲。愛称はプリースト(Priest)。

開発[編集]

M7の戦闘室内部左側 中央奥が操縦席

砲兵の自走化を目指すアメリカ陸軍兵器局は、手始めにM3ハーフトラックに75mmカノン砲を搭載したМ3A1自走75mmカノン砲を製造した。その後、運用結果などから半装軌式のハーフトラックよりも完全装軌式の車両に搭載した方が良いとの結論に至り、兵器局はM3中戦車の車体に105mm榴弾砲を搭載したT32自走砲の開発を開始した。試作車は1942年始めに完成し、アバディーン性能試験場で試験を受けた。試験の結果、エンジン配置の関係による砲の仰角不足と対空火器の不備が指摘され、これを受けて車体右前方に12.7mmM2機関銃が装備された。

M7の戦闘室内部右側 愛称の元となった銃座内部が見える

T32は同年4月にM7自走砲として制式採用され、1942年だけで2,028両が生産された。また、1944年3月からは使用する車体がM3中戦車からM4A3中戦車に変更され、M7B1と呼ばれた。その後、105mm榴弾砲の装備位置を一段高くし、最大仰角をそれまでの35度から65度に引き上げたM7B2が生産された。

実戦[編集]

当初はアメリカ軍向けのみが生産されたが、1942年9月に90両がイギリス第8軍にレンドリース供与された。また、プリースト(聖職者)という愛称も、機関銃座が教会の説教台に似ていることからイギリス軍がつけたものである。初の実戦参加は1942年10月の第二次エル・アラメイン会戦で、この戦いにおける本車の性能を見たイギリス軍はM7のさらなる供与を要求し、終戦までに数百両が供与された。

対照的にアメリカ軍での本格的な実戦投入は遅れ、集団的に作戦に投入されたのは1944年6月のノルマンディー上陸作戦以降で、陸軍機甲師団麾下の自走野砲大隊に配置され活躍した。M7は元々が中戦車だったこともあり、高い機動性と広い車内スペースを有しており、兵士たちから歓迎された。また、多くの部品がM3およびM4中戦車と同じであり、使用する弾薬は野砲と同じであったために整備・補給が容易な点も評価された。大戦終結後もM7はアメリカ軍の正式装備にとどまり、朝鮮戦争にも参加している。

バリエーション[編集]

M7
M3中戦車の車体に105mmM2榴弾砲を装備したタイプ。後方に配置されたエンジンからのシャフトと砲尾が干渉するため、最大仰角は35度に制限されている。また、初期生産車は砲弾を収納するケースが車体からはみ出しており、誘爆の危険があった。対応策として生産途中より起倒式の装甲板を装備。3,314両生産。
M7B1
使用する車体をM3中戦車のものからM4A3中戦車のものに変更したタイプ。M7にあった弾薬ケースの誘爆の危険も改善されている。826両生産。
M7B2
M7B2
M7B1の榴弾砲の装備位置を一段高くし、最大仰角を65度まで引き上げたタイプ。併せて機関銃座も嵩上げされている。127両生産。


派生型・関連型[編集]

セクストン自走砲
カンガルー装甲兵員輸送車
セクストン 25ポンド自走砲
105mm榴弾砲が正式装備ではないイギリス軍が、弾薬の補給をアメリカ軍に頼っているという状況を解決するため、ラム巡航戦車の車体にQF 25ポンド砲を搭載したもの。
カンガルー 装甲兵員輸送車
セクストンの配備によって余剰となったM7の砲部分を取り外し、兵員輸送車としたもの。


関連項目[編集]