AGF サーバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AGF サーバル
Serval 2.jpg
前面から見たAGF サーバル
基礎データ
全長 4.88m
全幅 1.82m
全高 1.87m
重量 3.3t
乗員数 4名
装甲・武装
主武装 H&K GMW 40mm自動擲弾銃x1
ブローニングM2 12.7mm重機関銃x1
どちらかを搭載
副武装 ラインメタルMG3 7.62mm機関銃x2
車体前後に発煙弾発射機
機動力
速度 120km/h
エンジン CDI 270
2.7リッター
5気筒ディーゼル
115hp
懸架・駆動 4x4
行動距離 500km
予備燃料タンク追加時は800km
テンプレートを表示

AGF サーバルドイツ語: Aufklärungs- und Gefechtsfahrzeug:偵察戦闘車両)は、ヴォルフ(メルセデス・ベンツ Gクラスドイツ連邦軍用型)をベースに、ラインメタル社が大幅な改造を施した戦闘車両である。

2003年からドイツ陸軍特殊部隊KSK向けに21両が製造配備され、その後はスイス陸軍の特殊部隊である第10独立偵察部隊(Army Reconnaissance Detachment 10)向けにも製造されている。

概要[編集]

AGFは、CH-53大型輸送ヘリコプターでも空輸が可能であり、荒れ地での通行を容易にするため、車体後部の左右に装備されているサンドフェンダーと車体前面のウインチ、接地圧調整用のタイヤ内気圧集中調整機構が組み込まれている。

車体全体には転倒時に乗員を保護するロールバーが付いているほか、消火システムも内蔵されている。

攻撃装備については、キャビン前面と車体後部に1挺ずつのラインメタルMG3を搭載しているほか、車体上部のマウントにブローニングM2重機関銃H&K GMW自動擲弾銃を装着可能である。また、車体の前部に3連装発煙弾発射機を2基、後部に2連装発射器を2基備えている。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]