H&K GMW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
H&K GMW
HK GMW.jpg
H&K GMW
概要
種類 自動擲弾発射器
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
性能
銃身長 415mm
使用弾薬 40x53mm弾
装弾数 32発(ベルトリンク方式)
作動方式 ショートリコイル
全長 1,090mm
重量 29kg(本体のみ)
40kg(三脚付き、弾丸なし)
発射速度 340発/分
銃口初速 241m/秒
有効射程 1,500m

H&K GMWドイツ語: Granat-Maschinen-Waffeの略称。英語のGrenade Machine Gunの略称からGMGとも呼ばれる)は、ドイツヘッケラー&コッホ社がドイツ陸軍向けに設計した自動擲弾発射器である。

設計[編集]

GMWはベルト給弾式であるが、給弾レバーの切り替えで左右どちらからでも給弾が可能なように設計されている。作動はブローバック式で、撃針は突き出ない安全機構が組み込んである。射撃モードは機関部後端の選択レバーで切り替えることができ、半自動射撃と毎分340発の全自動射撃を選択できる。

機関部右上に光学式照準器が付属するが、暗視装置を含む様々な照準装置を駆使することで、さまざまな状況下において長距離の標的に対して的確に擲弾を投射することが可能である。

運用[編集]

開発は1992年から1995年にかけて行なわれた。ドイツ軍に装備されたものは、アフガニスタン紛争において実戦投入された。

採用国[編集]

 


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]