RPOロケットランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RPO-A
RPO-A missile and launcher.jpg
RPO-Aの発射器(上)とロケット弾(下)
RPO-A
種類 ロケット弾発射器
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
仕様
種別 ロケットランチャー
口径 93 mm
使用弾薬 #弾頭を参照
装弾数 1発
全長 920mm(ロケットランチャー)
700mm(ロケット弾)
重量 11kg
銃口初速 125±5m/秒
有効射程 20m(最小射程距離)
600m(有効射程距離)
1,000m(最大射程距離)
歴史
関連戦争・紛争 ソ連のアフガニスタン侵攻
チェチェン紛争
ベスラン学校占拠事件
その他多くの戦争・紛争
バリエーション RPO-A、RPO-Z、RPO-D
テンプレートを表示

RPO「シュメーリ」ロケットランチャーロシア語: РПО «Шмель»:マルハナバチの意味)とは、1970年代ソビエト連邦で開発された携帯式ロケットランチャーである。

概要[編集]

RPOは単発式で、折りたたみ式のトリガーグリップとフォアグリップを有する。個人携行時には背中に2基1組で携行し、携行者は他人の助力なしでRPOを取り出して射撃することができる。

RPOのロケット弾は工場での製造段階においてキャニスター兼用のランチャーに封入されており、ランチャーは発射後に廃棄される使い捨てである。なお、ロケット弾の品質保証期限は10年である。

弾頭[編集]

RPOシリーズには以下の3種類が用意されており、用途を表す最後のアルファベットで区別する。

これらの弾頭は主にトーチカや家屋などの構築物やそれに立てこもる敵兵への攻撃を念頭に置いたものであり、RPGシリーズのそれとは違って対戦車用の成形炸薬弾は一切用意されていない。

実戦[編集]

アフガニスタンで作戦行動を行うスペツナズ
一番左側の兵士がRPOを携行している

RPOシリーズはアフガニスタンにおける軍事行動で初めて実戦投入され、山岳地帯の洞窟家屋に立てこもるムジャーヒディーンを攻撃するのに使用された。ソ連崩壊後もチェチェン紛争において、ロシア連邦軍がチェチェン独立派の歩兵が籠城している建物の掃討に使用している。

また、2004年のベスラン学校占拠事件においても、ロシアの特殊部隊が突入時にこれを使用している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]