92式装輪装甲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
92式/WZ551装輪装甲車
SLA Mechanized Infantry WMZ551.JPG
WZ-551(スリランカ軍仕様)
種類 装甲兵員輸送車
原開発国 中華人民共和国の旗 中国
開発史
開発者 Jiang Hong [WZ551B] at NORINCO Vehicle Research Institute; institute 201 (中国北方车辆研究所 China Vehicles Research Institute) and Institute 202
製造業者 中国北方工業公司、第256番工場(西南车辆制造厂Southwest Vehicles Factories)
諸元
重量 12.5t
全長 6.63m
全幅 2.80m
全高 2.80m
要員数 3名+兵員9名

装甲 Welded steel
主兵装 25mm機関砲
副兵装 7.62mm同軸機関銃
エンジン ターボチャージャー付き8気筒空冷ディーゼル
320hp
懸架・駆動 独立懸架
行動距離 800km
速度 85km/h

92式装輪装甲車(WZ-551A/ZSL-92)は、中華人民共和国が開発・製造する6×6の装輪装甲車である。

概要[編集]

外見はロシア製のBTR-80フランス製のVABに似ているが、コピーではなく中国独自で開発設計された。92式のサイズはBTR-80よりは小さいがVABよりは大きい。WZ551は1984年建国記念日の軍事パレードで初公開された。当初は性能面で不備があり、後に改良された。

車体はメルセデス・ベンツ2060のトラックをベースに開発され、自動消火システムやNBC防護が装備されている。

また、万が一走行中にタイヤがパンクしても一定速度で100kmの距離を走行することができる。

定員は操縦士、射撃手、車長の3名の他に後部には9名の兵士が搭乗可能。

90式装輪装甲車(WZ-551/ZSL-90)[編集]

1984年に行われた建国記念日で初披露された。25mm機関砲を装備する砲塔を備えた基本量産型で、制式化されて量産が開始されたものの、運用試験の結果を受けて改良が施され、92式装輪装甲車が開発・制式化された。

92式装輪装甲車(WZ-551A/ZSL-92)[編集]

90式装輪装甲車の欠点を解消した車両として1986年に発表され、1995年から部隊へ配備された。人民解放軍陸軍海軍陸戦隊他)の他に人民武装警察で広く使用され、海外にも多く輸出されている。車体を利用した派生型も数多い。同車はエンジン出力がアップしている。

派生型[編集]

北京オリンピックにてプレスセンターの警備を行う、中国人民武装警察部隊の03B式(WJ-03B)
92式装輪装甲車(WZ-551A/ZSL-92)
基本型。25mm機関砲装備。
92A式装輪装甲車(WMZ-551B/ZSL-92A)
12.7mm重機関銃を装備する装甲兵員輸送車型。車体前面のヘッドライトの装備位置が違うのが一番の識別点。
03B式装輪装甲車(WJ-03B)
武装警察用車輌。スクリューを廃止(水上浮遊能力は維持)、12.7mm重機関銃装備の1人用砲塔及びサーチライト発煙弾発射機などの治安用各種装備を搭載。
06式装甲装甲車(GA-06)
武装警察用車輌。足回りを4×4に変更。5.8mm機関銃搭載の小型砲塔を装備。
WZ系列輪式底盤
WZ-551をベースに開発された8×8装輪装甲車

この他にも多数の派生型が開発されている。

配備軍区[編集]

運用国[編集]

登場作品[編集]

ゲーム
「サラマンダーAPC」の名称で登場。アジアン軍(中国人民解放軍)が使用している。
ドラマ
  • 『便衣支隊』
CCTVで放映された。市公安局の特殊部隊が使用している。

外部リンク[編集]