LAV-25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LAV-25
LAV-25 USMC and USAF personnel on patrol.jpg
基礎データ
全長 6.39m
全幅 2.50m
全高 2.69m
重量 12.80t
乗員数 3名+兵員6名
装甲・武装
主武装 M242 25mm
副武装 M240 7.62mm機関銃同軸・車載)
機動力
速度 100km/h
エンジン デトロイトディーゼル 6V-53T
2ストロークV型6気筒液冷ターボチャージドディーゼル
275hp(205kW)
懸架・駆動 装輪式(4軸8輪駆動)
行動距離 660km
テンプレートを表示

LAV-25英語: Light Armored Vehicle)は、アメリカ海兵隊が使用する八輪式歩兵戦闘車(IFV)である。スイスのモワク社製装甲戦闘車両(AFV)ピラーニャファミリーを基に開発され、ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ・カナダ(GDLS Canada)が製造している。

概要[編集]

デトロイトディーゼル製6V-53Tターボチャージドディーゼルエンジン動力とする。前4輪を使って回頭するが、走行に使う駆動輪は全8輪または後4輪のいずれかを選択できる。

LAV-25は水陸両用車であり、水中の最大速度は約12km/hである。水上航行能力があるものの、水面に波が無い環境に限られている。陸上での走行速度は8輪も4輪も共に約100km/hを出すことができる。しかし、8輪駆動の場合は燃費に影響をおよぼす。

LAV-25は25×137mm口径M242 25mm1門と7.62x51mm口径M240 2丁、4連装発煙弾発射機2基が標準装備である。乗員は3名で、車長操縦士砲手から構成されている。これと兵員6名の他、戦闘機材を搭載できる。

1990年代後半から多くの改良を施されているが、現在はSLEP(延命プログラム)の改修計画が進行している。新造の改良型車とSLEPを受けたLAV-25はLAV-25A1へと名称を変えた。また、LAV-25A2へ発展させるためLAVファミリーの継続的なアップグレードに必要な資金提供が承認された。アップグレードの第一段は車体内外の装甲強化、火力制圧装備、サスペンションの改善などである。第二段のLAV-25A2では、油圧で旋回させていた砲塔の動力を電動駆動に入れ替え、火器管制装置赤外線カメラがレーザー測距儀に変更された。

バリエーション[編集]

LAV-25
基本型。
LAV-AT(Anti-Tank)
TOW対戦車ミサイルの2連装ランチャーを装備した戦車駆逐車。車輌には合計16発のTOWを搭載。
LAV-M(Mortar)
車体後部天井にハッチを設け、車内にM252 81mm 迫撃砲と360度旋回可能なターンテーブル搭載した自走迫撃砲。車内には98発の81mm迫撃砲弾を搭載可能。
LAV-AD(Air Defense)
25mmガトリング砲1基と4連装スティンガー対空ミサイルランチャー2基を装備した対空装甲車
LAV-R(Recovery)
装甲回収車
LAV-C2(Command & Control)
LAV-25の屋根を高くして、VHFUHFHFの通信機を搭載した指揮通信車。
LAV-LOG(Logistics)
輸送任務に使用可能なように改造した輸送車両。
LAV-MEWSS(Mobile Electronic Warfare Support System)
電子戦車輌。
LAV-EFSS(Expeditionary Fire Support System)
開発中の120mm自動迫撃砲ドラゴン・ファイアen)を搭載する自走迫撃砲。上述のLAV-Mの後継とされる。

登場作品[編集]

コミック
映画
HMMWV高機動多用途車とともに侵略軍のバリケードを突破するシーンがある。
ゲーム
プレイヤーやAIが操作し、浮行することも可能。
キャンペーンでは味方が使用、マルチプレイではプレイヤーが操縦できる兵器として登場。兵装は25mm機関砲ブローニングM2重機関銃、側面の左右に2門ずつ機銃がある。カスタマイズをすることで対戦車用のATGMランチャーが撃てる。地上兵器の中では比較的バランスの取れた使いやすい兵器。
IFVとして原型車両が登場する他、対空車両としてLAV-ADが登場。
敵の車両として登場。部隊長を倒すことで回収することが可能。様々なバリエーションが存在する。なお、本作に登場するのは試作型であるため全て6輪走行である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]