95式自動歩槍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
95式自動歩槍
Rifle Type 95.jpg
95式自動歩槍
95式自動歩槍
種類 アサルトライフル
製造国 中華人民共和国の旗 中国
設計・製造 中国北方工業公司(ノリンコ社)
年代 現役
仕様
種別 ブルパップ・アサルトライフル
口径 5.8mm
銃身長

369mm(QBZ-95B カービン
463mm(QBZ-95 ライフル)
490mm(QBZ-97 QBZ-97A)

600mm(QBB-95 軽機関銃
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 5.8x42mm弾 (QBZ-95)
5.56mm NATO弾(QBZ-97)
装弾数

30発(箱型弾倉

75発円形回転式弾倉
作動方式 ガス圧利用 ロータリングボルト
全長

609mm(QBZ-95B カービン) 745mm(QBZ-95 ライフル)
758mm(QBZ-97 QBZ-97A)

840mm(QBB-95 軽機関銃)
重量

2.9kg(QBZ-95B カービン) 3.25kg(QBZ-95 ライフル)
3.35kg(QBZ-97 輸出型)

3.9kg(QBB-95 軽機関銃)
発射速度

650発/分(QBZ-95)

800発/分(QBZ-95B カービン)
銃口初速

QBZ-95-930m/s(3,050ft/s) QBB-95-970m/s(3181ft/s)

QBZ-95B-790m/s(2581ft/s)
有効射程

ライフル型-400m(定点目標) 軽機関銃型-600m(定点目標)

カービン型-300m(定点目標)
歴史
設計年 1995年
製造期間 1995年-現在(2008年)
配備期間 1997年-現在(2008年)
配備先 中国人民解放軍
バリエーション

QBZ-95B Carbine QBZ-95 ライフル
QBB-95 軽機関銃
QBZ-97 5.56mm ライフル
QBZ-97A 5.56mm ライフル
QBB-97 軽機関銃 5.56mm ライフル

QBZ-97B 5.56mm カービン
テンプレートを表示

95式自動歩槍簡体字: 95式自动步枪: QBZ-95もしくはType 95 Assault Rifle[1][2])は、中華人民共和国1995年に制式採用したブルパップ型のアサルトライフルである。自動歩槍とは自動小銃の意。

同銃を示す表記として、上記以外で95式自動小銃95式アサルトライフル[3]95式歩槍95式小銃("自動"を省略)[4]95型アサルトライフル[5]など複数あり、中国語でも95式突击步枪(95式突撃歩槍、突撃歩槍=突撃銃の意)[6]95式5.8毫米突击步枪[7]95式步枪[8][9]などと表記する場合もある。

概要[編集]

中国人民解放軍は、それまで制式アサルトライフルとして運用していた81式自動歩槍の後継として1971年以降、当時としては斬新なデザインであったブルパップ方式を採用した独自の新型アサルトライフル開発計画をスタートさせた。

この計画による95式では、命中精度向上を目的とした世界的な軍用小銃小口径化に合わせ新型弾頭である5.8mm口径弾もあわせて開発された。それまでの81式では一世代前のAK-47と共通の7.62x39mm M43弾頭を使用している。

新型5.8mm口径弾は主に西側諸国で採用されている、5.56x45mm NATO弾に比べ、口径は大きいが発射速度は5.56mm NATO弾など口径が僅かに小さい弾頭を上回る[10][11]。そしてこの開発計画は香港イギリスからの返還に合わせて進められた[3]。その結果、開発された87式自動歩槍を、ブルパップ方式に再設計し3点バースト機構を組み込んだ改良型が、95式自動歩槍である[3]。 なお、開発にあたってはシュタイアー社製アサルトライフル、ステアーAUGを参考にしたという意見が存在する[4]。同様に、ブルバップ方式のFA-MASの影響を受けている可能性があるとされる[4]。それゆえ、一部では通称・チャイナトランペットと呼ばれている。しかし、ピストンやボルトなどの内部構造は81式の影響が強い。

構造[編集]

作動メカニズムは、現代小銃として一般に採用されているガス圧利用ロータリング・ボルト方式を採用。バレル上部に設定されたガス・シリンダーに発射ガスの一部を導くことにより、ピストンにガス圧を与えてボルト・キャリアーを後退させる。コッキング・ハンドルは機関部のグリップ上方にキャリング・ハンドル内側に装備されている。

セレクターレバーは銃床左側側面、床尾板に近い後方にあり、銃のハンドガードを支えている手で操作するようになっている。形状は指かけの突起が設けられた丸いダイヤル上ものである。

  • セレクターレバー表示
    • 0 安全装置
    • 2 フル・オートマチック(連射)
    • 1 セミ・オートマチック(単射)
    • 3 3点バースト(3点射)

ハンドルの上部には、各種スコープナイトビジョンが装備できる。ハンドガードの下にグレネードランチャーも装備可能。

バリエーション[編集]

QBB-95 LSW

8種の派生型と民間向けモデルが存在する。

95式自動歩槍 QBZ-95
通常型。ライフル運用が主目的。5.8x42mm弾を使用。
95B式自動歩槍 QBZ-95B
通常型を短くしたカービンモデル。
95-1式自動歩槍 QBZ-95-1
2010年から採用された95式の改良版、新型弾薬であるDBP10の採用やサイト位置などの構造的な改良に本体素材の変更など多岐に渡り大きく改良されたモデル。人民解放軍駐香港部隊などに配備され出した事が確認されている。
95式班用機槍 QBB-95 LSW
Light Support Weapon (分隊支援火器モデル)通常型よりも銃身が長く75発ドラムマガジンを装着する。
95-1式班用機槍 QJB-95-1
95-1式の分隊支援火器モデル。ドラムマガジンの位置調整もされている。
97式自動歩槍 QBZ-97
輸出用。西側諸国の5.56x45mm NATO弾が使用できる様変更されている。その他給弾マガジンが素早く外せる様に改良されている。民間向けでは無く他国軍隊などへ輸出される。カンボジア軍ミャンマー軍にて採用。
97A式自動歩槍 QBZ-97A
上記輸出モデルに3点バースト機構が組み込まれた物。5.56mm NATO弾使用。カンボジア軍にて採用。
97B式自動歩槍 QBZ-97B
通常型を短くしたカービンモデル。5.56mm NATO弾使用。
88式狙撃歩槍 QBU-88
95式をベースとした中距離狙撃銃。上部キャリングハンドルの省略、4倍率固定のスコープバイポッドの装着、ロングバレルと10連マガジンへの換装などが施されている。5.56mm仕様の97式スナイパーも存在する。
97式班用機槍 QBB-97 LSW
Light Support Weapon(軽量分隊支援火器モデル)5.56mm NATO弾使用。 通常型よりも銃身が長く75発ドラムマガジンを装着する。
97式民用型 QBZ-97A/QBZ-97B
2008年からカナダなど北米にて販売されている。223 レミントン弾使用。アサルトライフル型・カービン型がある。セミ・オートモデルのみ。現地販売名はType 97 rifle /Type 97A Shorty carbine

運用国[編集]

QBZ-97/QBZ-97A/QBZ-97B/QBB-97 LSW
スリランカ空軍特殊部隊にて運用中。
QBZ-97を中国から輸入している

登場作品[編集]

中国の公安警察が使用。
キャンペーン、マルチプレイの両モードで人民解放軍兵士がQBZ-95、QBB-95、QBU-88を使用している。
QBB-97 LSWをゲーム内ポイントで購入可能。両陣営で使用できる。また、隠し武器でEXバージョンなるものがある。
QBZ-95が登場。
マルチプレイの武器として登場。
QBB-95 LSWが登場。作中では名称が「QBB LSW」に変更されている。
ミャンマーの中国大使館にいる人民解放軍の兵士が95式を使用している。
97式が登場。ゲーム内通貨で購入可。
中国軍が使用。
マルチプレイのDLCにてQBZ-95B、QBB-95、QBU-88がアンロック武器として登場。米露両陣営で使用が可能。
QBZ-95B、QBZ-95-1が登場。
中国軍(アジアン軍)が使用している。

脚注[編集]

  1. ^ http://world.guns.ru/assault/as39-e.htm
  2. ^ http://www.enemyforces.net/firearms/qbz95.htm
  3. ^ a b c 床井雅美『軍用銃事典 改訂版』並木書房 ISBN 9784890632138 p114
  4. ^ a b c 月刊『軍事研究』誌 2009年5月号(第44巻) ジャパン・ミリタリー・レビュー pp212~213
  5. ^ 坂本明『世界の軍用銃』文林堂 ISBN 4893191403 p117
  6. ^ http://www.key28.cn/Article/2009-8-17/8102.html
  7. ^ http://www.chinabaike.com/article/96/jszs/2007/20071011574231.html
  8. ^ http://news.xinhuanet.com/mil/2005-06/20/content_3108685.htm
  9. ^ http://data.tiexue.net/mil/95sbq4794/
  10. ^ 通常、口径が大きくなると威力は増すが、発射速度は落ちる。同時に発射反動が大きくなり射撃コントロールが難しくなる。口径を小さくするとこの逆の現象が起こる
  11. ^ 近年アメリカ軍などではこの両方の特性を持ち合わせる新型弾頭を使用したアサルトライフル採用などの検討が行なわれている
  12. ^ “China Exports Its Radical New Assault Rifle”. Strategy Page. (2009年2月28日). http://www.strategypage.com/htmw/htweap/articles/20090228.aspx?comments=Y 2010年5月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]