Su-34 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Su-34/Су-34

Su-34

Su-34

Su-34(スホーイ34、スホイ34;ロシア語Су-34スー・トリーッツァチ・チトィーリェ)は、ロシアソ連)のスホーイ社によって開発された、Su-27の発展型の戦闘爆撃機である。

ロシアにおいては、Многофункциональные Самолеты(多機能航空機)、あるいは、Su-24と同様Фронтовые Бомбардировщики(前線爆撃機)と呼ばれている。NATOコードネームフルバック(Fullback)。

開発経緯と現況[編集]

1980年代頃にソ連空軍は、Su-24の後継機となる戦闘爆撃機を求めていた。スホーイ設計局がそれに応じ、T-10Vの計画名でSu-27戦闘機の発展型として複座型のSu-34を開発した。名称内の末尾番号を4としたのは、Su-24との関連性を示すためである。ロシア空軍では、2000年代初頭まではSu-27IBの名称を使用していた。また、海軍型はSu-32の名称が付けられていた。

ロシア空軍向けのSu-34は1997年頃に先行量産機4機が製造され、12機が発注されたが資金難を理由に一旦は製造が停止された。2000年9月には資金調達が可能となり製造が再開され、2015年までに58機を調達する計画としている。Su-34量産初号機は2006年10月12日に初飛行し、同年12月15日からロシア空軍に配備されている。ロシア空軍では2009年中に第2段階の試験飛行を終了させ、2010年に24機編成の最初の実戦飛行隊1個を編成して、2015年までに58機が整備される予定である。海軍型のSu-34FNはロシア海軍の購入が決まらず、生産と配備の予定は立っていない[出典 1]

2008年5月9日モスクワで行われた対独戦勝パレードにSu-34が参加した。Su-34を操縦したのは、リペツク飛行センター司令アレクサンドル・ハルチェフスコミー空軍少将であった。5月9日の対独戦勝パレード当日、Su-34はSu-24前線爆撃機と並んで飛行し、本機がSu-24の後継機である事を印象付けた。

機体構成[編集]

外形[編集]

Su-34

機体最前部は先端のピトー管と思われるものに続き、側面にチャインの付いた大きな扁平型レドームが占める[1]

機体前部はチャインの付いた側面がそのままストレーキとなって全遊動式の小さなカナード翼が付いている。

コックピット部分は並列座席配置も相まって大きなキャノピーが胴体でも最も高い隆起部の前方上部を占め、隆起の後半部は機体中央に向かってなだらかに下っている。座席からの直接の後方視界は失われている。 コックピット左外面には引き込み式の空中給油用プローブが隠されている。

Su-27と同様にエンジンなどの後部胴体が機体前部に比べて低い位置にあるため、カナード翼から続いたストレーキは、幾分高翼配置に見える62m2の主翼へ続く。主翼と尾翼はSu-27と同じものが使用される。胴体幅のほとんど左右端に付いた2枚の垂直尾翼も垂直でステルス性への考慮は見られない。Su-27の胴体後部にあったベントラルフィンは本機では備わっていない。

Su-27の特徴でもあった最後端中央の長く延びたテイルブーム部は、ビーバーテイル状の薄いものからスティンガーと呼ばれる太い形状に変更された。

前脚は重量増加に対応するため、Su-27が単車輪式から複車輪式に変わっている。主脚も強化されているとの情報もあるが、詳しくは不明である[出典 1]

コックピット[編集]

2名搭乗の複座座席は戦闘機形状の軍用機としては珍しいサイドバイサイドの並列型となっており、左席が操縦士席で右席が兵装担当士官席である。操縦席はK-36DM射出座席が用いられ、乗員は個別に射出される。乗員の搭乗は前脚後方にある乗降口から梯子を使い、床下ハッチから出入りする。

乗員区画は17mmのチタニウム装甲で保護され、高度3万フィートまでは酸素マスクが必要ない程度に与圧される。座席後方には電子レンジ冷蔵庫を備えた簡易キッチンがあり、左右席間に身を横たえることで交代で仮眠を取ることも可能だとされる。なお、ネット上でシートにマッサージ機能があるとか、座席後方にトイレが搭載(長時間の飛行に備えて携帯トイレを持ち込むことはある)されているという情報が散見されるが、間違いである。

操縦士席前方の計器盤が大きく場所を占め、HUDも左側だけに付いており、兵装担当士官席側の前方の簡素な計器盤と比べて左右が非対称になっている[出典 1]。計器盤は操縦士側に2つ、兵装仕官側に3つのカラーCRT多機能表示装置を備えており、パイロットヘルメット装着式照準器を使用することもできる。

エンジンと機体重量[編集]

MAKS-2009でのSu-34

エンジンリュールカAL-31FターボファンエンジンA/B使用時推力が126.6kN)を搭載するとされている。Su-34Mでは、推力を増強したAL-31FM1(A/B使用時推力が132kN)に換装されている。最高速度は777ノットの約マッハ1.13も可能で、高高度ではSu-27のマッハ2.35に対してマッハ1.8になるとされる。機体構造の変更と燃料の増量によって、最大運用重量はSu-27の約30トンから約43.5トンにまで増加されているが機体の荷重制限はSu-27の9-10Gから7Gほどへ実用上昇限度はSu-27の1,8000mから14,000-1,5000mに低下したとされる[出典 1]

搭載燃料と航続距離[編集]

機内搭載燃料はSu-27の9トン搭載から12.1トンにまで増やされた。増槽の使用によって燃料の総搭載量は最大で19.1トンまで増加できる。これにより航続距離は機内搭載分だけで約4,000km、増槽を含むと約7,000kmになり、Su-27の約3,700-3,900kmと約6,900kmより少し延びている。

戦闘行動半径はHi-Hi-Hiで約1,100km、Hi-Lo-Hiで約600kmとする情報があるが、増槽の有無や兵器の搭載量が明かされていない[出典 1]

電子機器[編集]

機首部にはレーニネツB004多機能高解像度パッシブフェーズド・アレイ・レーダーを搭載し、テイルブーム先端にも後方象限用のB005フェーズドアレイレーダーを装備している。赤外線捜索追跡装置(IRST)は装備していないが、空対地攻撃用にTVおよびレーザー・チャンネルを有するUOMZ電子光学センサー/目標指示システムが内蔵されている。

自己防御器材にはTsNIRTI電子戦システムを装備し、両主翼端にはL005ソルブツヤ SAP-518アクティブECMポッドを、センターパイロンにはSAP-14を搭載可能である[出典 1]

SAP-14は1-4GHzの間で動作するECMポッドで、性能はAN/ALQ-99に匹敵するとされる。効果範囲は左右上下45度、デジタル周波数記録装置(DRFM)を搭載しており、敵レーダーの周波数を解析して同周波数の電波を発信、自機位置を欺瞞するディセプション・ジャミングも可能である。SAP-518は、5-18GHzの間で動作するという違いはあるもののほぼ同様の性能を持つ。

搭載兵器[編集]

最大搭載可能重量は約8トンであり、日本製のF-2米国製のF-15Eと同等である。

ハードポイントを合計12ヶ所備え、ロシア空軍が現有し運用しているすべての誘導兵器が搭載できるとされる。

固定武装はSu-27系列と同じ、GSh-301 30mm機関砲1門と150発の砲弾を搭載している[出典 1]

基本型・派生型[編集]

Su-27IB
Su-34の試作機の名称。"IB"は戦闘爆撃機の意味。、1995年パリ航空ショーで初公開された。
Su-34
Su-27IBの各部を改修し、名称を変更したもの。Su-34ファミリーの基本となる戦闘爆撃機型である。
Su-32FM
輸出型。
Su-34M
2010年より配備が開始された改良型[2]。主翼上の境界層版が特徴。エンジンをAL-31FM1に変更したほか、スティンガー内にTA14-130-35 APUが設置され支援車両の助けなくエンジンの始動が可能になった。アビオニクスとソフトウェアも近代化しており、レーダー警報装置はL-150 (ACT)ロシア語版に更新、新しい空対空空対地ミサイルの運用能力が付与されている[3]
Su-34FN
空軍型のSu-34を基に、対艦・対潜攻撃が行えるようにしたロシア海軍向けの機体である。全天候での潜水艦および水上艦艇に対する攻撃力が付与され、低高度を高速で飛行する際に乱流の影響を打ち消す操縦システム、液晶表示装置を使った電子計器システムなどを備え、機首にはシー・スネーク・レーダーを搭載する。このレーダーはマリタイム・モードに加えて、地形追随機能も有していると見られる。空対艦ミサイルの運用だけでなく、各種ソノブイを最大72発、短魚雷対潜爆弾の投下や、画像赤外線装置、レーザー測距装置の装備、さらにはスティンガー内に機上磁気探知機(MAD)を収容して運用できるように開発が進められている[出典 1]

登場作品[編集]

性能諸元[編集]

Su-34-line.gif
Su-34 武装懸架の組合せ

出典: [出典 1]Sukhoi data,[4] Gordon and Davison,[5] AF Technology,[6] Airwar.ru[7] ria.ru[8][8][8]

諸元

  • 乗員: 2名
  • 全長: 23.34 m (72 ft 2 in)
  • 全高: 6.09 m (19 ft 5 in)
  • 翼幅: 14.7 m(48 ft 3 in)
  • 翼面積: 62.04 m2 (667.8 ft2
  • 空虚重量: 22,500 kg (49,608 lb)
  • 運用時重量: 39,000 kg (85,980 lb)
  • 有効搭載量: 12,000 kg (26,455 lb)
  • 最大離陸重量: 45,100 kg (99,425 lb)
  • 動力: リューリカ=サトゥールンAL-31F[9] / AL-31FM1 ターボファン
    • ドライ推力: 74.5 kN / (16,754 lbf /) × 2
    • アフターバーナー使用時推力: 126.6 kN / 132 kN (27,557 lbf / 29,762 lbf) × 2
  • 最大兵装搭載量:8,000kg
  • 燃料搭載量: 12,100 kg (15,400 l)

性能

  • 超過禁止速度: km/h (kt)
  • 最大速度:
    • 高高度:2,000 km/h、マッハ1.8+
    • 低高度(海上レベル):1,400 km/h、マッハ1.2
  • 巡航速度: 不明 (不明)
  • フェリー飛行時航続距離: 4,000 km (2,490 mi)
  • 航続距離: 1,100 km(低空飛行時) (680 mi)
    • 戦闘行動半径:594海里(Hi-Hi-Hi)/324海里(Hi-Lo-Hi)(搭載量は明かされていない)
  • 実用上昇限度: 15,000 m (49,200 ft)
  • 上昇率: 不明 (不明)
  • 翼面荷重: 629 kg/m2 (129 lb/ft2
  • 推力重量比: 0.68

武装



お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

脚注[編集]

  1. ^ Su-34はSu-27に比べ、先端部分がやや尖った形状をしている。これは飛行性能を害する事なく座席を複座にしたためである
  2. ^ Испытания новых опций для Су-34 завершатся в 2010 году
  3. ^ Модернизированные Су-34М смогут применять новые типы АСП(ロシア語)
  4. ^ "Su-32: Aircraft performance", "Armaments". Sukhoi. Retrieved: 4 July 2011.
  5. ^ Gordon and Davison 2006, pp. 92, 95–96.
  6. ^ "Su-34 (Su-27IB) Flanker Fighter Bomber Aircraft, Russia." airforce-technology.com. Retrieved: 5 October 2012.
  7. ^ "SU-34." airwar.ru. Retrieved: 5 October 2012.
  8. ^ a b c http://ria.ru/defense_safety/20131226/986658004.html
  9. ^ "Su-34." Defense-update.com. Retrieved: 1 March 2012.

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 大塚好古 『ロシア軍の新型多目的攻撃機Su-34フルバック』 「空自F-2/F-1戦闘機と世界の戦闘攻撃機」軍事研究2009年8月号別冊、ジャパン・ミリタリー・レビュー、2009年8月1日発行、ISSN 0533-6716