リューリカ=サトゥールン AL-31

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サトゥールン Al-31FN ターボファンエンジン

サトゥールン AL-31ソビエト連邦リューリカ(現サトゥールン)が開発した軍用ターボファンエンジンである。

概要[編集]

AL-31はスホーイSu-27 'フランカー'に搭載するために開発されたエンジンである。推力はアフターバーナー使用時にはAL-31Fは123 kN (27,600 lb)、AL-31FM (AL-35F)は137 kN (30,800 lb)、AL-37FUは142 kN (32,000 lb)の推力を出す。現在はフランカーシリーズだけでなく中華人民共和国J-10多用途戦闘機にも搭載されている。AL-31Fはモジュラー設計となっており一部を新型のものに交換することも容易であり、整備性もよい。

AL-31FPとAL-37FU等の派生型は推力偏向型である。インド空軍へのSu-30MKI英語版輸出型フランカーやSu-37Su-47試作機に搭載されている。AL-37FUは推力偏向ノズルを最大±15°毎秒30°で傾ける事ができピッチコントロールが可能で、それにより飛行領域が広げる事ができる。

派生型[編集]

AL-31F
R-32
AL-31FP
AL-31FN
AL-31FM1
AL-41F1S

AL-31F[編集]

基本型。推力はアフターバーナー使用時123 kN (27,700 lbf)。最初のオーバーホール時間は100時間、寿命が1,000時間である。1981年より供給が始められた[1][2][3]

R-32[編集]

Su-27の記録挑戦型であるP-42ロシア語版向けにAL-31Fのアフターバーナー時の出力を133.3 kN (30,000 lbf)まで増強した特別型。

AL-31F シリーズ 30S[編集]

MiG-27のエンジン換装用に開発された型式。オーバーホール周期は500時間で、寿命は1,500時間である。MiG-27に搭載しての試験では、戦闘効率が22~27%、最大離陸重量が15%、加速性が8%、持続時間が20~25%、最大速度(高度8kmでの値)が1,350km/hから1,480 km/hに増加し、離陸距離が15%、最低速度(高度8kmでの値)は400km/hから200km/hに減少したしたという結果が得られた。

AL-31Fシリーズ 3[編集]

Su-33向け改良型。空母での運用を前提とした塩害対策が施され、空母からの発艦時等のために短時間に限ってアフターバーナー推力を127.4 kN (28,600 lbf)にまで向上させる事を可能としている[4]。KRD-99B統合型デジタル調整器が搭載され推力の微妙な調整が可能。改良によりエンジン寿命が1,500時間に延長されている。AL-31F3、AL-31Kとも呼ばれる。

AL-35F[編集]

Su-35 (Su-27M)用の派生型。推力はアフターバーナー使用時137 kN (30,800 lbf)。Su-37が開発中止になった後にAL-37FUと同じ推力偏向ノズルを装備している。AL-31FMともよばれる。

AL-37FU[編集]

Su-37用の派生型でAL-35Fをベースに推力偏向ノズル(ピッチ方向の1軸式)を搭載している。推力は増強されアフターバーナー使用時に142 kN (31,900 lbf)となった。

AL-31FP[編集]

Su-30MKI向け改良型でAL-37FUと同じ推力偏向ノズル(ピッチ方向の1軸式)を搭載している。2000年より供給が始められた[5][6][7]。最初のオーバーホール時間は1,000時間で寿命は2,000時間、ノズルのオーバーホール間隔は500時間である[8]

AL-31FN[編集]

J-10向け改良型でギアボックスなどをエンジン下に移転している[9]。推力はアフターバーナー使用時127 kN (28,600 lbf)。2002年より供給が始められた[10]

AL-31FN-M1[編集]

AL-31FNの改良型。性能はAL-31FM1に準ずる。

AL-31FNシリーズ3[編集]

AL-41FNの改良型で推力はアフターバーナー使用時137 kN (30,800 lbf)。2013年より試験が行われている[11]。AL-31FN3とも呼ばれる。

AL-31FM1[編集]

AL-31Fのロシア空軍向け改良型だが中国にも輸出されている[12]。推力はアフターバーナー使用時132 kN (29,700 lbf)で、推力偏向ノズル(ピッチ方向の1軸式)を有する。オーバーホール周期は750時間で寿命は2,000時間[13]、エンジンノズルの寿命は800時間である。 2007年より供給が始められた[14]

AL-31FM2[編集]

Al-31FM1のロシア空軍向け改良型。推力はアフターバーナー使用時145 kN (32,600 lbf)。オーバーホール周期は1,000時間以上で、寿命は3,000時間である[13][15]。2013年より試験が行われている[13]

AL-31FM3[編集]

AL-41F1S[編集]

主要なAL-31Fの更新型でSu-35に搭載されている。推力はドライ時に86.3 kN (19,400 lbf)でアフターバーナー使用時は142 kN (31,900 lbf)である。AL-31FM3の派生型で、PAK FA用に開発されたAL-41F1の技術がフィードバックされており、先進的な高圧と低圧タービン完全デジタル式の制御装置。基部から可動するタイプの推力偏向ノズル(ピッチヨー方向の2軸式)を装備している。ファンの直径は3%大きい(932 mm対905 mm)。このエンジンは寿命が4,000時間でオーバーホール周期が1,000時間である[16]2008年2月20日、Su-35に搭載されて初飛行が行われ[17]、2010年より供給が始められた[18] 。開発名称から117Sともよばれる。

AL-31ST[編集]

ガスタービン型[19]

AL-32[編集]

Tu-444用の派生型で、アフターバーナーを搭載していない。推力は95 kN (21,400 lbf)[20]

搭載機[編集]

1990年代末、イラン空軍のF-14のエンジン換装に売り込んだとされる。


AL-31F 仕様[編集]

情報源[21]

  • 形式 2軸式アフターバーナー付ターボファン
  • 全長 4990 mm
  • 直径:
    • 内径905 mm
    • 外径1280 mm
  • 乾燥重量:
    • 1570 kg(ロシア標準)
    • 1800 kg(フランス標準)
  • 燃焼器: カン型
  • 圧縮機 4段のファンと9段の圧縮段
  • 全体圧力比: 23
  • バイパス比: 0.59:1
  • タービン 2段、短段式タービン
  • 推力
    • 16,754 lbf (74.5 kN) ミリタリースラスト
    • 27,557 lbf (122.6 kN) アフターバーナー全開時
  • 定格燃料流量:
    • ミリタリースラスト: 0.67 lb/(lbf·h)
    • アフターバーナー全開時: 1.92 lb/(lbf·h)
  • 燃料消費率: 2.0 Kg/daN·h
  • 推力重量比:
    • 4.77:1 ミリタリースラスト
    • 7.87:1 アフターバーナー全開時
    • 8(ロシア標準)
    • 6.95(フランス標準)
  • タービン入口温度: 1685 K(1,412℃(2,574°F))

脚注[編集]

外部リンク[編集]