リューリカ AL-21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リューリカ AL-21
リューリカ AL-21の尾部
リューリカ AL-21

リューリカ AL-21は、旧ソビエト連邦軸流式ターボジェットエンジン。名前はリューリカ設計局の主任設計者アルヒープ・ムィハーイロヴィチ・リューリカ (1908-1984)に由来する。

AL-21は1960代初頭に運用開始された。後に(AL-21F-3)は Su-17M "フィッター"、Su-24"フェンサー"、 初期の MiG-23"フロッガー"やT-10(Su-27"フランカー"の試作機)に搭載された。アフターバーナー無しのバージョンは Yak-38"フォージャー"VTOL戦闘機に搭載された。

仕様(AL-21F-3)[編集]

  • タイプ:アフターバーナー付ターボジェット
  • 全長:5,300 mm (209 in)
  • 直径:1,000 mm (39 in)
  • 重量:1,700 kg (3,740 lb)
  • 圧縮機:14段軸流式 可変式静翼
  • 推力:
    • 76.4 kN (17,175 lbf) ドライ
    • 109.8 kN (24,675 lbf)アフターバーナー使用時
  • 圧縮比: 14.75:1
  • タービン温度:1,100 ℃ (2,000 °F)
  • 推力毎の1時間あたりの燃料消費:
    • 77.5 kg/(h·kN) (0.76 lb/(h·lbf)) アイドル時
    • 87.7 kg/(h·kN) (0.86 lb/(h·lbf)) 最高戦闘出力
    • 189.7 kg/(h·kN) (1.86 lb/(h·lbf)) アフターバーナー使用時
  • 推力・重量比:64.7 N/kg (6.6:1)
  • 平均運用時間: 1,800 時間

外部リンク[編集]