J-10 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中華人民共和国の旗J-10(殲撃十型、Jian-10、-10)
J-10 Vigorous Dragon
F-10 Vanguard

Chengdu 10.jpg

J-10(殲撃十型、Jian-10、-10)は中華人民共和国の航空機メーカー、成都飛機工業公司によって設計され、現在も生産が行われている 中華人民共和国戦闘機。西側諸国ではヴィゴラス・ドラゴン(Vigorous Dragon:猛龍)と呼ばれる[1]

高価な主力戦闘機J-11とともに配備され機数を確保する混合運用(ハイ・ロー・ミックス)のための軽戦闘機として開発・配備された。

開発の経緯[編集]

独自開発の停滞[編集]

中国人民解放軍空軍では、長らくMiG-21のライセンス生産用にソビエト連邦から譲られた見本用の部品と生産キットを元に製造されたJ-7を運用してきた。後継機の調達に当たり、中ソ対立により独自開発を余儀なくされたが、J-7を基にしたJ-8Iは登場時点から旧式となり、改良型のJ-8IIアビオニクスの能力不足から他国の第4世代戦闘機と比べると劣っていた。

より本格的な後継機としてJ-9J-10J-11J-12J-13といった一連の開発も行なわれていたが、新世代の戦闘機として実用化するにはフライ・バイ・ワイヤ操縦装置や運動性向上技術(CCV)といった最新の技術が不可欠であるため自国のみの技術力では実現不可能とされ、機体が試作されることはなかった。

海外技術の採用[編集]

1980年代に入ると、アメリカ合衆国日本大韓民国の基地にF-16の配備を進めるほか、周辺に展開する航空母艦F-18の配備を進め、ソビエト連邦Su-27MiG-29を実用化し、中華民国F-CK-1の開発を進め、日本の航空自衛隊はF-15を200機にまで増強を始めるなど、中華人民共和国周辺の仮想敵国では第4世代戦闘機の配備や戦力増強が進み、以前より質的劣勢を数で補っていた中華人民共和国の空軍戦力はより見劣りのするものとなっていった。

中華人民共和国周辺の仮想敵国に配備される機体に対抗できる性能を持つ国産戦闘機を入手するため、1986年から改めてカナード付き無尾翼デルタを持ち、安定性を低下させて敏捷性を高めるという基本方針に基づいた国産戦闘機開発計画を開始したものの、新世代のアビオニクスや高性能エンジンの搭載が必須となり、海外技術の導入か国産技術の飛躍的発展を必要とすることになった。これに対して、本機のアビオニクス及びエンジンの搭載状況の推移通り、海外技術導入による実用化後に国産化率の向上を図ることとして、まずは西側からエンジンとアビオニクスを入手する見込みで計画を進めたと見られる。

ラビ戦闘機

フライ・バイ・ワイヤ操縦装置や運動性向上研究(CCV)機といった新技術が、当時の中華人民共和国でどこまで研究されていたかは不明である。むしろ中華人民共和国の技術力が低いと認識されている分野であるだけに、海外からの協力を得たのではないかとの観測が出た。特に、量産に至らなかったラビを開発したイスラエルが技術を売ったとの見方が強い。しかしこれについて中華人民共和国は公式に否定している[1]

ところが、西側からの技術導入を前提としていたため、1989年に起こった天安門事件を契機としたアメリカをはじめとする西側諸国の対中政策見直しによる武器輸出規制により計画は失敗の危機に瀕した。結局、ソビエト連邦崩壊後に関係を改善したロシアから入手したAL-31Fターボファン・エンジンやアビオニクスを搭載することで実現に至ったが、当初、旧ソ連の新鋭戦闘機にも対抗すべく計画が始まったJ-10にとっては何とも皮肉な経緯となった。

初飛行[編集]

1998年3月23日(公式記録)に原型1号機が初飛行した。このときにはロシアから供給されたサトゥールン科学製造合同のエンジンであるリューリカ=サトゥールン AL-31を搭載していた。

2006年末に中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」が写真を掲載していたが、2007年1月5日、中華人民共和国の航空機メーカーグループである中国航空工業第一集団として中華人民共和国内のメディア向けの記者会見で正式に「J-10の自主開発に成功した」と発表してJ-10の模型を公開した。合わせて新型空対空ミサイルや、WS-10太行を「開発」したとも発表している。

特徴[編集]

離陸するJ-10

中華人民共和国はJ-10についての情報をほとんど公開しておらず技術的な細部は明らかになっていない。

低い抗力・十分な強度を持つ構造・大きな機体内容積を実現するためのブレンデッドウィングボディ形式の採用、大迎え角でも安定した空気流入を確保するための機首下面へのエア・インテーク配置、機体後端の左右に主翼から延長した棚状の張り出しへのベントラルフィンの配置、十分な構造強度を確保しつつ電子機器の格納配置場所とするために厚く太めた垂直尾翼基底部、全周視界確保のための水滴型キャノピーの装備などといった点は、ラビやF-16と共通する特徴である。

しかしながら、単一の大きな垂直尾翼を持ちデルタ翼の主翼に近接してやや面積の大きなカナードを置く翼の配置はヨーロッパの第4世代戦闘機であるタイフーンラファールグリペンの配置に近い。主翼形状にはMiG-21の影響が見られ、インテーク形状もF-16と酷似したラビとは異なりタイフーンのような四角形である。これらに加え、装備するエンジンの違いからJ-10の方がラビより一回り太いこともあり、外形の印象はラビに似ているものの似て非なる機体といえる。

J-10 ラビ
全長 16.43~16.5 m 14.6 m
全幅 9.75~11.3 m 8.8 m
全高 5.43~6.0 m 4.8 m
翼面積 45.5 m² 33.1 m²

戦闘行動半径にも諸説あり、性能として挙げた950kmの他に、参考文献中の「特集J-10初公開」は1300kmとしており、欧米の軍事メディアでも1100kmに達するという推測もある。このため、総合的な能力はF-16C/Dに匹敵するとする見方もある。

エンジン[編集]

第1期生産分は、ロシアのAL-31FN(Su-27搭載エンジンの派生型)ターボファン・エンジンを搭載し、同じ単発機であるラビや、サーブ 39 グリペンを大幅に上回る推力を発揮する。

中華人民共和国製のWS-10ターボファン(アフタバーナー時最大126kN)もJ-10用に開発されており、量産型ではこのエンジンを使われる可能性もあったが、性能面でAL-31FNと遜色はなかったが、寸法が大きすぎ、また制御システムに問題があることなどから採用には至らなかった模様で、中華人民共和国はロシアに対しこれまですでに180基のAL-31FNを発注していると伝えられ、国産エンジンは採用されないようである[2]

中華人民共和国は2005年7月に二次元推力偏向型エンジンのAL-31FN-M1をロシアに発注しており、第1期分の50基、第2期分の100基は既に納入されている。これはJ-10用と推測されており、これの装備により機動力の大幅な向上を実現する可能性がある。

アビオニクス[編集]

レーダーは南京の第14電子技術研究所開発の最大探知距離130km、2目標を同時追跡可能なKLJ-3パルスドップラー・レーダーの搭載を計画していた。

ロシアは160kmの探知距離を有し10~15目標を同時探知、そのうち4~6目標を同時追跡するTWS機能を持つ自国製のファズトロン英語版ジューク10PDを提案していた。

またイスラエルはエルタ EL/M-2032レーダーを提案しているという。

イタリアが提案しているグリフォ 2000/16は、空対空・空対地など26の動作モードを備えている。また、赤外線探知装置や光学追尾装置との連動を行う事も可能。

中華人民共和国はロシア製のファズトロンRP-35を3機分導入しロシアの援助を受けて組み立てたが追加発注は行わなかったという。その際、中華人民共和国はこのレーダーを解析したものの重要チップのコピーを行う事ができなかったという説もある。 RP-35はレドームの小さいMiG-29UB用に開発されたレーダーで、ジュークMEの簡易型である。

試作機と国内型のJ-10Aは、KLJ-3(別名としてJL-15、1473型の名称も伝えられる)を搭載することになったとされる。このレーダーは最大探知距離104~130kmで、15目標を探知しつつ、2~6目標を同時追尾できるといわれている。

J-10B及び輸出用のFC-20には、KLJ-10型レーダーが搭載されている。

J-10はLANTIRNのような前方赤外線レーザー目標指示ポッド(イスラエルの技術援助で開発)も搭載可能とされており、夜間や悪天候下でも攻撃ミッションの遂行が可能であることになる。飛行操縦装置は4重のフライ・バイ・ワイヤと見られる。コクピットはグラス化されており、3つの多機能ディスプレイ(MFD)を備える。またウクライナの製品をコピーしたヘルメット目標指示装置とミサイルのシーカーの連動も可能ともされている。

搭載兵装[編集]

胴体にGSh-23 23mm機関砲を搭載するほか、両翼下に3ヶ所ずつ、胴体中心線下に1ヶ所、胴体前後左右に4ヶ所の計11ヶ所のハードポイントを持ち、空対空/空対地の各種兵装を搭載できる。

配備[編集]

2004年1月に中国人民解放軍空軍第44師団に15機が初めて配備された。2011年現在224機が配備されている[3]。2009年には八一表演飛行隊(オーガスト・ワン)にJ-7GBの後継機として配備された。

J-10の輸出は中華人民共和国軍需産業の最大顧客であるパキスタンとの交渉が進んでいる。2006年2月下旬に中華人民共和国のJ-10製造工場を視察しJ-10の詳細について説明を受けたパキスタンのムシャラフ大統領(当時)は、報道陣に対して「パキスタンは中華人民共和国のJ-10を購入することを検討する」と述べた。4月12日には、FC-20として少なくとも36機のJ-10を購入することで合意した。引き渡しは2014年~15年ごろになる予定。

他にJ-10の導入を希望している国には朝鮮民主主義人民共和国イランシリア[4]などがあるものの、中国側は慎重な姿勢を取っている(J-10の代わりにFC-1を提案)。 2010年6月16日には、金正日からの供与の要請を拒否したことが報じられた[5]

派生型[編集]

J-10B
  • J-10A:基本の単座型。輸出仕様のF-10Aも存在する。
  • J-10S:複座型。訓練や多用途任務(攻撃、偵察など)型。
  • FC-20:パキスタン向けの輸出仕様。
  • J-10AH:海軍航空隊向けの派生型。J-10Aの派生型であり、艦載機ではない。
  • J-10B:2009年に確認されたJ-10Aの改良型。エアインテークの拡大及びダイバータレス超音速インレットへの変更、ベントラルフィンの面積拡大、ストレーキの追加、フェーズドアレイレーダー[6]の搭載とそれに伴う機首の大型化、IRSTの搭載、電子対抗機器の強化によるアンテナ追加及び形状変更[7]などの改良が行われている。エンジンは二次元推力偏向ノズル搭載の強化型AL-31FN-M1が搭載される予定であるが、現在完成しているプロトタイプ機での装備は確認されていない。なお、プロトタイプ5号機に国産のWS-10Bを搭載しているのが確認されているがこの形態がスタンダードになるかは不明である[8]
  • J-10C:J-10Bのアップグレード型。2016年から配備開始予定[9]

このほかにも、空母艦載型やステルス性を強化した発展型などが構想されているとされる。

要目[編集]

三面図

仕様[編集]

アビオニクス[編集]

  • KLJ-10 火器管制レーダー

性能[編集]

  • 最大速度:マッハ 2.2(高空)、マッハ1.2(低空)
  • 許容G:+9G / -3G
  • 戦闘行動半径:950 km
  • 最大航続距離:3,000 km
  • 実用上昇限度:18,000 m

武装[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 青木謙知 『戦闘機年鑑』 『Jwings』特別編集、イカロス出版、2009年3月、2009-2010年度版。ISBN 978-4-86320-157-6
  2. ^ 青木謙知 『戦闘機年鑑』 『Jwings』特別編集、イカロス出版、2013年3月、2013-2014年度版。ISBN 978-4-86320-703-5
  3. ^ 平成24年度版防衛白書 ミリタリーバランス2012
  4. ^ イランとシリアは、かつてラビを開発し、当機の開発に関与したともされるイスラエルの敵対国である。(イスラエル空軍側はF-16後継としてF-35A ライトニングIIを導入する予定。)
  5. ^ 姜哲煥、アン・ヨンヒョン「中国、北朝鮮の戦闘機供与要請を拒否=消息筋」 - 朝鮮日報
  6. ^ アクティブ式かパッシブ式かは明らかにされていないが,1996年にロシアのNIIP設計局のペロPESAレーダーのアンテナを購入して、研究を行っていることから、J-10Bが搭載しているレーダーもPESA方式の可能性が高い
  7. ^ 具体的には垂直尾翼先端部の形状変更、小型アンテナの追加(ドラッグシュート収納部の左右2箇所、コクピット側面の2箇所、エンジン部分下方側面に2箇所の計6箇所)
  8. ^ 国産エンジンは依然信頼性・生産性の面でAL-31に大きく劣るとされる
  9. ^ 『普京奥巴马齐崩溃:我J10C性能远超美欧』(81军事网 2014年1月14日)

参考文献[編集]

  • 雑誌『航空ファン』「特集J-10初公開」, 文林堂 (2007/4)
  • イカロスMOOK『戦闘機年鑑2007-2008』, イカロス出版 (2008/4)

J-10の映像[編集]


外部リンク[編集]