FC-1 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

FC-1 梟龍
JF-17 Thunder

離陸するパキスタン空軍のJF-17(2010年)

離陸するパキスタン空軍のJF-17(2010年)

FC-1英語Fighter China)またはJF-17Joint Fighter)は、中華人民共和国パキスタン・イスラム共和国が共同開発した単座式全天候型多用途戦闘機である。中華人民共和国では「梟龍」(枭龙)、パキスタンでは「サンダー」(Thunder:「」)が愛称となっている。

成都で開発されている殲撃10型と同様、1980年代アメリカ合衆国第二次天安門事件以降はソ連およびロシア連邦の技術支援により開発された第4世代機である。

開発[編集]

中華人民共和国は、長らくMiG-21派生のJ-7を生産し、人民解放軍防空戦闘機として運用するとともに、中小国家に安価に輸出してきた。しかし1980年代に入ると、自国での使用のみならず輸出商品としても性能の陳腐化が目立つようになったため、J-7をベースにアメリカ合衆国の航空機メーカーグラマンの協力のもと、アメリカ合衆国の技術を取り入れた新戦闘機Super-7超七)を開発する計画を開始した。

ところが開始直後に発生した第二次天安門事件の余波によりアメリカはじめ西側からの技術提供が打ち切られることとなり、遅滞を余儀なくされた。

Super-7は新たにFC-1と名前を変えて開発を再開し中国第132航空廠が担当することになった。そしてパキスタン空軍からの協力でF-16の特徴を参考にし、開発を加速した。また、関係を改善したロシアのミコヤン設計局で開発を進めていた単発小型戦闘機33の開発で得られた技術がFC-1開発計画に活かされている。

FC-1は2003年9月3日に初飛行を行い、2005年に試作機4機完成にまで至っている。 試作4号機(PT-04)より性能向上のため、各種の改設計を実施した。そのなかには、現在JF-17の大きな特徴であるDSI(ダイバータレス超音速インレット)もある。

2013年6月のパリ航空ショーにおいて、複座型FC-1Bの模型が展示された。転換訓練(OCU)用の複座機であり、搭載燃料が少なくなり、フライ・バイ・ワイヤでないものの、単座型同様に実戦への投入が可能な機体を目指している。

特徴[編集]

パキスタン空軍のJF-17(2011年)

J-7の機首にあったインテークは電子機器搭載スペース拡大のため機体側面に移り、機体各部もJ-7より空力的に洗練された。大幅な改設計の結果、今までのJ-7系列とは外見が大きく異なり、主翼前部のストレーキや垂直安定板基部の処理など、むしろ、F-20に近いフォルムとなっている。そしてF-35より早く、FC-1は世界で初めてDSIを実機に装備している。

大型化・高性能化が図られた中華人民共和国国産のレーダーによって視界外攻撃能力を獲得した。エンジンロシアクリーモフRD-33の派生型RD-93の単発として、エンジンの全量をロシアから輸入している。また、操縦方式はフライ・バイ・ワイヤを採用している。

ハードポイントは7箇所となり、新型のPL-12などの中距離レーダーホーミングミサイルをはじめとした各種空対空ミサイル、および空対地空対艦ミサイル誘導爆弾や通常爆弾を搭載できる。1機1,500万ドルと比較的安価であり、共同開発相手のパキスタン空軍のみならず、発展途上国のMiG-21やF-5の代替として積極的な輸出を見込める価格となっている。

配備[編集]

購入予定の国

パキスタンは、2003年12月に中華人民共和国と購入了解覚書を交わし、2004年6月からパキスタン国内で低率初期生産が行われている。なお、パキスタン当局の2007年3月12日の発表によれば、パキスタン空軍には既に2機のFC-1(JF-17)が配備済みである。同発表によれば2機の配備は実戦配備ではなく飛行評価を主とするものである。そして2009年3月7日、中国は42機をパキスタンに売却し、同国と共同生産を進める契約に調印した。中国紙、環球時報(3月10月付)によると、パキスタンは将来的に計250機まで増やす計画だという[1]

パキスタンは人民解放軍空軍にも同機が配備されることを望んでいるとされるが、ハイ・ローミックスのロー側を担う殲撃10型が既に量産体制に入っているため配備されるかどうかは未定である。

また、アゼルバイジャン空軍も装備品の近代化の一途としてパキスタンからJF-17の購入を計画しており、24機(一説には26機)が導入される予定であり[2][3]、2009年の時点で既に4機導入している[4]。この他、スーダンが12機のJF-17を購入する交渉を行っているとされる[5]ジンバブエも12機のJF-17を導入するとされたが、2014年現在未だ実現していない[3]

前出の環球時報の記事は、パキスタンの軍事アナリストの話として、北朝鮮アゼルバイジャンタンザニアなど、世界で1,500機の需要があるという見通しだと伝えている。約300機程度を中東・アフリカ諸国に輸出したいとされている。

評価[編集]

パキスタン空軍高官によると、2001年アフガン空爆を支援した見返りにアメリカから導入したF-16A/Bよりも高性能であると評価されている[6]。 また、本機はSu-30MiG-29にも対抗し得るとも言われている。(年間飛行時間が200時間もあるパキスタン空軍のパイロットの腕を加味した可能性あり)(参考;新浪軍事 梟龍性能深度分析

仕様 (JF-17 / FC-1)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • JL-9 - J-7の複座練習機型であるJJ-7を基にサイド・エアインテーク化した複座練習機。よってJ-7を基にサイド・エアインテーク化したFC-1の従兄弟と言える。機体サイズもほぼ同じ。