Il-28 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Il-28の基本型(ポーランド空軍使用機)

Il-28(イリューシン28;ロシア語:Ил-28イール・ドヴァーッツァチ・ヴォースィェミ)は、ソ連航空機設計機関であるイリューシン設計局が開発した中型のジェット爆撃機である。DoDが割り当てたコードネームはIl-28がType 27、Il-28UがType 30北大西洋条約機構 (NATO) の用いたNATOコードネームでは、「ビーグル」("Beagle")と呼ばれた。

概要[編集]

Il-28の原型機が初飛行したのは1948年7月8日である。1949年にソ連空軍に引き渡された。機体の特徴として、大きなエンジンが主翼に直接埋め込まれた双発レシプロ機のような形状をしていることである。パイロットは胴体上面に張り出したキャノピー部のコックピットに操縦士が搭乗し、航法士と爆撃手は機首部にある風防部分に搭乗していた。このレイアウトは第二次世界大戦中の中型爆撃機と類似していたが、そのほかには様々な技術が導入されていた。

尾翼は35度の後退翼を取り入れている。エンジンは、初期量産型ではイギリスロールス・ロイス ニーンのソ連生産版であるクリーモフ RD-45を、後の量産型ではRD-45の改良型であるクリーモフ VK-1を装備した。

爆撃兵装は胴体内の爆弾倉に搭載し、標準爆弾搭載量は1000 kgから3000 kgである。

Il-28は世界の多くの国に輸出されていた。ソ連側諸国が結成していたワルシャワ条約機構の加盟国のほか、アフリカ諸国にも輸出されており、中国においても轟5・H-5としてライセンス生産された。

1965年11月11日中国人民解放軍所属のIl-28のパイロットが台湾に亡命飛行し、乗員1名は追撃機による攻撃で死亡したが、乗員2名は台湾に到着した。かれら2人にたいして台湾当局は「反共義士」として表彰し、2名に金塊35kgずつを与えたという。

ソ連では1960年までに3000機程で生産を終了したが、中国では最近まで生産を続けていた。現在では中国でも退役し、北朝鮮で少数が戦術爆撃機として現役である。

またアルバニア空軍でも使用されていたが退役し、西側にも広く公開されて有名であったルーマニア空軍のH-5も、偵察型・複座型を含め全機が退役している。

Il-28の活動[編集]

2006年12月の日本のテレビ局のフジテレビの報道によれば、北朝鮮が軍事境界線近くの空軍基地に核弾頭を搭載したIl-28を実戦配備しているのではとする憶測があることを指摘した。 また、2008年10月8日黄海の演習でスティックス改良型と見られる空対艦ミサイルの発射を行うなど北朝鮮においては、2013年現在もH-5と推測される機体が実戦配備されている[1]

派生型[編集]

  • Il-28 - 爆撃機型
  • Il-28R - 偵察機型
  • Il-28T - 雷撃機
  • Il-28P - アエロフロートの航空郵便機
  • Il-28U マスコット - 練習機型
  • H-5(轟五) - 中国のライセンス生産爆撃機
  • HJ-5(轟教五) - 中国製練習機
  • H-5RもしくはHZ-5(轟偵五): 中国製長距離写真偵察機
  • HD-5(轟電五) - 中国製電子戦機
  • HG-5(轟干五) - 中国製電子妨害機
  • H-5 Testbed - 中国製練習機
  • B-5 - H-5の海外輸出型
  • B-228 - チェコスロバキア空軍における名称

使用国[編集]

民間[編集]

軍用機[編集]

要目[編集]

Il-28の三面図
  • 乗員: 3 名
  • 全幅: 21.45 m
  • 全長: 17.65 m
  • 高さ: 6.70 m
  • 翼面積: 60.80 m2
  • 機体重量: 12,890 kg
  • 最大離陸重量: 21,200 kg
  • エンジン: クリーモフ設計局 VK-1 遠心式ターボジェットエンジン × 2
  • 推力: 2,700 kg × 2
  • 最大速度: 876 km/h
  • 巡航速度: 770 km/h
  • 航続距離: 2,400 km
  • 武装: NR-23 23 mm機関砲 × 3、兵装3,000 kg(最大)

出典[編集]

  1. ^ “北の基地、旧式爆撃機ズラリ.戦闘姿勢誇示か”. 産経ニュース (産経新聞社). (2013年4月12日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130412/kor13041219330005-n1.htm 2013年4月13日閲覧。 

外部リンク[編集]