Il-38 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Il-38

Il-38 ソビエト軍の機体1986年の撮影

Il-38 ソビエト軍の機体
1986年の撮影

イリューシン Il-38ロシア語: Ильюшин Ил-38NATOコードネーム:メイ、May(5月の意)は、ソビエト連邦イリユーシン設計局で開発されたターボプロップ哨戒機である。

概要[編集]

原型となったのは4発ターボプロップ旅客機Il-18で、後に対潜哨戒機として生まれ変わった。これは奇しくも米国P-3 オライオンと軌を一にしている。

Il-38の存在は1970年に西側にも知られたが、実際は1967年から量産されていた。旧ソ連時代には北大西洋バルト海を哨戒していたが、時にはイエメンリビアシリア等の中東にも派遣され、地中海紅海インド洋にも姿を見せた。近年では日本近海にも姿を見せ航空自衛隊機によるスクランブルが行われている。

輸出はインド海軍のみに終わっている。

機体[編集]

Il-38では真円断面の胴体は原型の旅客機Il-18と基本的に変わらないが、重心位置の変化に伴い主翼が前よりに取り付けられている。胴体後端にはMADのブームが、機首下面にはマッシュルーム形のレドームが張り出し、機体各所にESM等のアンテナが見える。

主な武装は対潜ホーミング魚雷爆雷機雷で、主翼キャリースルー前後の兵装ベイにソノブイとともに収容するが、Kh-35(NATOコードネーム AS-20 カヤック)空対艦ミサイルを翼下に搭載することも可能。

型式[編集]

Il-38
標準型
Il-38N
現在配備中の改良型

採用国[編集]

ロシアの旗 ロシア

ソ連からの引継ぎ機をロシア海軍が運用。

インドの旗 インド

インド海軍。5機採用。

性能諸元[編集]

Il-38 4面図

※使用単位についてはWikipedia:ウィキプロジェクト 航空/物理単位も参照

  • 全長: 39.60 m
  • 全幅: 37.42 m
  • 全高: 10.16 m
  • 主翼面積: 140 m2
  • 自重: 33,700 kg
  • 全備重量: 63,500 kg
  • 発動機: イフチェンコAI-20M(en) ターボプロップエンジン (4,250 shp)×4
  • 最大速度: 650 km/h
  • 航続距離: 9,500 km
  • 実用上昇限度: 10,000 m
  • 乗員: 10 名
  • 武装: 爆雷、魚雷など(9,000 kgまで)、Kh-35空対艦ミサイル
  • レーダー: ウエットアイ水上捜索レーダー。ベルクート洋上捜索レーダー。

参考文献[編集]

  • エアワールド1995年6月別冊「世界の軍用機年鑑1994~95」(エアワールド)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]