Il-76 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イリューシン Il-76

Il-76TD

Il-76TD

Il-76(イリューシン76;ロシア語:Ил-76イル・シェミジシト・シェスチ)は、ソビエト連邦イリューシン設計局の開発した大型ジェット輸送機である。北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームでは「キャンディッド」(Candid:率直な、誠実な、の意)。

概要[編集]

Il-76は冷戦下の1967年に開発が始まった機体で、6時間以内に5,000kmの距離を40tの貨物を運搬し、短く整備されていない滑走路でも使用でき、さらに飛行機が飛ぶ上では気象条件が最も悪い冬季のシベリア北極地域でも運用できるという条件を満たすことが求められていた。

開発[編集]

イリューシンの構想の基本的なレイアウトはアメリカ合衆国ロッキードC-141 スターリフターと酷似していたが、それよりもはるかに機体サイズも大きくエンジンも強力であった。1971年3月25日に初飛行が行われた。

胴体延長型で輸送力の大きいIl-76MFは試作機が1995年8月1日に飛行したが、1997年頃にロシア空軍の緊縮予算のためにIl-76TFとともに生産不可能になった。民間用として近代化されたIl-76TD-90VDの開発は2004年から開始し、 ヨーロッパの騒音制限を満たすためにエンジンにPS-90を採用した。

2005年に中華人民共和国から30機のIl-76MDと8機のIl-78空中給油機が発注され、ウズベキスタンタシュケントの工場にあった仕掛りの16機を完成させた。現在ではタシュケントで生産中である。またタシュケントの工場の協力の下ウリヤノフスクの新しい工場でも生産されている[3][4][5][6]

2012年7月5日に、グラスコックピットやデジタル装備等が搭載されている改良型が実験に引き渡された。

運用[編集]

Il-76は40t以上の積載能力のあるジェット貨物機としては最も広く使われており、世界の救援物資の90%を空輸している。その能力が買われて南極でも物資輸送に運用されている。南極で運用されるロシア機としては他にもAn-2などがある。

2005年8月ハリケーン・カトリーナによる災害の際には初めてロシアからの救援機としてIl-76が北アメリカに飛来し、ニューオーリンズリトルロックに3回に分けて延べ6機が援助物資を輸送した。またインドからもIl-76が飛来している。

また消防飛行機としても多くの国での実績を積み重ねている。Il-76Pは比較的簡単に改造できる消防飛行機として1990年に発表された。VAP-2型給水タンクを1時間30分で取り付け、取り外しが出来、約40tの水を運搬できる。これはC-130の2.5倍の容量である。

構造[編集]

機体は高翼構造である。また4発のターボファンエンジンを主翼にパイロンで吊るす方式をソ連の大型航空機では最初に導入した機体でもある。機首下面には操縦席とは別の窓があり、ここには航空航法士が乗る。イリューシン76最大の特徴である。

派生型[編集]

Il-76には、輸送機型をはじめ空中早期警戒機空中給油機など汎用的な派生型が存在する。また尾翼付近に銃座を設置した軍用型のほか、貨物輸送用の民間型も存在する。なお、尾部銃座を設置しているものの、通常は機銃を取り外して運用されている軍民共用型も存在する。

Il-76T
IL-76MD
Il-76
最初の基本生産型
Il-76T
1978年11月4日に初飛行した最初の派生型。「キャンデットA」
Il-76D
空挺師団向けに製作された軍用輸送機。尾翼付近に23mm砲を装備
Il-76M
軍用輸送機
Il-76MD
軍用輸送機
Il-76TD
MDの民間向け改良版。1982年初飛行
Il-76TD-90VD
PS-90エンジンを採用しグラスコックピットを部分的に装備したもの。
Il-76MF
エンジンをPS-90に換装し、胴体を6.6m延長して最大離陸重量210t、搭載重量を60tに増やした改良版軍用輸送機。1995年に試作機が飛行したが量産されていない。
Il-76TF
MFの民間向け、PS-90エンジンを採用し胴体を延長したもの。かつての西側諸国での騒音規制に対応しているが量産されていない。
Il-76P
消防航空機で消火剤タンクキットを装備し、約40tの水を搭載して火災現場に投下可能。TベースのTPのほか、TDベースのTDPが最新型として用意されている。
Il-76TD-S 
移動診療所機
Il-76PP
MDベースの電波妨害機
Il-76-SKIP
Kh-55巡航ミサイルのテストベッド機

空中給油機型はIl-78(NATOコードネーム:Midas(マイダス))と別途呼ばれているが、基本形はほぼ同じである。

性能[編集]

Ilyushin Il-76.svg
Il-76M Il-76TD Il-76MF
全長 46.59 m 53.19 m
翼幅 50.50 m
翼面積 300 m²
アスペクト比 8.5
翼面荷重 最小 (機体重量): 307 kg/m²
最大 (最大離陸重量): 567 kg/m²
最小 (機体重量):307 kg/m²
最大 (最大離陸重量): 633 kg/m²
最小 (機体重量):347 kg/m²
最大 (最大離陸重量): 700 kg/m²
全高 14.76 m 14.45 m
非搭載時重量 92 t 104 t
最大離陸重量 170 t 190 t 210 t
最大積載量 40 t 48 t 52 t
胴体最大直径 4.80 m
貨物部幅 3.46 m
貨物部全高 3.40 m
貨物部全長 20 m 25.75 m
エンジン ソロビョヨーフ D-30KP×4
それぞれの推力 118 kN
ソロビョヨーフ D-30KP シリーズ 2×4
それぞれの推力 122 kN
ソロビョヨーフ PS-90A-76×4
それぞれの推力 142 kN
最大速度 850 km/h
巡航速度 750 km/h 800 km/h
進入速度 220 km/h 240 km/h
最大高度 15,500 m
巡航高度 9,000 m 12,000 m 13,000 m
航続距離 5,000 km (40 t積載時)
4,200 km (最大積載時)
5,400 km (40 t積載時)
4,400 km (最大積載時)
6,300 km (40 t積載時)
5,800 km (最大積載時)
離陸滑走距離 850 m 1,700 m 1,800 m
着陸滑走距離 450 m 1,000 m 990 m
初飛行 1978年3月24日 1982年5月5日 1995年8月1日
生産機数 242機(164機が現役) 不明

採用国[編集]

軍用型[編集]


民間型[編集]

  • AirBridge Cargo
  • Silk Way Airlines,UNHAS
  • Kosmas Air


旅客機としての運用[編集]

2000年12月頃から、イラク航空は、IL-76の機内に座席を設置して旅客型に換装し、バグダッド-バスラ間に就航させた。また、シリア・アラブ航空も、ダマスカス-ジェッダ間に、ハッジ・フライトのために旅客型IL-76を就航させたことがある。[7]

そのほか[編集]

日本へのIl-76の飛来は、ロシアなどの貨物航空会社などが多い。また北朝鮮の高麗航空のIl-76も秋季になるとマツタケ輸送のために名古屋空港へ飛来することがあったが、高麗航空が保有しているIl-76が旧式で環境基準に適合しなくなったため2002年以降は行われなくなった。

脚注[編集]

  1. ^ Ilyushin beriev IL-76 Candid (Gajraj)”. Indian-military.org. 2011年7月7日閲覧。
  2. ^ Butowski, Piotr. Iliuszyn Ił-76 powraca. Lotnictwo nr. 9/2004, p. 28-32 (ポーランド語)
  3. ^ Поставки транспортников Ил-476 заказчикам начнутся в 2012 году - ВПК.name”. Vpk.name. 2010年11月6日閲覧。
  4. ^ photo №14554 || Ilushin Il-476 || (c) Dmitry Kanunnikov”. russianplanes.net. 2010年11月6日閲覧。
  5. ^ photo №14553 || Ilushin Il-476 || (c) Dmitry Kanunnikov”. russianplanes.net. 2010年11月6日閲覧。
  6. ^ photo №19388 || Ilushin Il-476 || (c) Dmitry Kanunnikov”. russianplanes.net. 2010年11月6日閲覧。
  7. ^ 旅客型IL-76について

関連項目[編集]

  • Y-20 - 中国人民解放軍空軍がIl-76を参考に開発した新型国産大型輸送機

外部リンク[編集]