J-20 (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

J-20(殲撃20型、-20)
Chengdu J-20

想像図

想像図

J-20は、中国航空工業集団公司が、中国人民解放軍空軍のために試作中の、第5世代双発ステルス機である。

中国語では殲-20-20、ピンイン:Jiān-20)または殲撃20型と呼び、欧米メディアではChengdu J-20とも表記される。「殲撃」の発音は「チエンチー」に近い。Chengdu(成都)は、テスト飛行場を所有する成都飛機工業公司または所在地の四川省成都が由来。J-20という名称はメディア報道によるもので正式名称はまだ不明である。1号機と見られる機体の機首に書かれた2001をJ-20の01号機とする解釈には一応の合理性があるが、中国当局は公式に肯定も否定もしていない。開発時のコードネームを「鯤鵬」(こんぽう=伝説上の巨鳥)とする報道もある[2]

正式な愛称ではないが、J-20を含むJ-XXとして開発された機体のいくつかは、中国の軍事マニアからは「絲帯(絲帶/丝带リボンの意)」と呼ばれている。これは第5世代機の中国での呼び方である四代機(四代机)の「四代」と「絲帯」の発音が類似すること(四代はsìdài、絲帯はsīdài)と、これらの機体の胴体が薄く平らな印象を与えることに由来している。

概要[編集]

J-20は、1990年代にコードネームJ-XXとして開発されたステルス機の1つで、第5世代とされる。#2001および#2002と呼ばれる2つのプロトタイプ2010年末までに製作された[3]。成都市の成都飛機工業公司テスト飛行場敷地内で飛行を伴わない地上走行が確認されたとされ[4][5]、また、その容姿は2010年年末に非公式の軍事関連のウェブサイトにJ-20のものと思われる画像が掲載されたことで明らかになった[4]2011年1月11日に初飛行に成功したと公表された。

中国空軍首脳は2009年時点において、中国初のステルス戦闘機がまもなくテスト飛行の段階に入ると述べており、その8-10年後に配備されるであろうとしていた[4]

1999年コソボ紛争で撃墜されたF-117の残骸から得られたステルスの技術情報を転用した可能性があるとする報道もある[6]

2012年3月11日付英サンデー・タイムズ紙によると、中国のハッカーBAEシステムズコンピューターに侵入し、1年半に渡ってF-35に関する情報を盗んでいたと報じた[7]

設計[編集]

三面図

J-20とされるプロトタイプの機体は、ロシアスホーイPAK FA(T-50)や、アメリカロッキード・マーティンF-22 ラプターより一回り大きく見え、エンジンはロシア提供によるサトゥールン117S(AL-41F1Sターボファンエンジン2基を搭載している可能性を欧米メディアは伝えている[8]。しかし写真を見る限り排気ノズルには推力偏向機構は付けられていない。

戦闘機年鑑2013-2014によるとエンジンは試作初号機ではサトゥールン117Sターボファンが使われていると見られる。また、中国では殲撃20型用の新ターボファンエンジンWS-10Gを開発しており、試作2号機にはそのエンジンが付けられているという。

「Aviation Week」にて航空専門家のビル・スィートマン氏によると、2機のプロトタイプは排気ノズルの形状の違いから、ひとつはAL-31Fでもうひとつは中国製のWS-10英語版だという[9]

機首の断面はF-22に似た菱形に近い形状だが、エア・インテークの形状はF-22と違い、F-35のようにDSI(ダイバーターレス・スーパーソニック・インレット)方式を採用している。DSI方式のインテークはアメリカが1996年F-16を改造してテストした技術[10]であり、後にF-35に採用されたものであるが、最初に量産された機体は中国とパキスタンが共同開発したFC-1である。その後中国ではJ-10Bや改修されたJL-9と次々新型機に採用されており、近年の中国機の特徴の一つとなっている。DSI方式のインテークはステルス性に優れているが、実際に採用したF-35やFC-1の最高速度がM1.7とM1.8だった事もあり、高速時のエンジン効率が下がると言われている。しかしF-16のテスト機で試験した時、旧式のダイバーター方式を採用した通常のF-16と同じ最高速度M2.0を達成し、通常の機体と同じ飛行性能を発揮[10]しており、実際にどれほど飛行性能や速度に影響があるかは不明である。

J-20は翼はカナードと後縁に緩い前進角を持つデルタ翼に近い主翼を組み合わせたクロースカップルドデルタ翼を採用している。タイフーンラファールなど、欧州機によく見られる形式であり、中国機でもJ-10が用いているが、実用化した機体の多くは単垂直尾翼で、外側に傾斜した小さめの双垂直尾翼およびベントラルフィンとの組み合わせはミコヤンの試作した1.44に近い[11]

また、ステルス性のために、垂直尾翼およびベントラルフィンの傾斜は胴体側面の角度と等しくなっている。カナードと垂直尾翼は全遊動式であり、垂直尾翼は90度近くまで作動することからYF-23の尾翼と同様にエアブレーキの機能を持つと見られる。しかし、カナード翼を持つことからステルス性を最大限発揮できるかは疑問だという意見もあるが、エアパワーオーストラリア英語版によるJ-20の模型に対する9種類の異なる波長のレーダー測定を行った実験では、動かさない限りカナード翼や全遊動尾翼によるステルス性への悪影響は指摘されていない。しかし現在のエンジンノズルの形状は好ましくなく、完成機がF-22のような二次元ノズルを装備すれば真のVLO性能(超低被発見性)を手にするだろうと結論付けた[12]

搭載する電子機器についても全く不明だが、J-20用にタイプ1475(KLJ5)という、アクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーが開発されているようだ。また、コックピットは完全なグラスコックピットになっているという。キャノピーは一体式でF-22と同様に後ろヒンジ式で開く。操縦系統は、3軸安定式4重デジタルフライ・バイ・ワイヤと見られている[13]

高速タキシー試験の写真では、その制動にドラッグシュートを使用している。ドラッグシュートは、後部胴体中央にある。また、主脚扉の前縁部には細かなぎざぎざがあり、これもステルス性を重視している一つの証と言えよう[13]

オーストラリアの国防専門家であるカーロ・クーパーとピーター・ガンの性能予測では、機体の大きさはF-111(全長22.4m)並の大型機とされ、高い空戦能力の他、対地対艦攻撃能力も備えており、FB-22のような戦闘爆撃機や、多様な任務を遂行可能なマルチロール機とされる。兵装は機内収納式であり、各種ミサイルの他、「雷霆レーザー誘導爆弾」・「飛騰GPS誘導爆弾」・「雷石滑空誘導爆弾」などの運用能力があるとされる。また、衛星攻撃兵器も発射可能とされる。戦闘行動半径は1,800km程と長大とされる。超音速巡航能力があり、主翼後退角は43度以上で超音速飛行に有利とされる。Xバンド・レーダーに対するステルス性を特に重視しているとされ、その実力(RCS値の小ささ)はF-35やT-50以上とされる。ただし、上記も含め2011年1月時点で出されている性能予測は、全て僅かな情報を基にした単なる推測であり、なんら具体的な根拠のあるものではない。米国防総省のモレル報道官は2011年1月26日の会見で、過熱ぎみな脅威論に懐疑的な見方を示し、コソボで撃墜されたF-117の技術を盗用したとする報道にも否定的な見解を示した[14]

チャイナネットでは、全長66フィート(20.12m)としている。

要目(推定値)[編集]

ソース[15]

  • 乗員:1名
  • 全幅:13.0m
  • カナード翼幅:7.1m
  • 全長:22.0m(機首ブローブを含む)/20.7m(機首ブローブを除く)
  • 全高:4.7m
  • ホイールベース:6.7m
  • ホイールトラック:3.6m
  • 主翼面積:64.5m^2
  • カナード翼面積:7.8m^2(合計)
  • 垂直安定板面積:8.9m^2(合計)
  • 空虚重量:17,000kg
  • 最大離陸重量:36,300kg
  • エンジン:サトゥールン117S(アフターバーナー使用時142.2kN級)
  • 最大速度:マッハ1.8
  • 実用上昇限度:20,000m
  • 戦闘航続距離:1,080nm
  • 最大航続距離:2,970nm

模型[編集]

初飛行が報じられてから4か月余り後の2011年5月に、香港の模型メーカードラゴンモデルズから1/144スケールのプラモデルが発売された。細部の省略が可能な小型モデルとは言え、ネット上に地上テストの映像がリークされてからでもほぼ5ヶ月という短期間で射出成形キットが発売されるのは極めて異例であり、メーカーはメディアの公開以前からキット開発をスタートしたとしている。キットの形状は公開されている写真と大きな相違はなく、胴体下面には写真ではかすかにしか確認できないウェポンベイ[16]が筋彫りで表現されている。キットの大きさは長さがピトー管を含まずに153mm、幅が93mm程で、144倍するとそれぞれ22.0m、13.4mとなる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村山祐介、峯村健司(北京) (2011年1月11日). “中国軍ステルス機が試験飛行 胡主席も知らされず?”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/international/update/0111/TKY201101110447.html 2011年1月12日閲覧。 
  2. ^ 文林堂 月刊「航空ファン」2011年4月号
  3. ^ “J-20 – Denial Is Not An Option”. Aviation Week(英語). (2010年12月28日). http://www.aviationweek.com/aw/blogs/defense/index.jsp?plckController=Blog&plckBlogPage=BlogViewPost&newspaperUserId=27ec4a53-dcc8-42d0-bd3a-01329aef79a7&plckPostId=Blog%3a27ec4a53-dcc8-42d0-bd3a-01329aef79a7Post%3a1a18ec63-5bf5-471c-9997-9f0bd783d131&plckScript=blogScript&plckElementId=blogDest 
  4. ^ a b c “中国が新型ステルス戦闘機完成か”. ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版. (2011年1月5日). http://jp.wsj.com/World/China/node_166734 
  5. ^ 峯村健司(中国四川省成都) (2011年1月6日). “中国次世代ステルス戦闘機、姿現す 試作機で滑走テスト”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/international/update/0106/TKY201101060464.html 2011年1月7日閲覧。 
  6. ^ 共同通信 (2011年1月24日). “米のステルス技術を盗用か 中国の戦闘機「殲20」”. 47NEWS(よんななニュース) (全国新聞ネット). http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012401000123.html 2012年1月28日閲覧。 
  7. ^ “中国ハッカーがF35のデータ盗む 英日曜紙報道”. 産経新聞. (2012年3月11日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120311/erp12031117140007-n1.htm 2012年3月11日閲覧。 
  8. ^ China's Fifth Generation Jet Fighter Exposed. DefenseUpdate.com 2010年12月27日(英語)
  9. ^ WS-15だという資料もある
  10. ^ a b Hehs, Eric (2000年7月15日). “JSF Diverterless Supersonic Inlet”. Code One magazine. Lockheed Martin. 2012年4月30日閲覧。
  11. ^ Chengdu J-XX (J-20) Stealth Fighter Prototype / A Preliminary Assessment” (英語). Air Power Australia (2011年1月3日). 2011年1月6日閲覧。
  12. ^ A Preliminary Assessment of Specular Radar Cross Section Performance in the Chengdu J-20 Prototype” (英語). Air Power Australia (2011年7月4日). 2013年4月3日閲覧。
  13. ^ a b 青木謙知 『戦闘機年鑑』 『Jwings』特別編集、イカロス出版、2011年4月、2011-2012年度版。ISBN 978-4-86320-402-7
  14. ^ 村山祐介(ワシントン) (2011年1月27日). “中国ステルス「やや大げさ」 脅威論に米国防総省報道官”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/world/china/news/TKY201101270379.html 2011年1月27日閲覧。 
  15. ^ 青木謙知 『戦闘機年鑑』 『Jwings』特別編集、イカロス出版、2013年3月、2013-2014年度版。ISBN 978-4-86320-703-5
  16. ^ -20_百度百科(中国語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]