制空戦闘機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

制空戦闘機(せいくうせんとうき、Air superiority fighter)とは、戦闘機のうち特に制空権の確保を主任務とする、対戦闘機戦闘に主眼をおいて設計された機体の事である。古くは「征空戦闘機」と呼ばれた事もある。日本海軍では昭和18年から、このような空戦性能と航続距離を重視し対戦闘機戦闘を主任務とする単座戦闘機を「甲戦闘機」(甲戦)と呼んだ。

「制空権」(air supremacy)という言葉自体は最近では使われなくなり、「航空優勢」(air superiority)という言葉に換えられているが、「制空戦闘機」を「航空優勢戦闘機」と言い換えられる動きは無い。英語では逆に"Air superiority fighter" と表記され、"Air supremacy fighter" とは表記されない。

現代においては戦闘機の多用途化(戦闘爆撃機マルチロール機の種類の増加)が進み、純粋な制空戦闘機はなくなりつつある。

制空戦闘機の誕生[編集]

航空機が初めて戦争に用いられたのは、第一次世界大戦である。戦争初期、航空機は戦闘力を持たず敵地偵察に使われただけであった。最初期は、お互いに攻撃手段を持たず、敵偵察機に対し、そのまますれ違ったり、敬礼していたパイロットもいたようであった。 しかし、航空偵察の効果が上がり始めると、敵偵察機の行動は妨害する必要性が出てきた。やがて、偵察機同士でピストルを撃ち合ったり、石やレンガを投げ合うようになった。空中戦の始まりである。

しかし、本来戦闘用ではない偵察機同士で戦っても余り効果は期待できない。そこで、固定武装を持ち、機動性に優れた空戦専用機、戦闘機が誕生した。当然の事ながら敵偵察機を妨害・撃墜するのみならず、味方偵察機および自らを守るため敵戦闘機を撃墜する事も、必須の能力であった。戦闘機の誕生が、イコール制空戦闘機の誕生であり、両者は当初は同じものであった。

その後航空機の発達に伴い、地上・海上攻撃および爆撃も航空機の任務になり、攻撃機爆撃機といった機種が生まれた。それらを撃墜するための要撃機、護衛するための護衛戦闘機、あるいは戦闘機でありながら自らも攻撃・爆撃を行う戦闘攻撃機・戦闘爆撃機といった、多くの種類の戦闘機が生まれた。その中で制空戦闘機も、戦闘機の一種となるのである。むろん全ての戦闘機が単一の任務を行う訳ではなく、複数の任務をこなす戦闘機も数多く存在する。

対戦闘機戦術と必要な性能[編集]

ドッグファイト(巴戦)
敵戦闘機の背後に付けば自らは相手から攻撃を受けることはなく、自らは相手を攻撃できる有利なポジションに付くことになる。互いに攻撃に有利なポジションを取ろうと争って空中を飛行し、相手戦闘機の背後に回り込んで銃撃あるいはミサイルを発射するなどの攻撃を行う航空機による空中戦闘の事。特に初期の赤外線誘導空対空ミサイルの場合、後方のジェットエンジンの排気熱を追跡するため、敵機の背後に回り込むのは必須であった(現代の赤外線ミサイルは、敵機の前方ないし側面を撃っても、エンジンの熱を追跡する事が可能である)。
この能力のために必要なのは、高い運動性である。旋回半径を小さくする事、あるいは旋回率を高める(より短時間で旋回する)事が求められる。高い運動性を得るための手法として一般的なのは、翼面荷重を小さくする事である。機体の重量をできるだけ小さく、主翼面積をできるだけ大きく取るのである。あるいは翼幅荷重を小さくする事である。機体の重量を小さくするのは同じであるが、主翼の幅をできるだけ広く取るのである。
ただしそれらは、機体の安定性と運動性のバランスを保った上で、運動性を高める手法である。近年はCCV技術によって、機体の安定性を切り捨てて(コンピューターの補正により安定性を保つ)運動性を高める手法が確立している。
また、縦方向の旋回性能を高めるには、高い上昇能力も必要である。こちらは機体重量に比べて、エンジン出力を高める事が必須になる。
一撃離脱戦法
敵機を発見したら敵に気付かれないようにその上空に回りこみ、そこから一気に急降下して敵を奇襲攻撃し、敵が反撃する前に高速で離脱すると言う戦法である。ドッグファイトに比べて、格闘戦より技量を要求されない・敵への攻撃効率が高い・味方の損害が少ないなどのメリットがある。この能力のために必要なのは、高速・重武装・急降下性能である。もちろん高い上昇能力も必要であり、これはドッグファイトの場合と共通である。
ミサイル戦闘
戦闘機にミサイル搭載が必須の時代になると、当たり前だがミサイルの性能が空戦能力を左右するようになる。射程距離が長い事、命中率が高い事はもちろんだが、それ以外にも勝敗を分ける要素が存在する。
赤外線誘導ミサイルの場合は、太陽や赤外線欺瞞装備と目標を誤認しない事が、重要な性能になる。また、できるだけ多方向から敵機の熱を追跡する性能も重要である(前述の通り、初期の赤外線誘導ミサイルの場合、敵機の背後に回り込んで撃つ必要があり、大きな制約となった)。
レーダー誘導ミサイルの場合は、アクティブ・ホーミング(ミサイル搭載のレーダー自体が電波を照射する)か、セミアクティブ・ホーミング(戦闘機のレーダーが電波を照射して、ミサイルのレーダーは反射波を感知するのみ)かが、大きな要素となる。セミアクティブ・ホーミングの場合、戦闘機は目標物に絶えずレーダー波を照射する必要があり、その間は回避行動が取れず、取ってしまった場合は放ったミサイルの命中が期待できなくなる。アクティブ・ホーミングであれば、目標に対してミサイルを撃った後は、戦闘機は自由に行動ができる(ファイア・アンド・フォーゲット)。後者のほうが空戦には圧倒的に強い。
先制攻撃
敵機が自機を発見して攻撃するよりも早く、自機が敵機を発見して攻撃する事ができれば、空戦では勝利する。第二次世界大戦以前はパイロットの目視の能力に左右された。そのため視界のよいキャノピーの構造が、制空戦闘機には求められた(ドッグファイトや一撃離脱の際に敵機を見失わないためにも、視界のよいキャノピーは重要である)。
第二次世界大戦以降は、レーダーの能力の優劣による所が大きくなった。これは必ずしも戦闘機自身のレーダーの能力に限らず、誘導する地上基地や早期警戒管制機のレーダー能力も含めてになる。ただし制空戦闘機の場合は、味方基地のサポートが無い敵地においても、制空権を確保する場合があり、より高性能のレーダーを持つ事は必須である。
ただし高性能のレーダーは必然的に重くなり、また専門のレーダー手を必要とし、結果として機体重量を増加させ、それは運動性の悪化につながる。レーダー性能があまり高くない時代は、晴天で視界が良ければレーダーの有無は勝敗にさほど影響しないとして、レーダー性能を切り捨てて軽量化を図った制空戦闘機も存在した(印パ戦争中東戦争において、事実レーダーがあまり役に立たず、レーダー非搭載の軽量戦闘機が活躍した例がある)。
また、逆に敵機に見つかりにくい事も重要である。古くから塗装によって、見つかりにくくする工夫は行われている。最近注目されるようになったのは、ステルス性能、つまり敵レーダーに探知されにくい性能である。
地上攻撃
意外に思えるかもしれないが、実は制空権確保のためには、地上攻撃能力も重要である。つまり敵戦闘機を空戦で撃墜するのではなく、基地攻撃により破壊するのである。事実、第三次中東戦争において、イスラエルはこの方法で制空権を獲得している。もちろんそのために空戦能力を損なうのは、制空戦闘機にとって本末転倒であり、「あればなお良し」というものに過ぎない。ただし現代戦闘機は多用途化が進み、地上攻撃能力を持たない戦闘機は皆無である。

関連項目[編集]