軍用機の命名規則 (ドイツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第二次大戦期のドイツ軍用機の命名規則[編集]

1933年以来ドイツ軍航空機の命名規則は航空省(RLM)より各社に特定の番号が割り当てられた。これに製作会社を表す頭文字をつけた。番号はno.9からno.635まで知られている。他に計画機に対して「P(Projekt)-00」。試験機に対して「E(Erprobungs)-00」という番号を与え開発にあたらせた。この番号は最初から計画的に一括して各社に割り振りされたので番号の若いのが必ずしも旧式機とは限らない。また会社の都合で生産中止されたあと全く異なる機体が作られた例(Me162→He162)や個人名が付された例(主に1944年にRLMが主任設計者の名字を冠することを定めたため)がある。

製作社略号[編集]

  • Al -アルバトロス
  • Ao -アゴー社
  • Ar -アラド
  • As -アルゴス社
  • B -ベルリン
  • Ba -バッヘム社
  • Bf -バイエリッシュ・フルークツォイクヴェルケ社→(後にメッサーシュミット率いる設計チームがMe社として独立)
  • Bü -ビュッカー社
  • BV -ブローム・ウント・フォス
  • DFS-ドイツ滑空機研究所
  • Do -ドルニエ
  • Fa -フォッケ・アハゲリス社
  • Fg -Flugtechnische Fertigungsgemeinschaft Prag
  • Fh -ハレ社→(後のジーベル社)
  • Fi -フィゼラー社
  • FK -キール社
  • Fl -フレットナー社
  • Fw -フォッケ・ウルフ
  • Go -ゴータ
  • Ha -ハンブルガー社→(後にブローム・ウント・フォス社に改称)
  • HD -ハインケル
  • He -ハインケル社
  • HM -ハース航空エンジン
  • Hs -ヘンシェル
  • Ho -ホルテン兄弟(製造元はゴータ社)
  • Hü -ヒュツター社
  • Ju -ユンカース
  • Ka -アルベルト・カルカート(製造元はゴータ社)
  • Kl -クレム社
  • Li -リピッシュ(製造元はメッサーシュミット社、DFS)
  • M -バイエリッシュ・フルークツォイクヴェルケ社(メッサーシュミット)
  • Me -メッサーシュミット
  • Mü -イダフリーグ・ミュンヘン
  • NR -ナグラー・ロルツ
  • Rk -クレーマー
  • So -ハインツ・Sombold
  • Si -ジーベル社
  • Sk -スコダ社
  • Ta -クルト・タンク(製造元はフォッケ・ウルフ社)
  • We -ヴェサー社
  • Wn -トブルホフ/WNF(ウィナー・ノイシュタット)社
  • Z -ツェッペリン社

共同制作の場合両者の記号を併用する。

  • MeC -メッサーシュミット+コードロン(占領下のフランス)
  • ZMe -ツェッペリン+メッサーシュミット
  • ZSO -ツェッペリン+シュド・ウェスト(SNCASO)(占領下のフランス)