シュコダ財閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュコダ(またはシュコーダスコダŠkodaCs-Skoda.ogg 発音[ヘルプ/ファイル])は、Škoda Worksチェコ語Škodovy závody, 1859年創立)を頂点とした、オーストリア=ハンガリー帝国及びチェコスロバキア最大の財閥。本拠地はチェコプルゼニ20世紀ヨーロッパにおける最大級の工業コングロマリットでもあり、第二次世界大戦期までは各種兵器機関車鉄道車両)、飛行機自動車工作機械蒸気タービン発電所設備などを製造していた。特に1935年に制式化されたしたLT-351938年LT-38(ČKD社設計、シュコダは一部生産を担当)はドイツヒトラーによるチェコスロバキア併合後にそれぞれ35(t)戦車、38(t)戦車と呼ばれ大戦序盤は主要戦車として活躍した。

第二次大戦後にチェコスロバキアが共産主義国家化すると、民間企業の国有化政策の一環から、シュコダは一部製造部門がそれぞれ国営企業として分社化[1]された後、国営企業・Závody Vladimíra Iljiče Lenina社となった。

ビロード革命後に会社は民営化されたが、冷戦終結の余波から兵器部門の業績が頭打ちになるなどし、企業体制の再編成がなされた。現在は持株会社シュコダ・ホールディングŠkoda Holding a. s., 2000年発足)を中心とした企業体となっている。

脚注[編集]

  1. ^ この時に分社化された自動車部門は、現在シュコダ・オートとなっている。フォルクスワーゲンの100%子会社で、シュコダの名前とエンブレムを残しているが、シュコダ・ホールディングとは無関係になっている。

外部リンク[編集]