LT-35

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
35(t)軽戦車
LT vz 35 2.JPG
性能諸元
全長 4.90 m
車体長 4.90 m
全幅 2.06 m
全高 2.37 m
重量 10.5 t
懸架方式 リーフスプリング式
速度 34 km/h
行動距離 120 km
主砲 3.7 cm KwK34(t) (A-3 37.2mm)72発
副武装 7.92 mm MG37(t)重機関銃 ×2 1800発
装甲 砲塔
前面25 mm
側・後面15 mm
上面8 mm
車体
前面25 mm
側面上部15 mm
側面下部16 mm
後面16 mm
上・底面8 mm
エンジン スコダT-11/0
直列6気筒水冷ガソリン
120 馬力
乗員 4 名(Ltvz.35は3 名)
テンプレートを表示

LT-35(チェコスロバキア軍名称・ LTvz.35、ドイツ軍名称・ 35(t)戦車)は第二次世界大戦前の1935年にチェコスロバキアシュコダ社が開発・製作した軽戦車である。

概要[編集]

チェコスロバキア軍はルノー FT-17 軽戦車を装備していたが、これの旧式化を受けて1930年代中半より国産新型戦車の開発を始め、LTvz.34軽戦車を1934年に採用したが、緊迫する国際情勢から新型戦車を追加することとなった。ČKD社とシュコダ社で競作が行われ、LTvz.34の改良型を提示したČKD社に対し、シュコダ社はヴィッカース 6トン戦車を参考にした新型のS-II-aを提示した。1935年6月にこの2輌の試作車を元にテストが行われ、結果、S-II-aがLTvz.35として1935年10月30日に制式化された。なおこの決定には、シュコダ社と軍との間に政治的な裏取引があったのではないかとする説もある。

採用されたLTvz.35は最初に160輌が発注された。この際、カルテルに基づきライバルメーカーであるČKD社にも生産数の半分が委託されている。1937年に138輌が追加発注され、約300輌がチェコスロバキア軍に納入された。またルーマニアなどの東欧諸国にも納入された他、イギリスソ連も購入や国産化を検討したが、ドイツの介入や契約未締結で実現しなかった。

1938年からドイツにより段階的に行われたチェコ併合により、LTvz.35の多くがドイツ軍に接収された。1939年3月の段階でチェコスロバキア軍で保有していたLTvz.35は297輌で、そのうちの219輌がドイツ軍に接収された。本車にはチェコ製を意味する形式記号(t) (ドイツ語ではチェコの頭文字はcではなくt)を与えられ、35(t)戦車Pz.Kpfw.35(t))と呼ばれた。LTvz.35では砲塔の乗員が戦車長のみで、砲塔からチェーンで吊られたサドルに腰掛け、指揮と装填・射撃を一人でこなさなければならなかったが、35(t)では装填手が追加され、パイプフレームに付けられたシートに腰掛けるように変更された。これで戦闘力が向上した反面、内部スペースが減少したため、搭載弾薬は減らされている。無線機もチェコ製のvz.35からFu.2及びFu.5に変更された。変速機構は前後とも6段ずつで、ブレーキ機構と共に独自の空気圧式を採用している。この機構は同時代の戦車に比べ操作を軽く容易にするものであったが、構造が複雑であり、生産初期にトラブルを頻発している。足回りはリーフスプリングのボギー式で、信頼性が高く履帯の寿命も長かった。

本車は質・量共に力不足であった第二次世界大戦開戦初期のドイツ軍にとって貴重な戦力となり、本来訓練用であったI号戦車II号戦車よりも兵士たちに好評であった。なお前面装甲は25mmと同時期のドイツ製軽戦車より厚かったが、操縦手と無線手の視察用バイザー(ドイツ語でクラッペ)はずっと薄いスリット付き装甲蓋の裏に50mm厚の防弾ガラスがはまった構造になっている。またリベット結合であるため、被弾の際にそれが車内に飛び散って乗員に被害をもたらす危険性があった。

開戦以来多くの戦いに参加し続け、1941年夏のバルバロッサ作戦にも投入されたが、その冬の東部戦線では寒さにより空気圧式の変速およびブレーキ機構に作動不良が頻発し、問題となった。

LTvz.35は第二次世界大戦初期の軽戦車としては、当初信頼性に問題があったものの比較的優れた軽戦車であると評価されているが、1941年頃にはドイツ軍の第一線装備としての役割を終え、砲牽引車輌に改造されるなどした。また輸出型は同盟国で使われ続けた。

戦史[編集]

LTvz.35はチェコスロバキア陸軍で用いられ、1938年9月にズデーテン地方ヘンラインの暴動鎮圧の際に実戦を経験している。

ドイツ軍の装備となった35(t)戦車は、第1軽装甲師団(後の第6装甲師団)に配備され、1939年のポーランド侵攻に参加した。しかしこの時、たった1輌のTKSの待ち伏せによって13輌もの損害を出している。続く1940年のフランス侵攻では第6装甲師団の他、第3SS装甲師団の偵察大隊にも配備されていたが、同隊の6輌全てが作戦終了時までに失われている。

1941年のソ連侵攻では149輌の35(t)戦車(うち11輌は指揮戦車)が第6装甲師団に配備されていたが、開戦早々KV-1KV-2を装備する敵に遭遇し手も足も出ず、40輌を失った。その後T-34が出現し完全に性能不足となって損害を重ね、1941年12月10日までに全車を損耗した。

バリエーション[編集]

LTvz.35
基本形式(37mm A-3砲装備)。
LTvz.35 (A-7砲)
38(t)と同じ優秀な37mm A-7砲を装備した輸出版。
35(t)戦車
Pz.Kpfw.35(t)
ドイツ軍に接収された車両。砲塔に装填手用のスペースを追加して、乗員が1名増やされている。
35(t)指揮戦車
Pz.BefWg.35(t) (Panzerbefehlswagen)
ドイツ軍の指揮戦車仕様。後部にフレーム型アンテナを装備。
Mörserzugmittel.35(t)
49輌が改造された迫撃砲牽引・弾薬運搬装甲車輌仕様。砲塔を撤去し、上部を幌で覆っている。外された砲塔は、オランダの海岸防衛陣地のトーチカに転用された。
T-11
ブルガリアに輸出されたLTvz.35で、もともとはアフガニスタン向けに作られた物であった。(A-3砲装備の中古の35(t)を26輌とA-7砲装備のT-11を10輌)。
R-2
ルーマニアに輸出された126輌のLTvz.35。同国はこれ以外にも中古のドイツ型35(t)を26輌購入している。
TACAM R-2
1943年7-9月、砲塔を撤去したR-2にソ連軍から捕獲したM1936(F-22)野砲を搭載した対戦車自走砲。量産型では砲をM1942(ZIS-3)に変更し、1944年6月末までに作られた20輌が部隊配備され実戦参加した。
T-21
LT-35の設計を拡大・発展させた試作中戦車。後にハンガリーで生産されたトゥラーン中戦車の元となった

運用国[編集]

チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
戦前・戦後に運用。
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
接収した車両をPz.Kpfw.35(t)として運用。
ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国
R-2として運用。
ブルガリアの旗 大ブルガリア公国
35(t)およびT-11を運用。
スロバキア共和国の旗 スロバキア共和国
旧チェコスロバキア軍の車両を運用。
Flag of Ukraine.svg カルパト・ウクライナ
捕獲したLTvz.35(37mm A-3砲装備)を使用。

関連項目[編集]