vz.33豆戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
vz. 33
種類 豆戦車
原開発国 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
運用史
配備期間 1934—44
配備先 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
スロバキアの旗 独立スロバキア
関連戦争・紛争 スロバキア民衆蜂起
開発史
開発者 ČKD
開発期間 1930—33
製造業者 ČKD
値段 約131,200チェコスロバキア・コルナ
製造期間 1934
製造数 70 + 4(試作車両)
諸元
重量 2.3t
全長 2.7m
全幅 1.75m
全高 1.45m
要員数 2

装甲 4 - 12mm
主兵装 7.92mmブルーノZB26軽機関銃2挺
エンジン プラガ4気筒水冷
30馬力 (22 kW)
変速機 4 x 1
懸架・駆動 リーフスプリング
燃料タンク容量 50リットル
行動距離 100km
速度 35km/h

vz.33チェコ語: Tančík vz. 33)はチェコスロバキア第二次世界大戦前に運用していた豆戦車である。

概要[編集]

前面装甲厚12mmで、両側が8mmで上部と底板は厚さ6mmであった。 7.92mm鉄鋼弾に対して正面は125メートルまで側面なら185メートルを超える距離まで耐えられた 通常の7.92mmであれば全周が50メートルまで耐えられた。

排気量1.95リットルの水冷式30馬力(22 kW)直列4気筒エンジンは戦闘室に直接おかれていた。 最高速度は時速35キロを発揮した。 50リットルの燃料タンクがエンジンの左側に位置していた。 トランスミッションは、前進4段と後退1段を持っていた。 駆動装置の部品はプラハ社のトラックからの流用であった。

サスペンションは、カーデン·ロイド・タンケッテの改良版で、 フレーム、ペアになった2つのフレームに共締めとホイールキャリアを作ったリーフスプリング、 サイドホイールごとにキャリアによって生まれて二つの小さな転輪で構成されていた。 トラックは木製、金属ライニングフレームによって導かれていた。 キャタピラは0.5 kg/cm2の接地圧を持っていた。 幅1.2メートルの塹壕をのりこえ、0.5メートルの障害物を乗り越えることが出来た


外部リンク[編集]