M1戦闘車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M1戦闘車(M1A2軽戦車)
M1 Combat Car.jpg
M1戦闘車
性能諸元
全長 4.14 m
車体長 上に同じ
全幅 2.4 m
全高 2.26 m
重量 8.52 t
懸架方式 VVSS
速度 72 km/h
行動距離 193 km
主砲 M2 12.7 mm 機銃
副武装 M1919A4 7.62 mm 機銃
装甲 6.35-15.88 mm
エンジン コンチネンタル W-670-7
空冷星型7気筒ガソリン
262 hp/2,400 rpm
乗員 4 名
テンプレートを表示

M1戦闘車(M1せんとうしゃ、M1 Combat Car)とは、アメリカ合衆国軽戦車。改良型にM2戦闘車がある。1940年にM1A1/M1A2軽戦車となる。

開発経過[編集]

M1戦闘車は、アメリカ陸軍の早急な機械化を望んだダグラス・マッカーサーの要求により、アメリカ陸軍の騎兵科用戦車として、イリノイ州ロックアイランド工廠にて1933年に開発が開始され、1934年に最初の試作車であるT5戦闘車が、1936年に直接の原型となるT5E2戦闘車が完成した。

T5戦闘車は、歩兵科用戦車として開発されたT2軽戦車を母体とする発展型である(T5戦闘車の母体はT2軽戦車ではなく、T2軽戦車の母体となったT1E4軽戦車とする異説もある)。T1E4、T1E6、T2の各軽戦車は、イギリスヴィッカース 6トン戦車の設計の影響を受けていた(よってその子孫であるM1/M2戦闘車やM2/M3/M5軽戦車も受けていた)。T2軽戦車まではリーフスプリング・サスペンション方式であったが、T5戦闘車はVVSS(垂直渦巻スプリング・サスペンション)方式を採用し、T2軽戦車との比較の結果、VVSS方式の方が優れていると判断されたため、T2軽戦車の改良型のT2E1軽戦車(後に制式化され、M2A1軽戦車となる)にもVVSS方式が採用されることになった。

1937年から軍に導入され、1943年まで使用された。1920年の国家防衛法により、「戦車」は歩兵科の管轄とされたので、騎兵科用に「戦闘車」(Combat Car)という分類が設けられた。実質的には戦車である。追跡や追撃や偵察任務のために、武装や装甲よりも、軽量さと速度が重視された設計となっている。

1940年6月に機甲科が創設され、7月10日に機甲師団が創設され、陸軍の(実質的な意味での)戦車はこの組織が一元的に運用することになり、歩兵科用「戦車」と騎兵科用「戦闘車」の区分が無くなり、8月22日に軽戦車に分類変更された。分類変更時に、M2戦闘車はM1A1軽戦車に、M1戦闘車とM1A1戦闘車はM1A2軽戦車に、改称された。M1軽戦車ではなくM1A1軽戦車から始まっているのは、これ以前に、T1軽戦車を制式化したM1軽戦車が存在したからである。

各型、車体前方右側に、副武装としてM1919A4 7.62 mm 機銃を備える。車体前面左側に操縦手、車体前面右側に副操縦手兼機銃手が位置する。車体と砲塔の装甲は溶接技術が未熟であったためにリベット留めであった。砲塔は人力旋回方式であった。

エンジンは、練習機に使われていた、コンチネンタル社R-670-3、-3C、-5、もしくはW-670-7、-8、からいずれかの空冷星型7気筒4サイクルガソリンエンジンを採用、もしくはギバーソン社製 T-1020 空冷星型9気筒ディーゼルエンジンを採用した。

バリエーション[編集]

  • T5
原型試作車。双砲塔搭載。1934年試作。
  • T5E1
原型試作車。砲塔非搭載。その代わりに、大型の固定戦闘室(固定戦闘室前面に左12.7 mm×1、右7.62 mm×1、固定戦闘室左右後面に7.62 mm×3、車体前面右側に7.62 mm×1)を持つ。1934年~1935年試作。
  • T5E2
原型試作車。単砲塔搭載。後に制式化されM1戦闘車となる。1936年試作。
  • T5E3
試作車。T5にギバーソン T-1020 ディーゼルエンジンを搭載した試験用車輌。
  • M1
最初の生産型。D型砲塔搭載(車長兼12.7 mm機銃手(左)、7.62 mm機銃手(右))。89輌完成。
  • M1E2
M1A1の原型試作車。1937年試作。
  • M1A1
D型砲塔の替わりに新型の八角形砲塔に換装。ボギー間を伸ばして履帯の接地面積を拡大。17輌完成。1939年。
  • M1A1仕様改修型
既存のM1を、D型砲塔を八角形砲塔に換装して、M1A1仕様に改修した型もある。そのためM1A1仕様改修型はボギー間は元の短いまま。
  • M1A1E1
ギバーソン T-1020 ディーゼルエンジンに換装。7輌(または3輌)完成。1937年製造。
  • M2
ギバーソン T-1020-4 ディーゼルエンジン(245 hp/2,200 rpm)に換装および後方誘導輪を地面に接地させて履帯の接地面積を拡大。その代わりボギー間は元に縮まる。34輌完成。
  • M1E3
ゴムパッドとワイヤーを用いたゴム製履帯の試作車。1939年にロックアイランド工廠にて試験される。ゴム製履帯は戦闘車の半数で使用される。
  • T3自走榴弾砲
M1A1の車台上に大型の天井付きの溶接製固定戦闘室を設け、M1A1 75mm榴弾砲を搭載した自走榴弾砲の試作車。固定戦闘室上面左側に、M1919A4 7.62mm機銃1挺を備えた1人用小型銃塔を1つ持つ。T17(M8 75mm自走榴弾砲の原型試作車の1つ)の原型。M1A1戦闘車の派生型としてのT3であって、これとは別に、T2軽戦車やT5戦闘車と並ぶ、1936年試作のT3という名称の無砲塔の軽戦車の試作車があるので注意。

関連項目[編集]