T-27 (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T-27
T-27 tank.jpg
ウクライナで展示されるT-27
種類 豆戦車
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 193141
配備先 ソビエト連邦
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発者 Sir John Carden-Loyd, N. Kozyrev, Factory No. 37, Moscow
製造業者 Bolshevik Factory, GAZ
製造期間 1931–33
製造数 2,540
派生型 T-27A
諸元 (T-27A[1])
重量 2.7トン
全長 2.60m
全幅 1.83m
全高 1.44m
要員数 2

装甲 6–10mm
主兵装 7.62mm DT機銃(2,520発)
エンジン GAZ-AA
40hp(30kW)
出力重量比 15hp/tonne
懸架・駆動 bogie
燃料タンク容量 46l
行動距離 120km(74.5mi)
速度 42km/h(26mp/h)

T-27は、大戦間期に量産されたソ連豆戦車である。

概要[編集]

1920年代ソ連軍は初の国産戦車MS-1またはT-18ルノー FT-17 軽戦車を模倣した独自発展型)と組み合わせて使う偵察・連絡用のタンケッテを求めた。試作戦車T-16を元に、無砲塔のT-18のようなT-17タンケッテが作られ、T-21やT-25がペーパープランのみに終わり、さらにT-17の発展型であるT-23が試作された。

その後、イギリスで偵察用として量産された低コストの豆戦車・カーデン・ロイドMk.IVが現れた。これは軍縮で安価な戦車が求められたこともあり16もの国に輸出され、各国で模倣・改良された。ソ連でも26輌のカーデンロイドを購入し、25-VまたはK-25と命名して運用、これをもとに改良したのがN.コズイレフの設計チームによるT-27である。7.62mm DT機銃を一丁備え、カーデンロイドのようなオープントップではなく、上部まで装甲板に守られ防御力を高めていた。フォードAA用の40馬力エンジンを備え、機関銃を扱う車長操縦士の二人が乗り込んでいた。

1931年に採用され、大量生産されたT-27は、ソ連機甲部隊の創設期において重要な地位を占め、30年代前半には中央アジアで反共勢力との戦いに用いられたが、やがてその役割はより大型な新型戦車にとって代わられていった。最大10mmしかない装甲や射界の限定された武装の弱さはもちろんのこと、小型すぎて雪中や泥濘地で車体底面が接地して行動不能になるなど、機動性でも劣っていたためである。また、76.2mm歩兵砲無反動砲ロケット弾を搭載した自走砲型も試作されたが、採用されたものはない。

本車は1930年代の末までに実戦部隊から退き、訓練用に用いたり、多くが1940年6月までに45mm対戦車砲用の牽引車に改造された。また、重工業を持たないモンゴルの、人民革命軍の機甲連隊創設時に供与されている。

T-27豆戦車を搭載したTB-3爆撃機。1935年

爆撃機に搭載して空挺戦車にする実験が行われたが実用化しなかった。

リファレンス[編集]

  1. ^ Zaloga 1983, p 123.