マーク IV 戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mark IV tank
British Mark IV Tadpole tank.jpg
基礎データ
全長 8.04 m
全幅

雄型:3.91m

雌型:3.2m
重量

雄型:28t

雌型:27t
乗員数 8名
装甲・武装
主武装 23口径6ポンド(57mm)砲×4(雄型)、ルイス .303(7.7mm)空冷式軽機関銃×5(雌型)
副武装 ルイス .303(7.7mm)空冷式軽機関銃×3(雄型)
機動力
速度 5.95km/h
データの出典 『世界の「戦車」がよくわかる本』
テンプレートを表示

マークIV戦車(Mark IV tank)は、イギリスが開発した世界初の戦車であるマーク I 戦車の問題点を改善・改良した戦車である。

概要[編集]

世界初の戦車となったマークIであったが、開発を急ぐあまり乗員の居住性や安全性は考慮されていなかった[1]。菱形戦車としてはほぼ完成型の域に達してはいたものの、その構造上サスペンションは搭載されず、乗員の居住性は最悪であった[1]。特にエンジンルームと乗員搭乗室が同じ部屋で仕切り等もなかった為、エンジンの発する熱による弊害や振動により乗員がむき出しのエンジンに激突するなど問題があった[1]。また、車内に光源が存在せず、小さな銃眼から差し込む光が頼みであった。これも換気扇などがない車内では、エンジンの排気や発砲煙によって遮られた[1]

これらの問題点はマークIIやマークIIIと改良を重ねるごとに改善されていき、乗員の居住性も含めて前期菱形戦車の集大成となったのがマークIV戦車である[1]

マークIと同様に雄型と雌型の2種類が存在し、基本的な形状は変わらないものの若干小型化している[2]。燃料タンクは内蔵型がら車外へと移し容量の増加を図り[3]、エンジン冷却ファンや換気扇の設置により、排煙の問題や居住性の向上に繋がった[2]。また、ドイツ軍のSmK弾を考慮し、特殊な鋼鉄製装甲に変更された[2]。車体上には軟弱地脱出用の角材を載せるレールが設置された[3]。しかしマークI以来の「操縦に4名の乗員が必要」という最大の欠点は依然として存在した。この欠点は次作のマークVで解決する。

1917年より製造が開始され、生産数は1,015輌[3]に上る。更にマークIVには物資輸送用の補給戦車型や、武装を撤去してクレーンを搭載したタイプなどの派生型が存在する[4]

史上初の戦車戦[編集]

マークIVは1918年4月24日に、ドイツ軍のA7Vと史上初の戦車戦を経験している[4]。ヴィレルー・ブレトニューで行われたこの戦闘は、イギリス軍がマークIV 雄型1輌に雌型2輌、ドイツ軍がA7V 3輌と車輌の数では互角であった[4]

  • ドイツ軍第3突撃戦車大隊(ヴィルヘルム・ビルツ少尉)
    • A7V:3輌(内2輌は位置が離れていたので、戦闘に参加できず、実質1輌)
  • イギリス戦車軍団第1大隊A中隊第1分隊(フランク・ミッチェル少尉)
    • マークIV 雄型:1輌
    • マークIV 雌型:2輌

遭遇した両軍はほぼ同時に互いに気づいた。機銃しか持たないマークIV 雌型2輌はA7Vにより撃破された。ミッチェル少尉のマークIV 雄型はすかさず反撃し、ビルツ少尉のA7Vに直撃弾を与えた。イギリス戦車はドイツ戦車と違い、戦車戦の生起を想定していなかったために、榴弾のみで、徹甲弾を積載していなかったので、A7Vの装甲を貫通できなかった。しかしA7Vの乗員は誘爆を恐れて車輌から脱出し、こうして世界初の戦車戦は終わった。

ドイツ軍側は直撃の衝撃で乗員から5名の戦死者を出しているが、戦闘は、

  • ドイツ軍側の損害:A7V 1輌中破
  • イギリス軍側の損害:マークIV 雌型 2輌撃破

という、イギリス軍側の敗北となった[4]。しかしドイツ側は、戦車を放棄し、歩兵も後退しているので、戦術的にはイギリス側の勝利であった。

イギリス軍はこれを教訓として、雌型の片方の機関銃を6ポンド砲に乗せ換えた「雄雌型」の生産を開始するなど、対戦車戦を意識した対策を進める[4]

世界で二度目の戦車戦は、同日、1輌のマーク A ホイペット中戦車(ホイペットが敵戦車と交戦した唯一の戦闘)が、ドイツ軍のA7Vによって撃破されたものである。

日本でのマークIV戦車[編集]

第一次世界大戦で1916年(大正5年)から戦車が活躍すると、日本陸軍でもさっそくこの新型兵器に目をつけ、わずか1年後の1917年(大正6年)には戦車の購入を検討している。そこで水谷吉蔵輜重兵大尉がイギリスに派遣され、当初は最新のマークV戦車の購入を打診したが、最新技術の集大成であるマークV戦車を売却することをイギリスは許さず、やむを得ず次善の策として、一つ前の型であるマークIV戦車を購入することになった。そしてイギリスから輸入されたマークIV戦車の雌型が1輌、操作方法を指導するためのイギリス人将校ブルース少佐1名と下士官4名とともに、1918年(大正7年)10月17日に貨物船静岡丸で神戸港に、そこで積み替え、1918年(大正7年)10月24日に貨物船新潟丸で横浜港に入っている。

日本陸軍では、1907年(明治40年)に「自動車開発研究機関」を設置。1912年(明治45年)6月に「軍用自動車調査委員会」を発会。1915(大正4)年には、発達目覚しい軍用自動車の研究や教育や試験を行う機関として、東京の信濃町にあった輜重兵第一大隊内に「軍用自動車試験班」が設立された。軍用自動車試験班の編制は、輜重兵少佐を長として、同大尉1、同中尉2、同下士7、同兵卒23、鍛工長1の合計35名。他の師団から分遣された班員もいた。必要があれば、輜重兵第一大隊の人員を適宜使用することができた。

1918年(大正7年)10月28日、輸入されたマークIV戦車の雌型が、横浜から汐留(旧新橋駅)までは鉄道で運ばれ、汐留からは信濃町の輜重兵第一大隊へと、イギリス人将兵達の操縦で、夜間に路面の敷石を踏み砕きながら自走して持ち込まれた。その後、マークIV戦車の雌型は青山練兵場に移され、皇族や将校などを迎えて、イギリス人将兵達の操縦で試験走行が行われた。1918年(大正7年)12月には陸軍自動車学校(1925年(大正14年)設立)の前身となる「自動車隊研究班」が設立され、マークIV戦車の雌型はそこで研究されることになる。イギリス人将兵達はいつの頃か勲章を授けられて帰国している。

戦時中は靖国神社遊就館で展示されていたが、戦後の行方は不明。一説にはアメリカ軍が持ち去ったともされる。

本車側面のスポンソン(砲郭)からは、機関銃装備の雌型であるにもかかわらず速射砲の砲身のようなものが突出しているが、これはダミーや速射砲に換装した物ではなく、ルイス .303(7.7mm)空冷式軽機関銃の空冷用銃身被筒である(マークIVは雄雌ともに、他の型の菱形戦車がヴィッカース.303(7.7mm)水冷式重機関銃を装備していたのと異なり、ルイス軽機関銃を装備していた)。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『世界の「戦車」がよくわかる本』p176
  2. ^ a b c 『世界の「戦車」がよくわかる本』p177
  3. ^ a b c 『世界の戦車FILE』p153
  4. ^ a b c d e 『世界の「戦車」がよくわかる本』p179

参考文献[編集]

関連項目[編集]