オードナンス QF 6ポンド砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オードナンス QF 6ポンド砲
QF-6-pounder-batey-haosef-1.jpg
オードナンス QF 6ポンド砲
種類 対戦車砲
原開発国 イギリスの旗 イギリス
運用史
配備期間 1942–1960
配備先 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
アイルランドの旗 アイルランド
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発期間 1940
製造期間 1941–1945
諸元
重量 2,520 lb (1,140 kg)
要員数 6

砲弾 57×441 mm. R
口径 2.24 in (57 mm)
砲身 Mk II, III: 8 ft 4 in (2.54 m) 43 calibres
Mk IV, V and M1: 50 calibres
砲尾 vertical sliding block
砲架 split trail
仰角 -5° to +15°
旋回角 90°
初速 See Ammunition Table
有効射程 1,650 yd (1,510 m)
最大射程 5,000 yd (4,600 m)
照準 No.22c

オードナンス QF 6ポンド砲: Ordnance QF 6-pounder 7 cwt)とは第二次世界大戦初期にイギリスが開発した対戦車砲であり、6ポンド対戦車砲とも呼ばれる。

同砲は戦車砲として第二次世界大戦中期の戦車にも搭載され、アメリカ軍M1 57mm砲として制式採用しライセンス生産を行っている。

開発[編集]

オードナンス QF 2ポンド砲が遠くないうちに陳腐化するであろうと考えたイギリス陸軍は、1938年により大口径の対戦車砲の開発を開始し、1940年には砲本体が完成したが砲架の完成は翌1941年にまでずれ込んだ。

当初はQF 2ポンド砲を随時更新していく予定であったが、フランスにおける戦いで敗北したイギリス海外派遣軍ダンケルクから撤退する際に重火器をほとんど全て放棄しており、ドイツ軍のイギリス本土上陸に備えた軍の再編成が優先された結果2ポンド砲の生産が継続され、6ポンド砲の生産開始は1941年11月、配備開始は1942年5月まで凍結された。

QF 6ポンド砲の砲架は、ごく一般的な二脚式砲脚を使用している。初期生産型の砲身長は生産性の高い43口径であったが、ドイツ戦車の装甲強化に伴って攻撃力を強化するためMk.IVからはマズルブレーキ付き50口径の砲身を使用するようになった。しかし、ティーガーI重戦車パンター中戦車には正面からでは近距離からでないと太刀打ちできなかったため更なる性能向上改修が計画されたが、極端な重量増加や性能向上効率の低さから1943年1月にはすべての計画は中止された。

QF 2ポンド砲のリトルジョン・アダプターと同様に口径を42.6mmに下げるスクイーズ・ボア・アダプター(ゲルリッヒ砲を参照)も開発されたが、実際に使用されることはなかった。その代わり、1944年からは高い装甲貫通力を持つAPDSの供給が開始された。

1943年2月にはより強力なオードナンス QF 17ポンド砲の部隊配備が開始されたが、QF 6ポンド砲も軽量であることから朝鮮戦争第二次中東戦争でも使用され、1960年に退役するまで運用が続けられた。

運用[編集]

イギリス軍においては、機甲師団歩兵師団の対戦車砲連隊(4個中隊で編成され、1個中隊は12門を装備)で運用されたが、後には歩兵大隊の対戦車小隊に6門を配備する方式に改められた。

1943年には、北アフリカ戦線M3 37mm砲が役に立たないことを痛感したアメリカ軍もQF 6ポンド砲をM1 57mm砲として制式採用し、おもにイタリア戦線西部戦線で使用したが終戦と同時に退役した。

イスラエル国防軍も同砲を保有しており、第一次中東戦争第二次中東戦争で使用している。

戦車砲として[編集]

対戦車自走砲型であるT48 GMC

QF 6ポンド砲は、対戦車砲としてだけでなく戦車砲としても用いられた。QF 6ポンド砲を搭載した戦車としてはクルセーダーMk.IIIキャバリエ巡航戦車セントーMk,I & Mk.IIクロムウェルMk.I~Mk.IIIラムMk.IIバレンタインMk.VIII~Mk.XチャーチルMk.III & Mk.IVが挙げられる。

戦車以外にも、AECマタドールen)トラックの荷台部分にQF 6ポンド砲をそのまま搭載したディーコン対戦車自走砲が作られた。これは175輌が作られ、北アフリカ戦線で普通のトラックに紛れて配備され、敵装甲車輌から輸送部隊を守った。

また、アメリカではM3ハーフトラックの荷台にM1 57mm砲を搭載したT48 GMCも量産された。これはイギリス軍に30輌のみが引き渡されたが、性能不足とされ、砲を撤去されM3ハーフトラックに戻されてしまった。しかしソ連軍レンドリース供与された650輌はSU-57と呼ばれ、1個大隊あたり60輌ずつ、3個大隊で独立自走砲旅団を編成し、ドニェプル渡河作戦から実戦に参加している。

砲弾[編集]

Available ammunition[1]
種類 形式 重量
kg (ポンド)
炸薬 砲口初速, m/s
(L/43口径長)
砲口初速, m/s
(L/50口径長)
イギリス軍の砲弾
AP Shot, AP, Mks 1 to 7 2.86(6.3) - 853 892
APC (from September 1942) Shot, APC, Mk 8T[2] 2.86(6.3) - 846 884
APCBC (from January 1943) Shot, APCBC, Mk 9T 3.23 (7.1) - 792 831
APCR (from October 1943) Shot, APCR, Mk 1T 1.90 (4.2) - 1,082
APDS (from March 1944) Shot, APDS, Mk 1T 1.42 (3.1) - 1,219
HE[3] Shell, HE, Mk 10T approx. 3 (6.6) 820
アメリカ軍の砲弾
AP AP Shot M70 2.85 (6.3) - 853
APCBC/HE APC Shot M86 3.30 (7.3) ピクリン酸アンモニウム, 34 g 823
HE (authorized in March 1944) HE Shell T18 / M303
キャニスター弾 (in production from January 1945) Canister Shot T17 / M305

リファレンス[編集]

  1. ^ There were also practice rounds and blank rounds
  2. ^ Together with different combinations of propelling charge these were Cartridges Mark IT through to Mark IVT and "HV" cartridges IT and IIT
  3. ^ "HE Shell Mk I, foil" and "HE Shell Mk IIT, foil" using the Mk IM case

関連項目[編集]