浸透戦術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

浸透戦術(しんとうせんじゅつ、Infiltration tactics)とは、一般に第一次世界大戦後半のドイツ軍戦術のことを指す。ただし、連合軍による他称であり、当のドイツ軍はとくに名称を付けていない。[1]

第一次世界大戦[編集]

浸透戦術はドイツ軍と密接なかかわりがある。以下、ドイツ軍の戦術の変遷を中心に述べる。

20世紀初頭、各国の歩兵戦術は散兵線の構成を基本としていた。散開したときも各散兵は2歩分しか広がらず、戦闘においては中隊長が中隊以下を直接指揮していた。ドイツ軍の歩兵操典によれば、歩兵中隊244名の戦闘正面は、攻撃時に100mを著しく超過しない程度とされ、防御時には兵数に従い120ないし150mとされていた。[2]

1902年のボーア戦争は兵学界に論争を巻き起こした。戦力に劣るボーア軍が、6週間のうちに3度、2倍以上の戦力を有するイギリス軍を破ったのである。これらの戦闘の特徴は、イギリス軍の長く薄い正面攻撃が有力なるボーア軍散兵線の急射撃に敗れたことにあった。ドイツでは、戦訓を重視して分散化した散兵線を構成するようになった。しかし戦場が広くなりすぎて中隊長が指揮できないとされて旧来に戻された。1904-5年の日露戦争はこれに再考をもたらし、従来の縦隊戦術の好例であると見なした者もいれば、初期戦闘での惨烈な死傷者数におどろいた日本軍がより広い散兵線を構成するようになったと見た者もいた。地方分権的なドイツ帝国においては、教範の解釈が画一的ではなく、部隊によって密集隊形を重視するか散開隊形を重視するか分かれていた。

1914年、第一次世界大戦初頭の悲惨な経験は、散開隊形に軍配を上げた。ドイツ軍のある部隊が攻撃を行ったところ、散開隊形だった15コ中隊2250名のうち2225名が生き残ったが、密集隊形だった残り1コ中隊は150名のうち半数が死傷した。[3]1914年の終わりまでには、全軍に散開隊形が採用されるようになっていた。

1915年、しかし西部戦線の高度に発達した鉄道網と陣地線に対抗するには、散開隊形でもってしても限界があった。ドイツ軍においては、手榴弾坑道戦毒ガス火炎放射器と次々に採用してなんとか突破の糸口を見つけようとした。そのなかでもMax Bauer中佐は攻撃する歩兵に大砲を随伴させることを考えた。ちょうどクルップの37ミリ砲が開発されていた。1915年3月2日、ドイツ陸軍省は第8軍の軍団に工兵部隊から提供された人員で突撃隊をつくるよう命令した。実験部隊の隊長に選ばれたのはCalsow大尉である。

Calsow大尉の試みは失敗した。37ミリ砲は発砲光で容易に発見され、フランス砲兵の格好の標的となった。Calsow大尉は更迭され、かわりにエルンスト・ローワ大尉が就任した。実験部隊には惜しみない支援が与えられ、機関銃小隊、迫撃砲小隊、火炎放射小隊があらたに配属された。大尉が注目したのはロシア製の鹵獲76.2ミリ野砲だった。直接照準で陣地を制圧するのに最適とされ、任務に合うよう改造されて導入された。訓練では、5000分の1の精密な地図を使用し、航空写真などから得たフランス軍塹壕の実物模型を使って、なんども演習を繰り返した。こうした実験部隊の戦術の基本的要素は以下の通りである。

  1. 散兵線の前進ではなく小隊規模の突撃隊による奇襲突撃へ変える
  2. 攻撃前進間、敵を制圧するため支援兵器を使う(機関銃、歩兵砲、塹壕砲、間接砲兵、火炎放射器)
  3. 手榴弾を装備した部隊で塹壕を掃蕩

フリードリヒ大王の時代、下士官は戦列の後ろで兵の逃亡を防ぐのが役目だった。しかしいまや戦闘指揮の焦点は少尉や下士官にうつり、独立不羈の彼らはみずからの意思で戦場を駆け巡るようになった。

1916年2月、突撃隊はヴェルダンではじめて実戦投入された。フランス軍縦深陣地への突破戦闘は、砲兵ではなく、歩兵の仕事として大部分が残っていた。そして分散化されたフランス防御戦術に対抗するために、ドイツ軍は彼ら自身の攻撃戦術も分散化させなければならなかった。分散化のさらなる進展のある側面はフランス人が「浸透」と呼ぶものとなった。ドイツ側はこれについてなんの名前も与えていない。[4]連合軍側は浸透戦術と呼ぶことに固執したが、ドイツ軍は歩兵大隊が使うさまざまな兵器の「協同」と表現した。[5]

ローワ突撃隊はヴィルヘルム皇太子、そしてエーリヒ・ルーデンドルフという後援者を得た。ルーデンドルフは西部戦線で大機動戦を復活させる良い手段だと考え、軍ごとに将校や下士官を突撃隊のところへ行かせ、最新の戦術を学ばせるようにした。ローワ突撃隊は実戦部隊というよりも訓練部隊として活躍した。1916年12月、ドイツ軍は1906年版歩兵操典に代わる戦時徒歩部隊訓練教令を発布。密集隊形は過去のものとなり、第二次世界大戦までスタンダードとなった歩兵戦術が誕生した。

1917年のリガ攻勢で、第一次世界大戦期のドイツ軍用兵は完成を見た。戦術次元では、突撃隊の歩兵戦術とゲオルク・ブルフミュラー英語版の砲兵戦術、作戦次元ではドイツ軍伝統の包囲の追求により、ロシア軍を圧倒した。しかし、1918年ドイツ軍春季大攻勢で突撃隊戦術は限界を示した。たしかにこれまでの西部戦線の戦いとは異なりドイツ軍は何十キロも前進したが、ただ突出部をつくるだけで作戦次元ひいては戦略次元の勝利につなげることができなかった。浸透戦術は戦術でしかなく、脚力にたよる攻者は、高度に発達した鉄道網と自動車隊との競争に負けた。

大戦後[編集]

大正時代、日本軍参謀本部は歩兵戦術の趨勢について、

  1. 戦闘直接の指揮は漸次下級単位にうつった
  2. 戦闘技術がますます分業的になった
  3. 歩・砲兵の協同緊密なるを要する

と述べている。そして各国で一般的な歩兵近接攻撃戦法として、「滲入戦法」を紹介している。「滲入戦法とは、正面より攻撃する部隊は依然攻撃を続行し該抵抗点を抑えておいて、他の部隊がその抵抗点の敵の側面に滲入して包囲し、両方面の攻撃によって防者の抵抗点を取るという方法である。各国によってその方法に若干の相違があるが、一般にこのような方法である。したがって、従来のように突撃は一斉かつ一連に起こるものではなく、敵の各小拠点に対して各個各別に起こるものである。」[6]

「大戦後のイギリス軍歩兵の攻撃法は、最前方の部隊は前進してまず敵と接触する。『敵の配備は全線ひとしく堅固なものではない。かならずどこかに配備の弱点がある』(小隊教練)から、第一線部隊が敵に拒止されたならば徹頭徹尾これを突破するために予備部隊(小隊ならば予備分隊)をこれに増加することなく『増援とは攻撃がもっとも進捗している部分に向けるので第一線の補充または増大に使用するのではない』(小隊教練)という主義に基づき、第一線部隊の一部の発見した弱点に向かい進むのである。このように、水が弱点から弱点へと侵入し堤防内の諸障害を逐次包囲して破壊していくように滲入し拡大していく。ゆえに、最前線の部隊は敵を破るために攻撃するというよりもむしろ弱点を発見するために攻撃し、かつ隣接部隊または後方部隊の機動を容易にさせるために攻撃するので、陣地の突破はむしろ予備隊の機動にありと言ってもよいほどである。」[7]参謀本部はアメリカ、フランス、ドイツも同じような攻撃方法を採用していると述べている。[8]

現代の陸上自衛隊は「浸透」を以下のように説明している。「小部隊ごとに分散して隠密に敵中に潜入し、敵の後方地域に集結した後、目標を奪取する攻撃機動の一要領をいう。」[9]

[編集]

  1. ^ Gudmundsson(1989),p66、Drury(1995),p.52
  2. ^ 北旭生(1903),p.65
  3. ^ Gudmundsson(1989),p24
  4. ^ Gudmundsson(1989),p66
  5. ^ Drury(1995),p.52
  6. ^ 参謀本部編(1922),p.48。現代日本語に直し、多少添削した。以下同じ。
  7. ^ 参謀本部編(1922),p.52
  8. ^ 参謀本部編(1922),p.53
  9. ^ 真邉正行編(2000),p.216

参考文献[編集]

  • 北旭生 『歩兵操典研究』 厚生堂、1903年
  • 参謀本部編 『戦後ニ於ケル英、米、独、仏四国ノ歩兵戦闘ノ概要』、1922年
  • 田村尚也 『ドイツ突撃部隊』 学習研究社、2008年ISBN 9784056051995(歴史群像アーカイブ『現代戦術への道』)
  • 真邉正行編 『防衛用語辞典』 国書刊行会、2000年ISBN 9784336042521
  • Drury, Ian (1995). German Stormtrooper 1914-18. Osprey. ISBN 1855323729. 
  • Gudmundsson, Bruce (1989). Stormtroop Tactics: Innovation in the Germany Army1914-1918. Praeger. ISBN 0275954013. 

関連項目[編集]