KV-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KV-2
Кв-2 1.jpg
KV-2 1940年型
モスクワの中央軍事博物館の展示車両
性能諸元
全長 6.95 m
車体長 6.75 m
全幅 3.32 m
全高 3.24 m
重量 52 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 34 km/h(整地
15 km/h(不整地
行動距離 180 km
主砲 20口径152mm榴弾砲M10
(弾数36発)
副武装 7.62mm車載機銃DT×3
(弾数3087発)
装甲 110 mm
エンジン 12気筒液冷ディーゼルV-2K
550 馬力/2150rpm
乗員 6 名
テンプレートを表示

KV-2ロシア語: КВ-2:カーヴェー ドゥヴァー)とは、第二次世界大戦中にソビエト連邦で開発された重戦車である。

“KV”とは当時のソ連国防相であるクリメント・ヴォロシーロフ(Климент Ворошилов)の名を冠したもので、英語では「KV」、ドイツ語では「KW」と表記される。

152mm榴弾砲を搭載した回転砲塔を装備するその巨体ゆえに、ドイツ兵からはギガント(巨人)と呼ばれた[1]

概要[編集]

初期生産型のKV-2 1939年型

1939年フィンランドに侵攻したソ連軍は、カレリア地峡の国境地帯に築かれたフィンランド軍の強固な防衛陣地、マンネルハイム線に前進を阻まれ大損害を強いられ、前線からは強力な火力支援戦車の要請が送られた。

そのため、当時開発が終わって採用されたばかりのKV-1重戦車をベースに、152mmM-10榴弾砲を備えた新しい回転砲塔を設計・搭載した陣地突破用戦車が開発された。1939年12月の開発要請に対し、1940年1月末には試作車完成、2月には増加試作型2輌が完成し(その後同型の増加試作型はもう1輌完成した)、直ちにフィンランド戦線に送られるという突貫作業であった。前線に送られた2輌は、2月11日、マンネルハイム線の一角であるスンマ地区で初めて実戦投入された。

本車の装備する152mm榴弾砲の絶大な火力は開発当初の要望に十二分に応えた。また、送られたうちの1輌はフィンランド陸軍のボフォース 37mm対戦車砲弾を48発も命中させられたにもかかわらず、砲塔前面で110mm、側面75mmの重装甲はそのことごとくを弾き、まったく機能に支障を来さなかったとされる。この活躍を受け、火力支援型KVは早速正式採用された。

当初、この戦車は単に「大型砲塔KV(KV s bolshoi bashnei)」として区別されていただけだったが、正式採用に伴いKV-2と名付けられ、ソ連の戦車兵からは親しみを込め、「ドレッドノート」と呼ばれた[2]

試作車および3輌の増加試作型は、全て平面の装甲板による、平面形が7角形の砲塔を搭載していたが、量産にあたって、装甲板の構成が簡略化され、両側面は途中でカーブした1枚板の装甲を持つ、平面形が6角形の砲塔となった。この量産型砲塔は試作型砲塔に比べてわずかに背が低く、また、後面に近接防御用のDT機銃も備えていた。KV-2は、1940年から1941年にかけて、増加試作型を含め202輌が生産された。

しかし2名の装填手を要する分離装薬式の砲弾は発射速度は遅く、砲塔も人の背丈ほどもあった。また、砲塔は大幅に大型化しているにも関わらずターレットリング径はKV-1と同じで、数tもある砲塔を支えることに多大な無理を生じさせていた。重い砲塔は、車体が傾いた状態では満足に回転させることもできず、通常のKV-1でさえ難がある機動性と信頼性はさらに低くなった。

これほど運用上の制約がある車両でありながら、通常の戦車と混成で同じように扱われたため、いたずらに消耗を重ねることとなった。このためKV-2は開戦後ほどなくして生産は打ち切られ、ソ連戦車としては比較的少数の生産数で終わった。

その後、大戦中のソ連軍では、火力支援用途には大口径・長射程の牽引火砲やBM-13カチューシャが主力となり、また対戦車用途も考慮した重自走砲としてケースメート式のSU-152 / ISU-152なども開発されたが、KV-2のような重装甲・回転砲塔式の突破戦車は(ペーパープランはさておき)作られなかった。

独ソ戦での活躍[編集]

放棄されたKV-2(1940年型)
1941年夏 独ソ戦初期の撮影

1941年6月の独ソ開戦後は、フィンランド戦を生き残った増加試作型、量産型ともに前線に投入され、フィンランド戦同様、その巨体と重装甲はドイツ兵を驚愕させた。

1941年6月23日35(t)を装備するドイツ第6装甲師団はリトアニアのドゥビーサ川方面の戦いで、KV-2を保有するソ連第2戦車師団と遭遇、戦車40輌と多くの火砲を撃破される大損害を被った。このため前進していたドイツ第1戦車師団は反転して、第6戦車師団を支援しなければならなくなった。

また、ラシェイニャイ市内の第6戦車師団とドゥビーサ川橋頭堡の歩兵部隊を分断するために送り込まれた只1輌のKV-2は、橋頭堡に向かう増援部隊のトラック12台を撃破、街道上の分岐点に居座ってドイツ軍を食い止め続けた。これを排除すべく5cm対戦車砲の部隊が送り込まれたが返り討ちにあい、続く8.8cm高射砲1門も設置中に砲撃され破壊された。夜になって突撃工兵が爆薬攻撃を仕掛け、履帯を破壊して行動不能に追い込んだものの完全撃破には至らなかった。翌日、軽戦車が囮となっている間に設置された8.8cm高射砲が水平射撃で6発を命中させた。しかし貫通したのは2発のみで、乗員はまだ生きており砲塔が動き始めたため、工兵により被弾孔から投げ込まれた手榴弾によってようやく完全に沈黙した[3][4]

尚、ドイツ軍は放棄されたKV-2を少数ながら鹵獲しており、Pz. Kpfw.KW-2 754(r)の名称で使用している。ドイツ軍に鹵獲されて使用された車両には、砲塔天面右前部にIV号戦車の車長用キューポラを増設した独自改造車が存在している。

登場作品[編集]

プラウダ高校の使用戦車として登場。

参考文献[編集]

  • 『GROUND POWER OCTOBER.1997(No41) 第2次大戦のソ連軍用車両(下)』、デルタ出版、1997年。
  • 『GROUND POWER AUGUST.2000(No75) ソ連軍重戦車(1)』、デルタ出版、2000年。
  • スティーブン・ザロガ,ジム・キニア『世界の戦車イラストレイテッド10 KV-1&KV-2重戦車 1939-1945』高田裕久 訳、大日本絵画、2001年、ISBN 4-499-22747-X

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『GROUND POWER AUGUST.2000(No75) ソ連軍重戦車(1)』、p.89。
  2. ^ スティーブン・ザロガ,ジム・キニア『世界の戦車イラストレイテッド10 KV-1&KV-2重戦車 1939-1945』、p.13。
  3. ^ スティーブン・ザロガ,ジム・キニア『世界の戦車イラストレイテッド10 KV-1&KV-2重戦車 1939-1945』、pp.20-33。
  4. ^ このエピソードは日本には当初KV-1のものとして誤って伝えられた。このため小林源文はKV-1を主役とした「街道上の怪物」を書いており、またツクダホビーのタンクコンバットシリーズの「パンサー」にも同様にKV-1を用いたシナリオがあり、解説文もKV-1となっていた。

関連項目[編集]