T-20 (装甲牽引車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T-20 コムソモーレツ
Komsomolets armored tractor helsinki 1.jpg
T-20(初期型)
フィンランド軍が鹵獲使用した車両。ヘルシンキ、スオメンリンナ要塞博物館蔵。
性能諸元
全長 3.45 m
車体長 m
全幅 1.86 m
全高 1.58 m
重量 3.5 t
懸架方式 リーフスプリング方式
速度 50 km/h
行動距離 250 km
主砲 DT 7.62mm機関銃
装甲 7–10 mm
エンジン GAZ-M
50 馬力 / 37 kW
乗員 2名+6名
テンプレートを表示

T-20 コムソモーレツ (ロシア語: Bronirovannyy gusenichnyy tyagach Komsomolets T-20, armored caterpillar-track tractor T-20)とは第二次世界大戦ソ連軍が使用した小型装甲牽引車である。

概要[編集]

フランスルノー UEイギリスキャリアと共通するコンセプトを持つ小型装甲牽引車で、機械化師団内の対戦車部隊用牽引車として1936年に開発された

53-K 45mm対戦車砲やその改良型M-42 45mm対戦車砲120mm迫撃砲M1938の牽引が主な用途で、通常、砲および弾薬リンバーを直列で牽引する。

2名の乗員用に、車体前半に完全密閉されたコンパートメントを持ち、右側に固有武装としてDT機銃のマウントを持っていた。マウント部の形状には、生産時期により差がある。車体後部は折りたたみ式で背中合わせのベンチシートがあり、6名(左右3名ずつ)の砲兵を搭乗させることができる。後部座席は装甲防御されていないが、悪天候時は支柱を立て幌を被せることができた。

開発と生産[編集]

開発を行ったのはモスクワ郊外のG.K.オルジョニキーゼ名称・第37工場で、同工場はビッカース水陸両用戦車を範としたT-37T-38の開発・生産を手掛けており、T-20は足回りの部品の多くを、これら水陸両用軽戦車から流用して作られた。

第37工場のほか、エンジンを供給したゴーリキー自動車工場(GAZ)、スターリングラード・トラクター工場(STZ)で、1937年から1941年まで、8000両近くが量産された。

派生型[編集]

ZiS-30対戦車自走砲
T-20コムソモーレツの車体ほぼ中央に、ZiS-2 57mm対戦車砲を搭載した簡易自走砲。1941年夏、ゴーリキーの第92工場で製作された。

ソ連以外での主な使用国[編集]

ドイツ
緒戦期多数が鹵獲され、Gepanzerter Artillerie Schlepper 630(r)(装甲火砲牽引車630(ロシア製)の意)の名称で、軽野砲や対戦車砲の牽引に使用された。前線部隊で、即席で37mm対戦車砲を搭載する自走砲に改装されたものもある。
フィンランド軍が鹵獲使用したT-20
ヘルシンキ、スオメンリンナ要塞博物館蔵。
フィンランド
初期型・後期型合わせて180両余りが鹵獲され、同様にソ連軍から鹵獲された45mm対戦車砲や、ドイツの75mm対戦車砲など、各種の火砲の牽引に使われた。フィンランド軍では、戦後も長くコムソモーレツを使用、1959年末時点でもなお11両が軍籍にあった。
ルーマニア
1941年から1942年にかけての戦いで、ルーマニア軍は数十両のコムソモーレツを鹵獲。コムソモーレツのGAZエンジンはフォードのライセンス製品だったので、ルーマニア・フォード・トラック工場で1943年春から秋にかけて34両が修理され、ドイツ製50mm対戦車砲用牽引具が装着されて軍に配備された。ルーマニアでは、「鹵獲ロシア製フォード(Ford rusesc de captura)」と呼ばれた。これらは、1944年夏のモルダヴィアの戦いで全車喪われた。

参考文献[編集]

  • Бронеколлекция" no. 3, (2002)
  • W. Fleischer, RUSSIAN TANKS AND ARMORED VEHICLS 1917-1945, Schiffer Military History, 1999
  • Esa Muikku, Jukka Purhonen, SUOMALAISET PANSSARIVAUNUT 1918-1997(THE FINNISH ARMOURED VEHICLES), APALI, 1998 Tampere
  • Ford rusesc de captura, http://www.worldwar2.ro/arme/?article=247
  • 高田裕久、「第2次大戦のソ連軍用車両(上)」、グランドパワー1997/9、デルタ出版

関連項目[編集]