5 cm PaK 38

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5 cm PaK 38

5 cm PaK 38: 5 cm Panzerabwehrkanone 38)とは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツが開発して使用した対戦車砲である。PaK 38は1938年にラインメタル社が3.7 cm PaK 36の後継として開発した。

概要[編集]

本対戦車砲の開発は開戦以前から始まっていたが、1940年6月のフランス侵攻において、それまでの主力対戦車砲であったPaK 36はフランスのソミュア S35ルノーB1、イギリスのマチルダ戦車などの重装甲の戦車の正面装甲を撃ち抜くことができず、当時計画されていたゼーレヴェ作戦(イギリス本土上陸作戦)においてマチルダ戦車に対抗するため必要とされ、完成後直ちにドイツ国防軍に採用された。

PaK 38が初めて実戦に投入されたのは1941年4月であり、時期的にはバルカン半島北アフリカと思われる。同年6月に開始されたバルバロッサ作戦においてはソ連軍のT-34中戦車に対抗可能な数少ない対戦車兵器であったが、KV-1重戦車に対しては力不足であったため、タングステン芯入りの硬芯徹甲弾Pzgr.40が供給された。しかし、ドイツにとって希少資源であったタングステンを使用するのは好ましいことではなかったため、7.5 cm PaK 40が配備されると第一線の戦車猟兵大隊からは引き上げられたが、1944年まで生産は続けられ降下猟兵山岳猟兵、二線級部隊などに配備され、終戦まで運用が続けられた。

PaK 38は、それまでのPaK 36に比べると重量が倍以上になったが、人力での陣地転換が可能だった。補助輪(主輪と同型)を閉じた砲脚の末端に接続し、三輪状態することで手押しでの移動を容易にすることが出来た。牽引車両は主に軽便な1tハーフトラックが採用され、これに直接搭載した自走砲型もあった。

また、BK 5cmとして航空機搭載用に改良されたものがJu88P-4にガンポッド形式で搭載された。他に、5.5 cm Flak Gerät 58実用化までの繋ぎとしてレーダー連動の火器統制装置を付属した対空砲に改造された5cm FlaK 214及び同砲をモーゼル社が航空兵装に転用したMK 214 Aが存在する[1]

スペック[編集]

  • 口径:50mm
  • 全長:3,187mm
  • 重量:986kg
  • 砲身長:3,173mm (約60口径)
  • 仰俯角:-8°~+27°
  • 左右旋回角:65°
  • 運用要員:5名
  • 発射速度:13発/分(最大)
  • 初速
    •  835m/s(Pzgr.39 APC-HE)
    • 1,180m/s(Pzgr.40 APCR)
    •  160m/s(Stielgranate.42 HEAT)
    •  550m/s(Gr.38 HE)
  • 最大射程距離:9,400m(Gr.38使用時)
  • 生産期間:1940年~1944年
  • 装甲貫徹力[2]
砲弾 角度 射程
弾薬 弾重 初速 弾着角 100m 250m 500m 1,000m 1,500m
Pzgr.39
(APC-HE)
2.06kg  835m/s 60°  73mm  67mm  61mm  50mm  40mm
90°  99mm  88mm  78mm  61mm  47mm
Pzgr.40
(APCR)
0.925kg 1,180m/s 60° 143mm 109mm  86mm  55mm
90° 165mm 141mm 120mm  84mm
Stielgranate 42
(HEAT)
8.2kg  160m/s 60° 180mm 射程外
(有効射程300m / 最大射程800m)

出典[編集]

  1. ^ 広田厚司『ドイツの火砲 制圧兵器の徹底研究』光人社NF文庫, 2002年
  2. ^ Ian V. Hogg, German Artillery of World War II, Arms & Armour Press, 1975

関連項目[編集]