5 cm PaK 38

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5 cm PaK 38

5 cm PaK 38: 5 cm Panzerabwehrkanone 38)とは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツが運用した対戦車砲である。1938年にラインメタル社が3.7 cm PaK 36の後継として開発された。当時の最新技術が導入されており、当初からトーションバーサスペンションを備えていた。

概要[編集]

前身の5cm PaK 37[注 1]が1935年に開発着手されたが、貫徹力の増大や砲架の改良が要求されて不採用となった。その要求に則って誕生したのが5cm PaK 38で、1940年から1943年にかけて9,568門が生産された[注 2]

1940年5月~6月の西部戦線で従来の主力対戦車砲である3.7cm PaK 36が、仏軍のソミュア S35騎兵戦車やルノーB1重戦車及び英軍のマチルダI歩兵戦車マチルダII歩兵戦車との交戦で貫徹力不足を露呈した結果、量産が本格化した。当時計画されていたゼーレーヴェ作戦に備えて、同年7月には先行量産型のOシリーズが配備されている。その後ゼーレーヴェ作戦が延期・中止されたため、1941年4月~5月の独軍によるバルカン戦線介入が最初の実戦投入となった。同年6月のバルバロッサ作戦を契機に開始した独ソ戦においては、タングステン弾芯の硬芯徹甲弾Pzgr.40を用いる事でT-34中戦車に対抗可能だったが[注 3](異論も存在する[注 4])、撃破困難なKV-1重戦車は装甲の薄い脆弱部を狙う必要があった[注 5][注 6]。タングステンは輸入に依存した希少資源な上、1942年以降に工作機械へ優先された影響もあり[5]、5cm Pzgr.40の製造数は191万1102発に留まった[6]。大戦中期以降の師団直属の戦車猟兵大隊では、7.5cm PaK 40や同級火砲搭載の対戦車車両へ順次更新される形で姿を消した。ただし慢性的な対戦車兵器不足に陥っていた事もあり、歩兵連隊所属の戦車猟兵中隊[注 7]や連隊本部の対戦車小隊[注 8]には大戦後半も配備された他、降下猟兵山岳猟兵及び二線級部隊などでは終戦まで運用が続けられた。

3.7cm PaK 36に比べると重量が倍以上になったが、人力での陣地転換が不可能ではなかった。補助輪(主輪と同型)を閉じた砲脚の末端に接続し、三輪状態にする事で手押しし易く出来た。牽引車両は主に軽便な1tハーフトラックが採用され、自走砲に改装した5cm Pak (Sf) auf le. Zgkw. 1 to(Sd. Kfz. 10/5)も存在した。

また、BK 5cmとして航空機搭載用に改良されたものがJu88P-4にガンポッド形式で搭載された。他に、5.5cm FlaK Gerät 58実用化までの繋ぎとして同砲の薬莢やレーダー連動式火器統制装置と折衷した対空砲型の5cm FlaK 214及びモーゼル社による航空機関砲版のMK 214 Aが存在する[注 9]II号戦車の車台を用いた対戦車自走砲(Panzer Selbstfahrlafette 1c / 5cm PaK 38 auf Fahrgestell Panzerkampfwagen II)も2両試作されたが、マルダーIIと異なり制式化には至らなかった。

スペック[編集]

主要要目
型式 5cm PaK 37 5cm PaK 38
口径 50mm 50mm
砲身長 2,280mm 3,173mm
戦闘重量 585kg 986kg[注 10]
仰俯角 - 8° ~ + 27°
方向射界 65°
最大射程(榴弾)  9,400m
発射速度 12~15発/分
運用要員 5名
初速 Pzgr. AP-HE  685m/s  835m/s
Pzgr.39 APC-HE  835m/s
Pzgr.42 APCBC-HE
Pzgr.40 APCR 1,180m/s
Pzgr.40/1 APCR 1,130m/s
Stielgranate.42 HEAT  160m/s
Gr.38 HE  550m/s
装甲貫徹力[9]
砲弾 角度 射程
弾薬 弾種 弾重 初速 弾着角 100m 500m 1,000m 1,500m 2,000m
Pzgr. AP-HE 2.06kg  835m/s 60°  67mm  57mm  44mm  34mm
Pzgr.39 APC-HE 2.06kg  835m/s 60°  69mm  59mm  48mm  38mm  29mm
Pzgr.42 APCBC-HE 2.23kg
Pzgr.40 APCR 0.90kg 1,180m/s 60° 130mm  72mm  38mm
Pzgr.40/1 APCR 1.07kg 1,130m/s 60° 116mm  76mm
Stielgranate.42 HEAT 8.20kg  160m/s 60° 180mm 射程外[注 11]

注釈[編集]

  1. ^ III号戦車G型~J型に搭載された5cm KwK 38と同初速で、同等の火力を有していたと推測される。
  2. ^ 9,566門とする説も有る。
  3. ^ 5cm PaK 38に匹敵する5cm KwK 39は、射距離500m以内でT-34-76の正面装甲を貫通可能だった。[1]
  4. ^ 戦車生産人民委員部付属第48中央科学研究所が、5cm Pzgr.40すらも避弾経始により無効だったとする調査報告を行っている。[2]
  5. ^ 5cm Pzgr.40でも、KV重戦車の75mm側面装甲を至近距離で貫通できたに過ぎなかった。[3]
  6. ^ 38型5糎対戦車砲すなわち5cm PaK 38では、「KB1」型戦車ことKV-1重戦車に対する弾丸効力が全射程で無効となっている。[4]
  7. ^ 5cm PaK 38の砲架を流用している7.5cm PaK 97/38とともに継続使用された。
  8. ^ 装甲擲弾兵連隊の連隊本部にも配属された例があり、7.5cm PaK 40が支給される場合もあった。[7]
  9. ^ 5cm FlaK 214は500門発注されたが、生産には至らなかった。MK 214 AはMe 262 A-1a/U4に採用された。[8]
  10. ^ 1,000kgとする説も有る。
  11. ^ 最大射程は800mだが、有効射程は300m乃至150mとされた。

出典[編集]

  1. ^ スティーヴン・ザロガ『オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦車イラストレイテッド7 T-34/76中戦車1941-1945』大日本絵画, 2001年
  2. ^ 洞窟修道院『ソ連軍戦車兵の回想』「T-34:戦車と戦車兵」
  3. ^ スティーヴン・ザロガ&ジム・キニア『オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦車イラストレイテッド10 KV-1 & KV-2重戦車1939-1945』大日本絵画, 2001年
  4. ^ 「兵器生活」 右も左も博覧会 「ソ」軍戦車ニ対スル独軍対戦車火器ノ弾丸効力
  5. ^ ロバート・フォーチェック『オスプレイ”対決”シリーズ12 ドイツ戦車猟兵vsKV-1重戦車 東部戦線1941-'43』大日本絵画, 2013年
  6. ^ 『GROUND POWER 2012年8月号 ドイツ戦車の装甲と武装』ガリレオ出版, 2012年
  7. ^ 高貫布士&上田信『コンバット A to Z シリーズ 1 図解 ドイツ装甲師団』並木書房, 1995年
  8. ^ 広田厚司『ドイツの火砲 制圧兵器の徹底研究』光人社NF文庫, 2002年
  9. ^ Peter Chamberlain, Hilary L. Doyle, Encyclopedia of German Tanks of World War Two, Arms & Armour Press, 1978等

関連項目[編集]