15cm K 16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

15 cm K 1615 cm Kanone 16)とは、1916年にドイツ帝国が制式採用した口径150mmのカノン砲である。

概要[編集]

K 16は第一次世界大戦当時の火砲としては珍しく車軸にリーフスプリング式のサスペンションを設けており、自動車による牽引を視野に入れて開発されたものと思われる。

第一次世界大戦終結後、残存砲は戦争賠償としてベルギーが接収し運用していたが1940年の西方電撃戦においてナチス・ドイツはベルギー全土を占領し残されていたK 16を再び接収、15 cm K 429(b). として沿岸防衛用に配備したが一部は21cm Mrs 18の砲架と組み合わされている。

スペック[編集]

15 cm K 16
  • 口径:150mm
  • 全長:6.41m
  • 全幅:m
  • 重量:10,870kg
  • 砲身長:6,410mm(43口径)
  • 仰俯角:-3°~+43°
  • 左右旋回角:8°
  • 運用要員:名
  • 発射速度:3発/分(最大)
  • 射程距離:22,000m
  • 生産期間:1917年~1918年
  • 生産総数:門

関連項目[編集]