7.5 cm Pak 41

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
砲身長 4.320m
重量 1.356kg
口径 75~57mm
初速 1.125m/秒
薬室 水平鎖栓式
使用弾種 タングステン芯徹甲弾
運用者 ドイツ陸軍

7.5cm Pak41は、第二次大戦中にドイツ軍に採用された対戦車砲である。

1939年の7.5cm対戦車砲開発計画に従いクルップ社が開発、1941年に採用された2.8cm sPzB414.2cm lePak41と並ぶ三つの減口径(スクイーズド・ボア)砲の一つ、すなわちゲルリッヒ砲である。砲尾では砲身の内径が75mmなのが砲口では57mmに縮小しており、砲弾が砲身内を進むにつれ周囲の軽金属でできたカラーが圧縮され、高圧で射出される。貫徹力は1000m先の垂直に立った177mm装甲を撃ち抜くほどで、非常に強力であった。

同時期に採用されたラインメタル社の7.5 cm PaK 40は前身である5 cm PaK 38の拡大版であったが、Pak41はゲルリッヒ砲である以外にも全体の構造も独特であった。一見Pak40に比べると旧式に見えるが、ぶ厚い防盾そのものを砲架とし、生産の簡易化を図っている。この構造は後に、アメリカ軍の90mm対戦車砲T9に影響を与えている。

しかし砲の特性上、わずか400発の発砲で交換しなければならないほど砲身の寿命が短く、徹甲弾以外の砲弾も使えなかった。また砲弾の生産に必要なタングステンカーバイドはドイツでは産出されず、貴重なモリブデン鋼も必要であり大量生産が認められなかった。また、主要装備となったPak40が重大な敵であったT-34に対し十分対抗できたため、本砲はわずか150門の限定生産に止まった。

なお日本軍にもゲルリッヒ砲の原理が伝授され、「ゲ式七十五粍対戦車砲」の名で1943年から開発が始められたが、タ弾成形炸薬弾)の方が優先され、開発中止となった。

関連項目[編集]