21cm Mrs 16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
21 cm Mörser 16
Langer 21 cm morser hameenlinna 4.jpg
21 cm Mörser 16 ハメーンリンナのFinnish Artillery博物館
種類 臼砲
原開発国 ドイツの旗 ドイツ帝国
運用史
配備期間 1916-1950
配備先 ドイツの旗 ドイツ帝国
スウェーデンの旗 スウェーデン
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
フィンランドの旗 フィンランド
関連戦争・紛争 第一次世界大戦, 第二次世界大戦
開発史
開発者 クルップ
製造業者 クルップ
諸元
重量 6,680kg

砲弾 separate-loading, cased charge
口径 211 mm
砲身 2.675m L/14.5
砲尾 horizontal sliding wedge
反動 hydro-pneumatic
砲架 box trail
仰角 -6° to +70°
旋回角
発射速度 1-2 rpm
初速 393 m/s
最大射程 11100m

21 cm Mrs 1621 cm Mörser 16)とは、ドイツ帝国が1916年に制式採用し第一次世界大戦で使用した重臼砲である。

一般的に榴弾砲に分類されることが多いが、ドイツ語の名称が示すとおりドイツ軍ではMörser(臼砲)に分類されていた。

概要[編集]

Moving into action, Ham, March 1918

Mrs 16は21cm Mrs 10をベースに砲身延長と射程距離の延伸が行われている。また、自動車牽引を考慮して鋼鉄製の車輪がゴムで覆われている。 一般的に榴弾砲に分類されることが多いが、ドイツ語の名称が示すとおりドイツ軍ではMörser(臼砲)に分類されていた。砲弾は二種類あり、重量113Kgの榴弾TNT11.61Kgが詰まった121.4Kgの鋼鉄のシェルを持つベトン弾を使用した。 1940年に21cm Mrs 18と取り替えられるまで、ドイツ軍の第一線で使用されてきた。二線に退いた後も訓練などで使用されていた。 スウェーデンではドイツから1918年に12門を購入して1950年まで運用していた。 このうち4門はフィンランドに売却されている。

関連項目[編集]