8.8 cm PaK 43

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
8.8 cm Panzerabwehrkanone
Pak 43
制式名 8.8cm PaK43
砲身長 6.280 m (71口径)
重量(移動時) 5400 kg
重量(設置時) 3700 kg
口径 88 mm
製造国 ドイツ
製造 クルップ社

8.8 cm PaK 43は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツ軍で採用された口径88mmの対戦車砲である。

概要[編集]

1940年、ドイツ国防軍は従来の8.8 cm FlaK 18/36/37に代わる高射砲開発のための契約を、ラインメタル社およびクルップ社と交わした。

先行したのはラインメタル社で、従来の8.8cm砲同様に十字型砲架に載せられた新しい74口径という長砲身、装薬の多いより高威力の砲弾を用いる、FlaK 41が開発・採用された。これは威力こそ高かったものの、初期トラブルや生産の遅延が発生、対抗するクルップの試作名称ゲレーテ42にも採用の機会はあったが、結局こちらはものにはならず、新たに戦車砲および重対戦車砲として設計をやり直すこととなった。

1943年、これらは戦車砲型が8.8 cm KwK 43、対戦車砲型が8.8 cm PaK 43として採用された。どちらも砲身長は71口径で、垂直鎖栓式の閉鎖機と、ボタンを押すと発砲する電気式の撃発装置を持っていた。これは戦車砲としては普通であるが、対戦車砲としては珍しい仕様で、互換性を重視したようである。また、後座する尾栓が砲架などに当たるような角度では、安全装置が働いて発砲しないようになっていた。他のこの類の砲同様、閉鎖機を開いた時に自動的に薬莢が排出され、装填後に閉鎖される。

なお自走砲用として、ナースホルン用のPaK 43/1(これのみ砲身は共通だが、砲架や駐退機、閉鎖機、撃発装置などが異なる8.8 cm PaK 43/41がベース)、エレファント重駆逐戦車用のPaK 43/2ヤークトパンター用のPaK 43/3が生産されている。大戦末期にはこの砲を自走化したヴァッフェントレーガーも生産されている。

この砲の威力は、第二次大戦中の対戦車砲としては最高クラスの一つである。通常の被帽付徹甲榴弾であるPzGr 39/43を用いた場合、30度傾斜した装甲板に対しては、203mm(射程100m)/185mm(射程500m)/165mm(射程1000m)/148mm(射程1500m)/132mm(射程2000m)貫通できた。タングステン芯が仕込まれたPzGr40/43の場合、30度傾斜した装甲板に対しては、237mm(射程100m)/217mm(射程500m)/193mm(射程1000m)/171mm(射程1500m)/153mm(射程2000m)であり、実際に戦場で遭遇したあらゆる敵戦車を撃破可能であった。

対戦車砲としては珍しく、高射砲のように十字型砲架が採用され、専用トレーラーから降ろした射撃状態では、360度の全周射撃が可能であったが、緊急時にトレーラー上から発砲する場合は、側面の脚を展開し、射角は左右30度に限定される。4つの(チューブ式またはソリッド式の)ゴムタイヤを備えた専用の204型トレーラー(ゾンダーアンヘンガー204)に載せられ、5tハーフトラックや後継のsWS(重国防牽引車)、またはL4500Rマウルティーアなどで牽引された。

従来の対戦車砲よりはるかに強力ではあったが、大型かつ大重量であったため、人力での移動は大変困難であった。このため戦闘中に陣地を変更して戦うことは不可能であり、また撤退の際に牽引車が無かったり、雪や泥で牽引が困難な場合、放棄しなければならない事態に陥った。これにより捕獲されたこの砲は、連合軍赤軍によってドイツ軍重戦車に対抗できる対戦車砲や、野砲代わりとして再利用されることとなった。

Pak 43は一門あたりの価格21,000ライヒスマルクとコストパフォーマンスに優れ(8.8cm高射砲であるFlaK36は33,600、FlaK41は60,000ライヒスマルク)、1943年3月から、1945年3月の間に計2,840門が軍に納入された。初期には砲身の生産が先行し、砲架の生産が遅延したため、砲身を無駄にしないために、ラインメタル社が8.8 cm PaK 43/41を、1944年の夏まで併行生産している。

参考資料[編集]

月刊グランドパワー 2007年10月号(ガリレオ出版)他

関連項目[編集]