7.5 cm KwK 42

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

7.5cm KwK 42:7.5 cm Kampfwagenkanone 42)は第二次世界大戦中にドイツラインメタル・ボルジヒ社 (Rheinmetall-Borsig AG)によって開発された戦車砲。VK30.02(後のパンター)用として1941年に発注されていた60口径砲が前身で、1942年に実施された射撃試験では射距離1,400mで30度の傾斜を備えた100mm厚の装甲板を貫徹できることが実証されていた。貫通力の強化のために、70口径に延長して誕生したのが本砲である。[1]V号戦車パンター(Sd.Kfz.171)やその指揮戦車型(Sd.Kfz.267 & Sd.Kfz.268)に搭載された。また、ティーガーH2型としてティーガーI(Sd.Kfz.181)の101号車以降に搭載する計画も存在した。派生型としてパンターF型で採用される予定だった7.5cm KwK 44と自動装填装置を組み合わせた7.5cm KwK 44/2が存在する。

7.5cm PaK 42(独:7.5cm Panzerabwehrkanone 42)はIV号戦車/70(V)および(A)(Sd.Kfz.162/1)に搭載された対戦車砲で、E-25駆逐戦車型駆逐戦車38D(Sd.Kfz.138/2)への搭載も計画されていた。1942年にヘラー社が試作した7.5cm PaK 40/42からマズルブレーキを省略した物が採用された。

これらの砲の最大の特徴は、極めて高い砲口初速による装甲貫徹力であった。1943年7月のクルスクの戦いで本砲を搭載したパンターが実戦投入された際、それは敵の野戦砲や戦車砲のどれよりも高い装甲貫徹力を発揮、使用する戦車兵にも高く評価された。装甲貫徹力はティーガーIの8.8cm KwK 36に勝っていた。

装甲貫徹力[2]
比較対象 砲弾 角度 射程
略称・口径 弾薬 弾種 弾重 初速 弾着角 100m 500m 1,000m 1,500m 2,000m
7.5cm KwK 42
(L/70)
Pzgr.39/42 APCBC-HE  6.80kg  925m/s 60° 138mm 124mm 111mm  99mm  89mm
Pzgr.40/42 APCR  4.75kg 1,120m/s 60° 194mm 174mm 149mm 127mm 106mm
8.8cm KwK 36
(L/56)
Pzgr.39 APCBC-HE 10.16kg  773m/s 60° 120mm 110mm 100mm  91mm  84mm
PzGr.40 APCR  7.30kg  930m/s 60° 171mm 156mm 138mm 123mm 110mm

7.5 cm KwK 42は撃針ではなく、電気式雷管で発砲された。同時期のドイツの戦車砲や対戦車砲と同様、楔型尾栓は射撃後に空薬莢を排出した後は開いたままとなり、新たな砲弾を装填すると自動的に閉鎖する。この際、装填手は指を挟まれないように握り拳で砲弾を押し込むように教育されていた。

第二次世界大戦の終結後、パンターを一時運用していたフランスでは、7.5cm KwK 42を参考にした61.5口径75mmライフル砲SA50(CN-75-50)が開発された。同国のAMX-13軽戦車やEBR 75装甲車、イスラエルM50 スーパーシャーマンに搭載されている。

脚注[編集]

  1. ^ 後藤 仁, GROUND POWER No.195 ドイツ計画戦車, ガリレオ出版, 2010
  2. ^ Peter Chamberlain, Hilary L. Doyle, Encyclopedia of German Tanks of World War Two, Arms & Armour Press, 1978

外部リンク[編集]