7.5 cm leIG 18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
7,5-cm-leichtes Infanteriegeschütz 18
Bundesarchiv Bild 101I-219-0594-33, Russland-Mitte-Süd, Infanteriegeschütz.jpg
種類 歩兵砲
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
運用史
配備期間 1932—45
配備先 ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発者 ラインメタル
開発期間 1927
製造業者 ラインメタル
製造期間 1932—45
製造数 ~ 12.000
諸元
重量 400キログラム (880 lb)
銃身 88 cm (3 ft) L/11.2
要員数 5

砲弾 cased cartridge
砲弾重量 6キログラム (13 lb)
口径 75ミリメートル (3.0 in)
砲身 88 cm (3 ft) L/11.2
砲尾 Shotgun-type block
砲架 split trail
仰角 -10° to 73°
旋回角 12°
発射速度 8-12 rpm
初速 210 m/s (690 ft/s)
最大射程 3,550 m (3,880 yd)

7.5 cm leIG 18: 7.5 cm leichtes Infanteriegeschütz 18)とは第二次世界大戦ドイツ国防軍が使用した歩兵砲である。

概要[編集]

開発は1927年からラインメタル社によって始められた。

山砲は輸送のために6~10個の部品に分解できた。、最も重い部品でもドイツ人が一般的に各々の山岳大隊の兵士二名で運べる74.9kg.の重さである。

バリエーションに山砲の7.5 cm IG L/13)がある。


IG 18 と GebIG 18のスペック[編集]

  • 口径: 75 mm (2.95 in)
  • 俯角: -10°
  • 仰角: 73°
  • 初速: 210 m/s (689 ft/s)
  • 最大射程: 3,550 m (3,882 yds)
  • Traverse: 12°
  • 重量: 400 kg (882 lbs)
  • Weight of the 7.5 cm le.GebIG 18: 440 kg (970 lbs)
  • Weight of HE Shell: 6 kg (13.22 lbs)
  • Weight of HC Shell: 3 kg (6.6 lbs)

IG L/13[編集]

  • 口径: 75 mm (2.95 in)
  • 俯角: -5°
  • 仰角: 43°
  • 初速: 305 m/s (1,000 ft/s)
  • 最大射程: 5,100 m (5,577 yds)
  • 水平射角: 50°
  • 重量: 375 kg (827 lbs)
  • 砲弾重量: 6.35 kg (14 lbs)