モーゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マウザー製作オベルンドルフ武器システムGmbH
Mauser-Werke Oberndorf Waffensysteme GmbH
種類 GmbH
略称 マウザー、マウゼル、マウザー・ヴェルケ
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ
78727
Flag of Baden-Württemberg.svg オベルンドルフ・アム・ネッカー Werkstraße 2
設立 1811年7月31日(王立ライフル工場として)
1872年
業種 機械
事業内容 銃砲
主要株主 ラインメタル
関係する人物 マウザー兄弟
外部リンク http://www.mauser-online.com (廃止)
特記事項:2004年、ラインメタル武器弾薬社が吸収合併。所在地・電話番号は引き続きマウザー・オベルンドルフ支店 (Niederlassung Mauser Oberndorf) が使用。
テンプレートを表示
マウザー狩猟武器GmbH
Mauser Jagdwaffen GmbH
種類 GmbH
略称 マウザー、マウゼル
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ
88316
Flag of Baden-Württemberg.svg イスニ・イム・アルゴイ Ziegelstraße 1
設立 1999年
業種 機械
事業内容 小銃
主要株主 アメリカ合衆国の旗 SIG SAUER
外部リンク http://www.mauser.com/
http://www.mauserwaffen.de/ (内容は同じ)
テンプレートを表示
ドイツの騎兵銃:Karabiner98k(Kar98k)

マウザー (ドイツ語: Mauserドイツ語発音: [ˈmaʊ̯zɐ] [1]は、1872年にマウザー兄弟が設立した銃器メーカーで、ヴァルター社と並ぶドイツの老舗である。ボルトアクションライフルの設計で現代に多大な影響を残した。

現在は、主流の軍需部門はドイツのラインメタルグループのラインメタル武器弾薬社 (Rheinmetall Waffe Munition GmbH) の一部となり、民生部門はアメリカのSIGARMS傘下のマウザー狩猟武器社 (Mauser Jagdwaffen GmbH) となっている。

歴史[編集]

1811年ヴュルテンベルク王国フリードリヒ1世が、ネッカー川河畔のオベルンドルフ修道院に、王立ライフル工場 (Königliche Württenbergische Gewehrfabrik) を建造した。

この王立ライフル工場で、フランツ・マウザーと、息子の兄ヴィルヘルムと弟パウル(ペーター・パウル)のマウザー兄弟は職工として働いていたが、下記の事情により工場および会社を設立し、王立ライフル工場を買い取った。

1867年にマウザー兄弟は、ボルト・アクション銃の新しい閉鎖機構を発明し、1868年、特許をアメリカで取得した。アメリカのレミントン社サミュエル・ノリスが契約をし、レミントン・モーゼル銃を量産した。ノリスは引き続き、ライフルM1878プロイセン王国の制式銃とする契約を取り付けた。当初は、製造は王立ライフル工場で、マウザーは部品下請けの立場だったが、王立工場の製造能力が追いつかず、マウザーでも製造となった。

1872年1873年とも)、兄弟はマウザー社を設立し、1874年、王立ライフル工場を買い取った。

1877年露土戦争連発式ライフルのウィンチェスターが大戦果を挙げたのを受け、1884年、マウザーも連発式のM71/84を製造した。これを基本設計とした銃が、世界各国で採用され、連発式ライフルの市場を制覇した。

1878年から拳銃の生産を開始したが、初期のモデルのリボルバー「ジグザグ」はヒットしなかった。

1889年、ドイツ武器弾薬製造社 (Deutsche Waffen- und Munitionsfabriken A.G.; DWM) に買収された。

1896年には、自動拳銃C96(ブルームハンドル)を開発した。C96はポツダムドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が試射したエピソードで知られるが、制式採用はされなかった。民間向けでは、ウィンストン・チャーチルが軍籍時代に私物銃として使ったことでも知られる。

1898年、ライフルモデル98を発売した。このモデルは多くの派生モデルを生み、ロングセラーとなった。

2つの世界大戦では、第一次世界大戦ゲヴェーア98第二次世界大戦カラビナー98kなど各種の銃が制式採用された。戦間期には、自動車などの民生品も製造した。第二次世界大戦では、戦火による直接の被害は少なかったが、占領中にフランス軍による略奪と破壊で、大きな被害を受けた。

1945年、一度解体されたが、1956年に再建された。なお、この間の1949年に退社したエトムント・ヘッケラーとテオドア・コッホが、1950年ヘッケラー&コッホを設立した。

1995年(ラインメタルの公式年表による。買収は段階的になされたので異なる年を挙げる資料もある)、ラインメタル・ベルリン(現 ラインメタル)に買収され子会社のマウザー製作オベルンドルフ武器システム社 (Mauser-Werke Oberndorf Waffensysteme GmbH) となった。その後は艦砲機関砲などの重火器が主力製品となる。

1999年、民生用の狩猟銃・スポーツ銃部門がマウザー狩猟武器社 (Mauser Jagdwaffen GmbH) に分社され、2000年にSIGアームズ(現 SIG SAUER)に買収された。

2004年、マウザー製作オベルンドルフ武器システム社はラインメタル武器弾薬社 (Rheinmetall Waffe Munition GmbH) に吸収され、マウザー兄弟が設立したマウザー社は消滅した。

日本の銃砲関係者における「Mauser」の読み方について[編集]

「Mauser」の日本の銃砲関係者での表記・読み方「モーゼル」「マウゼル」は、おそらくは明治陸軍造兵界での訳出を踏襲している。この「er」の読み方については、/r/を常に[r]で発音し語末や音節末でも母音化しない舞台ドイツ語発音に基づいている。

航空界、及び戦後防衛産業界では、実際に話されている発音に近い「マウザー」、或は嘗ての正式社名であるマウザー・ヴェルケ(ヴェルケ (Werke) は「製造所」の意味)が使われる事が多い。戦中の例としてはMG151航空機関砲が「マウザー砲」や「マ式」と呼ばれている事が有名だろう。

「Mauser」を「モーゼル」と表記する事は、モーゼル川 (Mosel) 及びその流域で作られるワインと混同する為、注意が必要である。

製品[編集]

モーゼル・ミリタリー:C96

拳銃[編集]

サブマシンガン[編集]

散弾銃[編集]

小銃[編集]

対物ライフル[編集]

機関銃・機関砲[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mauser - ウィクショナリードイツ語版.