モーゼル川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーゼル川
モーゼル川 2005年8月17日
フランス エピナル市街
延長 544 km
水源の標高 731 m
平均流量 150 /s
流域面積 35,000 km²
水源 ヴォージュ山脈(フランス)
河口・合流先 ライン川
流域 フランスの旗 フランス
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
ドイツの旗 ドイツ
テンプレートを表示
ドイチェス・エック(ライン川との合流点)
河岸に広がる葡萄畑

モーゼル川ドイツ語:Mosel、フランス語:Moselle)は、ヨーロッパフランスルクセンブルクおよびドイツを流れる全長544キロの国際河川である。

流路[編集]

フランス東北部のヴォージュ山脈に源を発し、ナンシーメスなどを北へ流れる。ルクセンブルクで北東に転じ、ドイツ国境を流れたのち、ドイツのラインラント=プファルツ州を横切り、コブレンツライン川合流する。ライン川との合流点は「ドイチェス・エック(Deutsches Eck)と称され、コブレンツの観光名所の一つともなっている。

産業[編集]

フランス国内においては、地下資源の豊富なロレーヌ地方を流れるため、その沿岸に工業都市が発展した。ドイツ国内においては、ヨーロッパ有数のワイン生産地域として知られ、モーゼル・ワインは世界各国へと輸出されている。

歴史[編集]

古代より河谷を利用した交通路が発展していた。モーゼル川沿いの都市であるトリーアには、ローマ帝国時代の浴場や、「ポルタ・ニグラ」と称される城門が残されている。かつては水量が安定しなかったため航行が困難であったが、19世紀末より河川の整備が進んだ結果、中規模の船舶の航行が可能になった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]