コブレンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コブレンツ
Koblenz im Buga-Jahr 2011 - Panoramablick auf Koblenz.jpg
ドイチェス・エック
紋章 地図
Wappen von Koblenz
Lage der kreisfreien Stadt Koblenz in Deutschland
基本情報
連邦州: ラインラント=プファルツ州
郡: 郡独立市
標高: 海抜 64.7 m
面積: 105.02 km²
郵便番号: 56001 - 56077 (旧: 5400)
市外局番: 0261(一部 02606)
ナンバープレート: KO
自治体コード: 07 1 11 000
UN/LOコード: DE KOB
市の構成: 28 市区、 6 街区
市庁舎の住所: Gymnasialstr. 2
56068 Koblenz
ウェブサイト: www.koblenz.de
E-Mail: [1]
住民(2006年6月現在)
人口:

109,779人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,045 人/km²
負債: 約 37,200,000 €
失業率: 10.4%
外国人: 9.1%
年齢構成: 0-14 歳: 12.9%
15-64 歳: 65.3%
65 歳以上: 21.8%
性別人口比: 男性: 47.78%
女性: 52.22%
宗教: カトリック: 55.17%
福音派: 19.22%
その他: 25.61%
Politik
上級市長: ヨアヒム・ホフマン=ゲッティヒ (Joachim Hofmann-Göttig、 (SPD)
多数政党: CDU

コブレンツコーブレンツKoblenz [ˈkoːblɛnt͡s])は、ドイツ連邦共和国の都市である。ラインラント=プファルツ州に属する。人口は約 10 万人。コプレンツとも表記される。

地勢・産業[編集]

モーゼル川ライン川の合流点に位置し、河川交通の要衝である。モーゼル川がライン川に注ぎ込む箇所は、ドイチェス・エック(Deutsches Eck、「ドイツの角(かど)」)と称される。ワインの取引の他、そのライン川沿いの景観から観光業も発達している。近隣の都市としては、ライン川沿いの約50キロメートル北西にボン、80キロメートル北西にケルン、65キロメートル南東にマインツが位置している。モーゼル川を南西に約95キロメートルさかのぼるとトリーアに到達する。また、10キロメートルほど東には温泉地であるバート・エムスが位置している。

歴史[編集]

古代には、ローマ帝国がこの地にカストルム・アド・コンフルエンテス(合流点の城砦の意)と称される城砦を築いた。城砦近くに商人の集落も形成されたが、古代末期に破壊された。中世には、トリーア大司教領のもとで繁栄し、ハンザ同盟にも加盟した。フランス革命において、フランスの支配下に置かれる。19世紀前半、ウィーン議定書の取り決めに基づき、のちのドイツ帝国の中心となるプロイセン王国の支配下へと入る。

文化・観光[編集]

ドイチェス・エックには、ドイツ帝国初代皇帝であるヴィルヘルム1世の騎馬像が建てられた。第二次世界大戦に際してアメリカ軍に破壊されたが、近年になって再建された。

スポーツ[編集]

TuSコブレンツが、コブレンツを本拠地とするサッカークラブである。2006年、クラブ史上初のブンデスリーガ(2部)昇格を果たした。

主な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]