Gew98

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gewehr 98
Mauser m98.jpg
Gew98と銃剣と5発クリップ
概要
種類 軍用小銃
製造国 ドイツ帝国の旗 ドイツ帝国
設計・製造 モーゼル社他
性能
口径 7.92 mm
銃身長 740 mm
使用弾薬 7.92x57mmモーゼル弾
装弾数 5 発
作動方式 ボルトアクション方式
全長 1,250 mm
重量 4.09 kg (空弾倉状態)
銃口初速 878 m/s
有効射程 500 m

Gewehr 98(略称Gew98G98M98)は、ドイツ帝国によって制式採用されたボルトアクション小銃である。1898年から1935年までドイツ軍の制式小銃であり、第一次世界大戦の間はドイツ軍歩兵の主力小銃であった。


歴史[編集]

Gew98は、1890年代を通じていくつか発表されたモーゼル式小銃の最新型であった。

1895年9月9日、兄ヴィルヘルム・モーゼル技師と共にモーゼル兄弟として知られるパウル・モーゼル技師は、新型小銃の発表に先立って新しいボルトアクション構造について特許を取得している。

1898年4月5日、旧式化しつつあった制式小銃Gew88を更新する為、ドイツ小銃試験委員会(Gewehr-Prüfungskommission,G.P.K)は、モーゼル技師から提出されていた試作小銃Gew96をGew98として制式採用した。Gew98の名称は製造が始まった1898年に由来する。採用から3年後の1901年には東アジア遠征軍海軍、また陸軍のうちプロイセン陸軍の主要な3つの軍団で初めてGew98の配備が行われており、義和団の乱末期の掃討戦が最初の実戦投入であると言われている。

1904年にはモーゼル武器製造社(Waffenfabrik Mauser)で290,000挺、その親会社であるドイツ武器弾薬製造社(Deutsche Waffen- und Munitionsfabriken,DWM)で210,000挺のGew98製造を請け負っている。

1905年、ドイツ軍の8mm(7.62mm)小銃弾として1888年以来使用されていたM/88 I弾(弾丸直径8.08mm、弾丸重量14.6g、円頭弾)が、新型銃弾M/88 IS弾(弾丸直径8.20mm、弾丸重量9.9g、尖頭弾)に更新された。 これに伴い使用弾薬の変更を行ったGew98は、改造を示す為に薬室と照門基部後方に小さな"S"の文字が刻印された。 またIS弾はI弾に比べ低伸性に優れる為、"langes Visier"として知られる照門もそれに合わせ調整されたものに変更されている。

設計詳細[編集]

Gew98は、手動操作、弾倉供給方式のボルトアクション小銃である。全長1,250mm、銃身長740mm、重量4.09kgで、内部の弾倉に7.92mm×57弾を5発装填する。 照星はいわゆるオープンサイトで、"langes Visier"として知られるタンジェント式照門を備えていた。

M98 ボルトアクション機構[編集]

モーゼルM98、ボルトグループ
モーゼルM98、ボルトと撃針と安全機構、野戦分解
第一次世界大戦時のドイツのストリップ式クリップ、M/88 IS弾5発付き

M98ボルトアクション機構は、単純かつ強固、安全であり、最も考え抜かれた設計とされており、20世紀の間にはこの影響を受けた数多のライフルが軍用、狩猟用、スポーツ用など、用途を問わずに使用された。M98機構の欠点はその複雑さにあり、安価な大量生産に不向きな点であった。またリー・エンフィールド式など、他のボルトアクション機構は、M98機構よりもわずかに速射性に優れていたと言われる。

特徴[編集]

M98ボルトアクション機構[1]の機関部は、機構の覆い部分とボルトグループにより成される。 ボルト本体には3つのロッキングラグ(閉鎖用突起)があり、2つの大きな主要ラグはボルト先頭に位置し、主要ラグの不良に備えた安全ラグはボルト側面に位置する。 この安全ラグはM98機構特有のもので、以前のモーゼル式機構には見られない。機関部は安全性と強度を求めて以前のモーゼル式小銃よりも太く設計されている。ボルトハンドルはボルトと一体化しており、Gew98の場合は水平であった。

M98ボルトアクション機構のもう一つの特徴は、機関部に内蔵された銃弾の供給制御メカニズムである。この仕組みでは、非回転式の摘筒器が薬莢の縁に爪を引っ掛けると即座に銃弾が弾倉から抜き出され、排莢されるまで保持され続ける。これと共にボルト開放サイクルの最終段階において、機関部後部がボルト収納部と結合し、弾薬抽出を終える。ボルト操作の間に小銃そのものが動かされたりしても、銃弾を発射さえすればM98ボルトアクション機構は支障なく動作する。但し、ボルトが十分手前までしっかりと引かれなかった場合のみ、薬莢が供給メカニズムから排出されず、弾詰まりが起こる場合がある。

ボルトはコッキング状態において撃針メカニズムを収納し、この状態を視覚的かつ触覚的に示す為、コッキングピースがボルト後部に露出する。このボルト・スリーブ・ロックと呼ばれる仕組みは以前のモーゼル式小銃には見られず、撃針の動作及び固定時間を減らす効果があった。

2つの大きなガス抜き穴と、使用者の頭部を雷管の撃発や薬莢の破裂から保護するボルトスリーブ上部のガスシールドが動作部分の特徴と言える。 動作時に何らかの支障が起きたとき、これらの安全機構が発射ガスや破片などを使用者の顔面から逸らすのである。 M98ボルトアクション機構のボルトグループは、ボルトストップまで引いてから、回しながら引き抜くことで、簡単に機関部から取り外せる。

形状[編集]

安全装置[編集]

Gew98の安全装置は、旗安全器(フラッグセーフティ)と呼ばれる特徴的なものが、ボルト後端、コッキングピースの真上に取り付けられている。安全装置の分類上は、安全性が最も高い「撃針を固定する安全装置」となっている。旗安全器は3ポジション式で、左に倒すと撃針の固定と同時にボルトハンドルも固定され、薬室の開放も行えなくなる。上に起こすと撃針の固定が維持されたまま、ボルトハンドルの固定のみが解除される。これにより、コッキング状態から安全に薬室開放と脱包が行える[2]。右に倒すことで安全装置が解除され、発射が行えるようになる。有坂銃(三八式歩兵銃)と異なり、ボルトが完全閉鎖位置に無くともトリガーを引くことが可能である事や、コッキング機構がコックオン・オープニング方式[3]のため、一旦ボルトハンドルを起こした後、トリガーを引きながらゆっくりボルトハンドルを閉鎖位置へ戻すことで安全に撃針を前進させてデコッキングが完了する。

Gew98の安全装置は幾つかの利点と欠点が並存する。利点としてはボルトハンドルの固定のみ解除する中間位置を有する事により、2ポジション式に比べて安全性がより高いこと。ボルトの最上部に大きな旗安全器が位置することで他人からも安全か安全解除かの識別が容易であること。中間位置である上に起こした状態では、薬室を閉鎖しても旗安全器にリアサイトが隠れて照準が行えないため、自分自身でも安全か安全解除かの識別が容易であることであり、64式小銃の開発者の一人である伊藤眞吉は自著において、軍用銃の安全装置に求められる機能性を全て満足した理想的なものであるという趣旨の記述[4]を行っている。但し、利点とは表裏一体の欠点もあり、ボルトの最上部に大きな旗安全器が位置する故に据銃状態での操作性は有坂銃と比べて劣っており、戦後の米国市場では操作しづらい旗安全器をより操作性の高い安全装置に改造する為の社外部品が存在した[5]程である。また、大きなスコープをトップマウントで取り付けている場合、旗安全器によってスコープでの照準を阻害したり、スコープ本体と干渉して取り付け可能なスコープに制約を生じる場合もある。

しかしながら、Gew98の旗安全器が後世のボルトアクションの安全装置に与えた影響は極めて大きく、今日の近代的な設計のボルトアクションライフルの多くは、Gew98の旗安全器の概念を踏襲しながらも、上記の欠点を解消した3ポジション式安全装置を採用している。

弾薬装填[編集]

トリガー[編集]

照準装置[編集]

銃床[編集]

アクセサリー[編集]

ドイツのSeitengewehr 98/05、第一次世界大戦中に使用された銃剣

本銃が支給される際には革製の負革が付属した。 第一次世界大戦が長引く間に、革不足のため、負革の素材はキャンバスに変更された。

ライフルはライフルグレネードを撃つことができた。様々な取り付け方法のグレネードランチャーが第一次世界大戦の間に設計された。

Gew98は、銃剣と共に使用されるように設計された。

派生型[編集]

狙撃銃[編集]

選抜された特に精度の高い個体が光学照準器を付け狙撃銃として使用された。

Kar98a[編集]

Karabiner 98a

Kar98a(Karabiner98a)は、Gew98の文字通りの騎兵銃型として1900年代初頭に採用された。銃身長が740mmであるGew98に対して、Kar98aは600mmでKar98kと同じであり、側面の負革や曲げられたボルトハンドル等、似た特徴もある一方、銃口近くから機関部薬室付近まで覆う木被(銃身覆い)や特徴的な叉銃用金具等、異なる点も多く有していた。

kar98b[編集]

Karabiner 98b

第一次世界大戦の敗戦と共にドイツにはヴェルサイユ条約により軍事的にも厳しい規制が課されることとなった。その下で新生ヴァイマル共和国陸軍(Reichsheer)は当初第一次世界大戦より残されたGew98を使用したが、1920年代初頭にいくつかの改良が加えられてKar98b(Karabiner98b)として採用されることとなった。Kar98bは銃身長がGew98と同じ740mmであったが、負革が側面に付けられたことからKarabinerと呼ばれた。またほとんどのKar98bは既存のGew98を改造したものであった。

Kar98k[編集]


第一次世界大戦後のGew98[編集]

競技用と狩猟用[編集]

Gew98をベースにした競技用ライフル、1936年製

現在も民間に販売され、狩猟や競技に使用されている。また使用弾である7.92mmモーゼル弾も現在でも製造が続いている。

ヴァイマル共和政ナチス・ドイツ[編集]

第一次世界大戦の敗戦後、ヴァイマル共和政となったドイツにはヴェルサイユ条約により軍事も厳しい規制が課されることとなった。その下で新生ヴァイマル共和国陸軍は最初Gew98をそのまま使用したが、1920年代初頭にいくつかの改良が加えられてKar98bを採用されることとなった。その後Gew98の改良型がいくつか誕生した。ナチスが政権を掌握していた後、ドイツ国防軍でも使用されたが、1935年6月にKar98kを制式採用し、一部を除きkar98kに置き換えられたが、第二次世界大戦末期の深刻な武器不足を補うため再びGew98とその改良型が、主に武装SSの外国人傭兵部隊や国民突撃隊に手渡され、前線へ投入された。

しかしながら、最近の文献では、第2次世界大戦期の急速な軍拡による軍団および師団の相次ぐ増設により、支給する武器の供給が追いつかなかったことから初期から大量に使用されていたことが分かってきている。フランス侵攻時の全師団のうちの12コ師団、北アフリカ戦線の各師団など。

オスマン帝国[編集]

スペイン内戦[編集]

中国[編集]

中独合作により、国民党軍やその他の複数の軍閥に、Gew98もしくはその改良版であるモーゼルM24が輸出され、または中正式歩槍としてライセンス生産された。

イスラエル[編集]

第二次世界大戦後、イスラエル建国に際してハガナーはヨーロッパ各国の武器取扱筋から、かなりの数のKar98kを入手した。これらの幾分かは、改造されたGew98だった(ドイツ帝国印は別として、他のすべてのイスラエルのモーゼルと、そのライフルは同じだった)。1958年に7.62mm NATO弾がイスラエルの規格として採用された後に、他のイスラエルのモーゼルのように、これらのライフルのほとんどは7.62mm NATO弾のために銃身交換された。

使用国[編集]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Exploded view drawing of the Mauser Model 98 controlled-feed bolt-action
  2. ^ ボルトのみ固定を解除する機能を持たない、2ポジション式の有坂銃SMLEの場合、脱包の際には撃針の固定を解除しなければならない為、脱包作業中に万一シアーが破損するなどにより撃針やストライカーの固定が外れた場合、そのまま暴発に至るリスクがある。
  3. ^ ボルトハンドルを起こす際にコッキングが完了する方式。閉鎖時にコッキングが完了する有坂銃のコックオン・クロージング方式と比較して操作力が大きくなる反面、再コッキングやデコッキング操作が容易である。
  4. ^ 伊藤眞吉 「鉄砲の安全(その2)」『銃砲年鑑』06-07年版、267頁、2006年
  5. ^ 但し伊藤はこうした社外の安全装置の中には、安全性が相対的に低い「引金のみを固定する安全装置」も少なくなかったと記している。

外部リンク[編集]