SU-85 (自走砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SU-85
SU-85.jpg
性能諸元
全長 8.15 m
全幅 3.00 m
全高 2.45 m
重量 29.2 t
懸架方式 クリスティー方式
速度 55 km/h
行動距離 400 km
主砲 D-5T 85mm戦車砲
装甲 45 mm
エンジン 4ストロークV型12気筒
水冷ディーゼル
500 HP/375 kW
乗員 4 名
テンプレートを表示

SU-85ロシア語СУ-85)は、ソビエト連邦T-34をベースに開発した自走砲スヴェルドロフスク(現エカテリンブルク)の国営第9ウラル重機械工具製造所で、1943年8月より生産開始された。

概要[編集]

ドイツ軍が1943年初めに投入したティーガーI戦車を捕獲したソ連軍は、この戦車を撃破するためにはT-34のF-34 76.2mm砲では至近距離まで接近しないと無理であり、また122mm榴弾砲では対戦車戦闘には不利であることを悟った。これに対抗するためには85mm高射砲やA-19 122mmカノン砲クラスの火器が必要とされ、これらの車載用改造型を開発することにした。

そこでM1939 85mm高射砲を基にしたS-18を SU-122に搭載することを試み、SU-85-IとSU-85-IVの二種類の試作車が作られたが上手くいかず、新たに別の85mm砲であるD-5Sが搭載されたSU-85-IIが試作され、これが採用され量産型のSU-85となった。これは、48発の85mm砲弾とピストルポートから撃つためのサブマシンガンの弾薬を1500発、自衛用のF1手榴弾24個と対戦車手榴弾5個を搭載できた。

当初、主砲がKV-85に優先的に回されたため生産開始が遅れ、1943年7月のクルスクの戦いには間に合わず、実戦参加は9月のドニエプル渡河作戦からである。以後、終戦まで継続して使われ続けた。

本車は分類としては自走砲だが、性格としては85mm対戦車砲D-5Sを搭載する駆逐戦車である。ドイツの新型重戦車に対抗すべく、より強力なD-5S-BM85に換装した試作車SU-85BMや、100mm砲を小口径化=弾頭は85mmだが薬莢は100mm砲の物にした高初速砲を搭載するSU-D-10-85、またその逆に100mm弾頭と85mm薬莢の組み合わせの砲弾を使うSU-S-34-1も試作された。

1944年にT-34-85の大量生産が開始され、SU-85は7月には生産を終えた。しかし後継である SU-100の主砲と弾薬の生産の遅れから、その車体を流用した厚い前面装甲と車長用キューポラを持つSU-85Mに生産が移行し、これは12月まで生産された。

因みに、かつてタミヤは自社のSU-85のプラモデルに「ファーマー」という独自の愛称を与えていた。

関連項目[編集]