T-70 (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T-70
T-70, technical museum, Togliatti-1.jpg
性能諸元
全長 4.29 m
全幅 2.32 m
全高 2.04 m
重量 9.2 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 45 km/h
行動距離 360 km
主砲 46口径 45 mm 戦車砲
副武装 7.62 mm DT機関銃(主砲同軸)
装甲 60 mm
エンジン GAZ-202×2基
70+70 hp (52+52 kW)
乗員 2 名
テンプレートを表示

T-70ロシア語:Т-70 テー・スェーミヂッシャット)はソビエトによって開発、運用された軽戦車である。

概要[編集]

T-60に替わる軽戦車として開発され、8000台を超える数が生産された。

軽戦車ながらソビエト軍の主要機甲戦力の一翼を担った。
ただし、改良を重ねた軽戦車ではあっても、結局このクラスの車輌を戦車戦や歩兵支援に用いる事にはそもそも無理があり、使用した前線部隊や戦車兵からは最後まで良い評判は聞かれなかった。砲塔を二人用に変更したT-80の生産も間もなく中断され、ソビエト軍は戦後「1943年後半までこれら軽戦車の量産を続けたのは失敗だった」と認めている。

しかし、T-70のシャーシを流用しZIS-3野砲を搭載した自走砲SU-76が開発され、後に改良型SU-76Mに発展・大量生産され、大戦終盤に活躍することとなる。

T-70は遠方から見ると外観がT-34に酷似しているため、ドイツ軍にT-34と誤認される事も多く、戦場に大量に投入されたこともあって、ドイツ側の記録にある「T-34*両を撃破」のうちの少なからぬ数は実はこのT-70を撃破したものであったのではないか、という考察もある。ドイツ軍は捕獲したT-70Mを“Pz.kpfw.T-70 Sd.Kfz 743(r)”の名称で使用した。

開発・生産[編集]

これまでも様々な軽戦車の開発を担当してきたN.A.アストロフの設計チームは、T-60の武装と装甲の強化を試みるべく、1942年1月にまず37mm戦車砲ZIS-19を搭載することから開発を始めた。これは海軍の小型艇に装備するための新型速射砲で装甲貫通力も高かったが、全くの新型であるため生産や弾薬の補給の問題があり、結局従来の45mm戦車砲弾を用い、ZIS-19の優秀な機構を取り入れた45mm戦車砲ZIS-19BMを生産することに決定、1942年3月にはT-60-2またはオブィエークト062として完成した。防盾も厚さ60mmという厚いものとなり、これにより攻撃力と砲塔の防御力は改善された。しかし相変わらず小型の一人用砲塔であり、車長が偵察、装填、照準を強いられたため発射速度は速いものではなかった。

続いてアストロフの設計チームは車体の強化を試み、当初「T-45」の名で計画されたこの戦車は、車体を大型化して前面装甲をT-34のような傾斜装甲と操縦士ハッチに変更、厚さも35~45mmと格段に強化された。また、変化した荷重配分に対応するために転輪を片側5組に増やし、ガソリンエンジンをより強力なGAZ-202(70hp)二基に変更することで機動性は維持された。結局この戦車はT-70として開発後半年で完成、量産に入った。

T-70の生産開始二ヶ月ほどで、改良型T-70Mが開発され、以後は生産はT-70Mに移行した。
これはトラブルが多発した二基のエンジンでそれぞれ左右の操行装置を通して履帯を回す方式を、各85hpに強化しタンデム配置にして同調させ、一つの操行装置で動かすように構造が変更されたものである。
また、車体の操縦士用ハッチには直視型の防弾ガラス入り覗視窓が付いていたものが上部に新型の旋回式ペリスコープレンドリース法によって供与された英国戦車の装備品をコピー生産したもの)が付く方式に変更され、さらに砲塔ハッチのペリスコープも車体の物と同型に、履帯も260mmから300mmに幅を増し、生産後期から砲塔防盾は一体鋳造から溶接組み立てに変更されている、などの違いがある。

T-70及びT-70Mは1943年までに合計8,226輛が生産された。

各型及び派生型[編集]

T-70
最初の生産型。
T-70M
改良型。
T-80
T-70Mの砲塔をより大型の2人用砲塔に改良したもの。少数生産に終わった。
Su-76
オープントップ式の固定式戦闘室に76.2mm砲を搭載した自走砲型。
T-90
12.7mm連装機関銃を装備したオープントップ型砲塔を搭載した対空戦車。試作のみ。
ATP-1
T-70のコンポーネントを流用した装甲砲兵牽引車。開発計画が中止されモックアップのみが製作された。
Ya-12(I-12)
T-70のコンポーネントを流用した砲兵牽引車。ボンネットトラックに似た非装甲のキャビンと荷台を持つ。

関連項目[編集]