SMK (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SMK(СМК)重戦車
SMK, August 1939.jpg
性能諸元
全長 9.60 m
全幅 3.20 m
全高 3.20 m
重量 45 t
懸架方式 トーションバースプリング
速度 32.2 km/h
行動距離 150 km
主砲 16.5口径76.2 mm戦車砲 ×1
副武装 42口径45 mm戦車砲 ×1
7.62 mm機関銃 ×3
エンジン BD-2、V12気筒ガソリンエンジン
400 馬力
乗員 7 名
テンプレートを表示

SMK(ロシア語: СМКとはソ連の試作多砲塔重戦車である。

「SMK(СМК)」という名称は、1934年に暗殺されたソ連共産党レニングラード州委員会書記長、セルゲイ・ミロノビッチ・キーロフSergei Mironovich Kirov:ロシア語: Сергей Миронович Киров)にちなんだものである。

概要[編集]

側面写真

T-35多砲塔重戦車の後継として開発された重戦車の一つで、当初は3砲塔型として開発されたが、多砲塔戦車の効率の悪さをデパートになぞらえて批判したスターリンの言葉によって設計変更され、2砲塔型として設計が変更された。この他、単一の砲塔に76.2mmと45mmの2つの砲を装備した車両も開発され、これが後のKV-1重戦車である。

これらの開発経緯から、本車のレイアウトは同時期のT-100重戦車に類似しており、また履帯や転輪等はKV重戦車とほぼ同じものであるが、同一の設計から派生したものではなく、全くの別設計である。

1939年冬戦争(第1次ソ連・フィンランド戦争)に1輌が投入され、その装甲は敵の対戦車砲に耐え抜いたが、雪溜りにはまり込んで(地雷または収束爆薬による肉薄攻撃による損傷説もあり)行動不能となり放棄の已む無きに至った。その後2ヶ月の間、地形と大重量のためフィンランド軍もこれを捕獲できず、またソ連軍は後にT-28中戦車を6輌も使って牽引、現場からの移動には成功したものの、結局そのまま輸送することは叶わず、現地で溶断されていくつかのブロックに分けて回収された。

その後、SMKは正式に不採用となり、溶断された各部は再度組み立てられることもなくスクラップとして処分された。

関連項目[編集]