SU-76 (自走砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SU-76M
Su76 nn.jpg
戦闘室側面後部の切り欠きの小さい後期型
性能諸元
全長 4.97m
車体長 4.97m
全幅 2.72m
全高 2.10m
重量 11.2 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 45 km/h
行動距離 250 km
主砲 76.2 mm ZiS-3Sh 野砲
副武装 7.62mm DT 機関銃
装甲 戦闘室前面25mm
主砲防盾15mm
戦闘室側面10mm
車体前面上部25mm
車体前面下部30mm
車体側面・後面15mm
車体下面7mm
エンジン GAZ-203水冷ガソリン式
140 HP
乗員 4 名
テンプレートを表示

SU-76は、第二次大戦中にT-70をベースとして開発された、ソ連陸軍の自走砲である。もっとも代表的な型であるSU-76Mは、1943年から戦後を含め16,698輌もの大量生産が行われた。

概要[編集]

独ソ戦開始前のソ連軍砲兵部隊は、陸軍の機械化を進めていたトハチェフスキー元帥以下の大規模な粛清もあり、自走砲化されたものは少数であった。それでも、T-26軽戦車をベースにしたSU-5系列、GAZ-AAトラックをベースにしたSU-6などがポ-ランド軍や日本軍相手に実戦で使われたが、質量共に有効であるとは言い難かった。対戦車自走砲も皆無で、独ソ戦開始以降の1941年9月、泥縄式に小型の砲牽引車であるコムソモーレッツに57mm対戦車砲を搭載したZiS-30が開発され、実戦投入された程度であった。また既存のT-26を改造した新たな自走砲も計画されたが、独ソ戦初期の大損失によってそれは不可能となった。しかし包囲されていたレニングラードでは、暫定的にT-26の砲塔の代わりに大型の簡易な防盾と76.2mm連隊砲(榴弾砲)を搭載、SU-76自走砲として生産した。これは新たなSU-76が出現した1943年以降はSU-76Pと改名された。

ドイツとの戦いで本格的な自走砲の必要性を痛感したソ連軍は、軽(37mm高射機関砲または76.2mm野砲搭載)・中(122mm榴弾砲搭載、後のSU-122)・重(152mm榴弾砲搭載、後のSU-152)量級三種類の新型自走砲を開発することにした。このうち、軽自走砲は大量に生産されていた軽戦車の車台やコンポーネントを流用する事とし、各工場に開発を指示した。

SU-76以前の試作自走砲[編集]

OSA-76(OSU-76)

GAZ(ゴーリキー自動車工場)により提案された軽自走砲。T-60軽戦車の車台を前後逆にして、装甲厚6mmの戦闘室に76.2mm ZiS-3師団砲(野砲)の車載型であるZiS-3Shを搭載した。量産化が検討されたが、車体が小さすぎ安定性を欠くなど問題もあり、試作止まりに終っている。他にもT-60改造の自走砲としては、これを捕獲したルーマニア軍による、F-22師団砲を搭載したものが別に存在し、実戦投入された。

ZiS-3Sh搭載第37工場製自走砲

T-60軽戦車のコンポーネントを流用して試作された、SU-76直系の始祖といえる車輌。軽戦車より延長された車台に6組の転輪、全体の車体レイアウト、二つのエンジン、武装としてZiS-3Shといった外見上の特徴はこの段階でできあがっていたが、戦闘室上面が装甲で覆われた密閉式であった。本車が開発された直後の1942年初夏以降、製造元の第37工場のあるスターリングラード方面の戦局が悪化、軽戦車の生産を優先するために開発が中断された。

U-31

UZTM(ウラル重機械製造工場)で開発された、T-40軽戦車をベースにZiS-5榴弾砲を搭載した試作自走砲。UTZMが自走砲開発から外され、開発データは第38工場に譲渡された。

SU-71

GAZが試作した、T-60とT-70のコンポーネントを用いたZiS-3Sh搭載の自走砲。戦闘室はオープントップで外見は量産型のSU-76と似ているが、操縦席が左よりになっている。同時期に開発されていたSU-12が採用され、量産されずに終った。

SU-76のバリエーション[編集]

戦闘室側面後部装甲の切り欠きの
大きいSU-76M前期型
SU-12 (SU-76)

第38工場の開発した、T-70軽戦車のコンポーネントを流用した最初の量産型。これも戦闘室が密閉式であったが、出力の問題で換気用ベンチレーターが装備されず、砲からの排煙がこもってしまう欠点があり、後に上部装甲は撤去された。1943年3月までに350輌が生産され、クルスクの戦いの頃から実戦投入された。

SU-15 / SU-15M (SU-76M)

最も大量に生産された、SU-76系列の代表的な型。T-70やSU-12では左右の履帯を別々のエンジンと操行装置で動かし、同期させることが困難で故障が多かったものを、T-70Mでは串型配置の二つのエンジンと一つの操行装置で動かすのに改めたのに合わせ、同様の方式に変更した。また換気装置も改善され、1943年6月からSU-15として生産開始された。しかし戦闘室が簡易なオープントップ型となったSU-15Mが10月から生産に入り、これは大戦後半の主力自走砲として大いに活用された。特に砲兵隊が活躍したバラトン湖の戦いにおいては、機動防御を有効に行い、その活躍を賞賛されている。しかしこの型はいくつかの問題を解決した反面、上部装甲が無いために防御力が低下していた。また操縦手の隣に隔壁無しでエンジンがあるなど乗り心地のいい車輌ではなく、実戦ではあっさり撃破されることも多かったため、周りからは「Suka(雌犬)」または「Golozhopij Ferdinant(裸尻のフェルディナント)」の蔑称で呼ばれた。一方、本車の乗員達には「Colombia」という愛称で呼ばれたという。後期型では戦闘室後部の装甲版の高さが増し、側面装甲版の後上部の切り欠きが小さくなり、少し防御力が向上した。このタイプは戦後も生産が継続され、朝鮮戦争では北朝鮮軍が使用しているが、やはり多くが失われた。

朝鮮戦争で遺棄されたSU-76M前期型
右手前はアメリカのM26戦車
SU-16(SU-18)

第38工場が試作した、転輪が片側5個となった小型軽量型。SU-15が採用されたため、量産されずに終った。

関連項目[編集]