T-23 (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T-23豆戦車
T23 tankette 02.jpg
種類 豆戦車
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備先 ソビエト連邦
開発史
開発者 ギンツブルグ
製造期間 1930年
製造数 5輛
諸元
重量 3.18t
全長 3.30m
全幅 1.62m
全高 1.85m
要員数 2名

装甲 6mmから10mm
主兵装 7.92mm DT機銃×1
エンジン 60hp
出力重量比 18.9hp/t
行動距離 190km
速度 35km/h

T-23ソビエト連邦の試作戦車である。軽量小型な本車は豆戦車の範疇に属する。

概要[編集]

1929年世界恐慌が起こり世界中で戦車製造が一時的に下火になる中、その影響の弱かったソ連では各種の戦車開発が続けられていた。この時期のソ連の戦車開発は黎明期にあり、T-23はその中では比較的後から製造が始まった。

1928年から開発が始まっていたT-18に続く形で開発が行われた本車は、これまでの戦車とは一線を画する為に、ホイールに改良を加えられた。

開発の系統としては、T-23はT-18の系列に属し、MS-3軽戦車から発展したものである。砲塔を撤去して固定式の戦闘室を設けた。車体重量は3.5t程度に減少した[1]

その結果当時としては快速な35km/hという速度を出すに至るものの、T-18以下の装甲であり、攻撃力も同等でありながら、T-18よりも遙かにコストの高い車両になってしまった。その為、1930年に開発が完了したにも関わらず、ただちに生産は打ち切られた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ピーター・チェンバレン『世界の戦車』321頁

参考文献[編集]

  • ピーター・チェンバレン クリス・エリス『世界の戦車 1915~1945』大日本絵画、1996年。ISBN 4-499-22616-3
  • М.Свирин,А.Бескурников. «Первые советские танки». Армада № 1 1995г
側面写真